Frances Yates 『Giordano Bruno and the Hermetic Tradition』

「Thus that wonderful bound of the imagination by which Bruno extended his Copernicanism to an infinite universe peopled with innumerable worlds, all moving and animated with the divine life, was seen by him - through his misunderstandings of Copernicus and Lucretius - as a vast extension of Hermetic gnosis, of the magician's insight into the divine life of nature.」
(Frances Yates 『Giorgano Bruno and the Hermetic Tradition』 より)


Frances Yates 
『Giordano Bruno
and the Hermetic Tradition』
 
With an introduction by J. B. Trapp
Routledge Classics

Routledge, 2002
xxvi, 507pp, 20x12.8cm, paperback

First published 1964 by Routledge & Kegan Paul



ルネサンス期イタリアにおける「ヘルメス文書」受容史であるフランセス・イエイツの主著『ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス的伝統』をよみたかったのですが日本語版は高いので五分の一の値段で買える原書をよんでみました。内容はともかくイエイツの文章はたいへんわかりやすい英語で書かれているのでさくさくよめるのでよむとよいです。ところどころにラテン語やイタリア語の原文が(英訳なしで)引用されていますが気にすることはないです。
これは紙は白くて読みやすいのですが図版は荒いです。文字はやや小さめです。裏表紙には「Printed in Great Britain」と書いてありますが、中の最後のページには「Printed in Japan/落丁、乱丁本のお問い合わせは/Amazon.co.jp カスタマーサービスへ」と書いてあって謎です。
表紙のダンボール箱は何なのかしら。たぶん中になにかが隠されている箱は「オカルトフィロソフィー(隠秘哲学)」の象徴なのではないでしょうか。箱が二つあるのは「グノーシス(ヘルメス学)」と「カバラ」を表わしているのではないでしょうか。上向きの矢印が書かれているのは地上を離れて天上へ向かう魂を表現しているのではないでしょうか。深読みでしょうか。

本文中図版(モノクロ)33点。


yates - giordano bruno and the hermetic tradition


Contents:

Preface
Abbreviations
Introduction by J. B. Trapp

1. Hermes Trismegistus
2. Ficino's Pimander and the Asclepius
3. Hermes Trismegistus and Magic
4. Ficino's Natural Magic
5. Pico della Mirandola and Cabalist Magic
6. Pseudo-Dionysius and the Theology of a Christian Magus
7. Cornelius Agrippa's Survey of Renaissance Magic
8. Renaissance Magic and Science
9. Against Magic: (1) Theological Objections; (2) The Humanist Tradition
10. Religious Hermetism in the Sixteenth Century
11. Giordano Bruno: First Visit to Paris
12. Giordano Bruno in England: The Hermetic Reform
13. Giordano Bruno in England: The Hermetic Philosophy
14. Giordano Bruno and the Cabala
15. Giordano Bruno: Heroic Enthusiast and Elizabethan
16. Giordano Bruno: Second Visit to Paris
17. Giordano Bruno in Germany
18. Giordano Bruno: Last Published Work
19. Giordano Bruno: Return to Italy
20. Giordano Bruno and Tommaso Campanella
21. After Hermes Trismegistus was Dated
22. Hermes Trismegistus and the Fludd Controversies

Index




◆本書より◆


「People like Giordano Bruno are immunised from a sense of danger by their sense of mission, or their megalomania, or the state of euphoria bordering on insanity in which they constantly live.」

(ジョルダーノ・ブルーノのような人種は、使命感、あるいは誇大妄想癖、あるいはほとんど病気といえそうな不断の多幸感ゆえに、危険をかえりみないのだ。)



◆感想◆


「ルネサンス期の偉大なる前進運動のすべてはその活力を後ろを振り返ることによって得ている(The great forward movements of the Renaissance all derive their vigour, their emotional impulse, from looking backwards.)」という名文で始まる本書は、「ヘルメス文書」特に「ポイマンドレース」と「アスクレーピオス」に登場する「ヘルメス・トリスメギストス」が、プラトン以前・モーゼと同時代の(あるいはさらに古い)古代エジプトの知者として、フィチーノ、ピコ・デッラ・ミランドラ、ブルーノ、カンパネッラといった思想家たちによって熱狂的に崇拝され、ルネサンスのオカルト哲学(魔術思想)の潮流が形成されてゆくことになるものの、じつは「ヘルメス文書」は2~3世紀になってようやく成立したものであり、ようするに勘違いだったのですが、「(「ヘルメス文書」の成立年代推定ミスという)この甚だしい歴史的錯誤が驚くべき成果を上げるに至った(This huge historical error was to have amazing results)、その一部始終を述べた本なのであります。そして著者によれば本書の目的は、従来、地動説を擁護して蒙昧な宗教家たちに火炙りにされた近代科学の殉教者として讃えられてきたブルーノが、じつは反近代的なエジプトマニアの魔術信奉者であったと論証することにあるのであります。(Ever since Domenico Berti revived him as the hero who died rather than renounce his scientific conviction of the truth of the Copernican theory, the martyr for modern science, the philosopher who broke with medieval Aristotelianism and ushered in the modern world, Bruno has been in a false position. The popular view of Bruno is still roughly as just stated. If I have not finally proved its falsity, I have written this book in vain. / For what is the truth? Bruno was an out-and-out magician, an "Egyptian" and Hermetist of the deepest dye, for whom the Copernican heliocentricity heralded the return of magical religion, ...



こちらもご参照下さい:

荒井献+柴田有 『ヘルメス文書』
ブルーノ 『無限、宇宙および諸世界について』 清水純一 訳 (岩波文庫)



















































































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本