『坂口安吾全集 10』 (ちくま文庫)

『坂口安吾全集 10』
保久呂天皇/真書太閤記/狂人遺書 ほか
ちくま文庫 さ 4-10

筑摩書房
1991年4月25日 第1刷発行
678p 「編集付記」2p
文庫判 並装 カバー
定価1,130円(本体1,097円)
装幀: 安野光雅
カバーデザイン: 横尾忠則



本書「解題」より:

「第十巻には、未完の長編小説『真書 太閤記』を中心に昭和二十九年(一九五四)二月から昭和三十年(一九五五)四月にかけて発表された小説十五篇と、昭和十四年(一九三九)二月から昭和二十一年(一九四六)ころまでに書かれた未定稿の小説五篇を発表年代順に収めた。」


新字・新かな。


坂口安吾全集10 01


目次:

目立たない人
握った手
曾我の暴れん坊
女剣士
文化祭
保久呂天皇
左近の怒り
お奈良さま
真書 太閤記
花咲ける石
裏切り
人生案内
桂馬の幻想
狂人遺書
青い絨毯

〔未定稿〕
紫大納言
島原の乱草稿
猿飛佐助草稿
わが血を追う人々
焼夷弾のふりしきる頃

解説 (安岡章太郎)
解題 (関井光男)



坂口安吾全集10 02



◆本書より◆


「女剣士」より:

「存八は天性の怠け者であった。(中略)隙さえ見ればキリもなく怠けたくて、働くぐらいキライなことはなかった。怠けてさえいれば退屈しないというのだから始末がわるい。」




































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本