Edward Gorey 『Le Mélange Funeste』

Edward Gorey 
『Le Mélange Funeste』


Pomegranate Communications, Inc., 2015
17.7x13.7cm
Printed in Korea



エドワード・ゴーリー『ル・メランジュ・フュネスト(いまわしい混合体)』。
オリジナル版は1981年刊。本書(新版)はリング製本になっています。表紙は厚紙の芯入りです。
本書はもっていなかったのでアマゾンで注文しておいたのが届いたのでさっそく遊んでみました。


gorey - le melange funeste 01


これはどういう本かというと、奇妙な人物(人間でないのもいます)が描かれた16枚の絵がそれぞれ頭部/胴体/脚部の三つのパートに分断されていて、それらを組み合わせることによってさまざまな“いまわしい混合体”(le mélange funeste / dreadful mixture)を作ることができる、というものです。


gorey - le melange funeste 03


このまえ紹介した「The Helpless Doorknob」も組み合わせによる多数化のアイデアでしたが、本書は女の子向けの着せ替えフリップブックのゴーリー版なのではないでしょうか。


gorey - le melange funeste 04


裏表紙の説明文によると、楽しみ方としては、ばらばらになった頭・胴体・脚部を組み合わせて(ゴーリーによる原画がすでに混合体として描かれています)、統一感のある人物(あるいは生物・無生物)を再構成するか(flip the parts and make the figures whole again)、あるいは全く新しい組み合わせを作り出すか(create new combinations)、どちらでもお好み次第、とのことであります。

あらかじめ失われたアイデンティティーの回復そして/あるいはさらなる忌まわしき混合体への生成変化であります。


gorey - le melange funeste 02












































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本