Peter Blegvad 『Kew. Rhone.』

「A net, a gem at every node, in each all others shining show - whole kit and kaboodle lit by an apricot's golden glow.」
(Peter Blegvad 「Apricot」 より)


Peter Blegvad 
『Kew. Rhone.』


Uniformbooks, Devon, 2014
191pp, 23.4x14.2cm, paperback
Printed and bound by T J International, Padstow, Cornwall



本書はしばらく在庫切れになっていたのが今年の初めにアマゾンで取り扱いを再開していたので購入してみました。

これはどういう本かというと、ピーター・ブレグヴァド(作詞/元スラップ・ハッピー)とジョン・グリーヴス(作曲/元ヘンリー・カウ)が女性歌手のリザ・ハーマンを加えたトリオ(カーラ・ブレイ、マイク・マントラー、アンドリュー・シリル等ジャズ界の大御所がゲスト参加しています)で1977年にヴァージン・レーベルからリリースした『キュー・ローン』というレコードについての、たいへん興味深い本であります。第一部がブレグヴァドさんによる全曲解説およびグリーヴスさんとハーマンさんによるメモワール、第二部が諸家による『キュー・ローン』論と関係者によるコメントで構成されています。
第一部のみアート紙。並装フランス表紙、本文中図版(カラー/モノクロ)多数であります。


peter blegvad - kew rhone 01


Contents:

By Peter Blegvad
 1. Eleven Thoughts re Kew. Rhone.
Good Evening
Twenty-Two International Proverbs
 2. Proverbs, Perverbs, Emblems, *Koans*
Seven Scenes From the Painting 'Exhuming the First American Mastodon' by C.W. Peale
 3. On Charles Willson Peale
 4. Excavating Mastodon
 5. Excerpt from 'Nomenclator or The Big Wheel'
Kew. Rhone.
 6. Spiritual Skyscraper
 7. Anagrams and Palindromes
Pipeline
 8. "This is not a pipe" - on the vacancy of *Pipeline*
 9. On the lyrics to *Pipeline*
Catalogue of Fifteen Objects and Their Titles
 10. A Song in Two Halves
 11. Numinous Objects and Their Manufacture
 12. On Numinosity
One Footnote (to Kew. Rhone.)
 13. The Unconscious of the Text
Three Tenses Onanism
 14. Remembered
Nine Mineral Emblems
 15. Lapidary Longings
Apricot
 16. Taking Apricot Apart
gegenstand
 17. What tips an ever wider wake

Recording
 18. John Greaves
 19. Lisa Herman

Contributors
 20. Publisher's Note (Colin Sackett)
 21. Andrew Joron "The Curiosity Cabinet of Kew. Rhone."
 22. Benjamin Piekut "The Bovine/Blegvad Backstory"
 23. Doug Harvey / Jane Colling "Twenty-Two Pork Rebuses"
 24. Frank Key "Kew. Turge."
 25. Franklin Bruno "Kew. Rhone. "We mean it, man""
 26. Glenn Kenny "The Kew. Rhone. Club"
 27. Jonathan Coe
 28. Margit Rosen
 29. Philip Tagney "Thoughts upon first listening to Kew. Rhone."
 30. Rafi Zabor
 31. Siegfried Zielinski "Getting Down from the Cross: The Kew. Rhone. Feeling - A Minimal Glossary"
 32. Simon Lucas

Furthermore
 33. Carla Bley
 34. Andrew Cyrille
 35. Robert Wyatt
 36. Archival Documents
 37. Notes on Contributors



peter blegvad - kew rhone 02



◆本書より◆


「Mingus did indeed drop by and we all got to shake his enormous hand. John Greaves recalls it was on "the day we recorded Lisa's vocal on the track *Kew. Rhone*. She had a thick cold. My image (probably refocused over the years) is of the great man wadding down the studio stairs supported by two women, one black one white. Him listening to the track and saying 'Mmm mmm' and leaving. A divine benediction."」




peter blegvad - kew rhone 03


こちらは『キュー・ローン』日本盤LPであります。

『キュー・ローン』のCDは三通りありまして、①収録内容がオリジナルと同じもの(Virgin/ReR/ベルアンティーク)、②マルチメディア「Kew. ROM.」入りの Voiceprint 盤(1997年、このROMの内容は本書にも活用されています)、③Le Chant du Monde から2004年に出たボーナストラック入りのもの(ピーター、ジョン、リザの三人がピアノ伴奏でスラップ・ハッピー/ヘンリー・カウの「Bad Alchemy」をリハーサルする様子がきけます)であります。























































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本