つげ義春 『新版 貧困旅行記』 (新潮文庫)

つげ義春 
『新版 
貧困旅行記』
 
新潮文庫 5454/つ-16-2 

新潮社
平成7年4月1日 発行
平成18年8月30日 15刷
282p 口絵(モノクロ)16p
文庫判 並装 カバー
定価590円(税別)



口絵写真9点、本文中写真・イラスト・地図。


つげ義春 貧困旅行記


カバー裏文:

「日々鬱陶しく息苦しく、そんな日常や現世から、人知れずそっと蒸発してみたい――やむにやまれぬ漂泊の思いを胸に、鄙びた温泉宿をめぐり、人影途絶えた街道で、夕闇よぎる風音を聞く。窓辺の洗濯物や場末のストリップ小屋に郷愁を感じ、俯きかげんの女や寂しげな男の背に共感を覚える……。主に昭和40年代から五〇年代を、眺め、佇み、感じながら旅した、つげ式紀行エッセイ決定版。」


目次:

旅写真①

1
蒸発旅日記

2
大原・富浦
奥多摩貧困行
下部・湯河原・箱根
鎌倉随歩
伊豆半島周遊
猫町紀行

3
旅写真②

4
日川探勝
ボロ宿考
上州湯宿温泉の旅
養老(年金)鉱泉
丹沢の鉱泉
日原小記

5
秋山村逃亡行
旅籠の思い出

6
旅年譜

あとがき

解説 (夏目房之介)




◆本書より◆


「ボロ宿考」より:

「二十年ほど前のことだった。秋田県五能線の八森近くの海辺に沿う崖道(がけみち)を線路づたいに歩いて行くと、線路下の草むらの中に炭焼小屋と見まごう掘立小屋のような宿屋があった。」
「宿を乞(こ)うと、腰の曲ったモンペ姿の婆(ばあ)さんが出てきて満室だと云う。」
「満室といっても誰も泊っている様子はないので、断りの口実なのだろうが、婆さんは場違いな客が来たとみて、怪しい目つきをして取りつくしまもないほど無愛想だった。」
「これほど粗末な宿屋を見たのは空前にして絶後。一体どんな人が泊るのだろうか。(中略)こんな宿屋に泊るのは、よくよく貧しい者か、放浪者、不治の病いを負った者とか、私のような精神衰弱者とか犯罪者のような、社会からこぼれてしまった者たちなのではないかと想像をめぐらせてみたりした。
 昔、四国遍路にはカッタイ道という裏道があり、ライ病遍路専用の宿泊小屋のあったこと、また同じ四国に「落し宿」もあったらしいことを宮本常一は書いている。

   ――起原も実態も明かでない宿はそのほかにもある。四国山中に見られる落し宿などもその一つである。泥棒(どろぼう)を泊める宿であった。泥棒もまた一つの職業であった。田舎の泥棒は金をとるのが必ずしも目的ではなかった。物のあるような家にしのびこんで主として食料をとる。その食料を買ってくれるのが落し宿である。泥棒はまたそういう家へ泊まる。たいていは一軒ぽつんとはなれて住んでいた。そういう家を転々として泊まりあるく者もいたのである。そしてまたそういう家へ暗夜ひそかに食料を買いに来る貧しい人たちもいた。物をぬすむということは罪悪ではあるが、その罪悪を黙認する世界があった。それによってうるおうものがまた少くなかったからである。このような宿の話は他の地方ではあまり聞かぬ。善根宿のもっとも多い地帯に落し宿のあったことは、貧しいものの世界にはそれなりに一つの連帯社会があったと見られるのである――
          (「日本の宿」昭和四十年、社会思想社刊)

 八森で見た宿屋は、そういう類(たぐ)いの一般にはうかがい知ることのできぬ、世の中の裏側にある宿屋だったのかと、あとになって思った。
 そこまで極端ではなくとも、そういう貧しげな宿屋を見ると私はむやみに泊りたくなる。そして侘(わび)しい部屋でセンベイ蒲団(ぶとん)に細々とくるまっていると、自分がいかにも零落して、世の中から見捨てられたような心持ちになり、なんともいえぬ安らぎを覚える。」




















































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本