『フランス中世文学集 3  笑いと愛と』 新倉・神沢・天沢 訳

「ロベールは自分が皆に憎まれ、あらゆる人々に呪われているのを知った。国を立ち去ると、道をいそぎ、さらに街道をそれて森へ入り込む。」
(「悪魔のロベール」 より)


『フランス中世文学集 3 
笑いと愛と』

Poètes et Romanciers du Moyen Age
新倉俊一・神沢栄三・天沢退二郎 訳

白水社 
1991年12月5日 印刷 
1991年12月20日 発行
438p 書誌vi 口絵(モノクロ)4p 
四六判 丸背紙装上製本 カバー 
定価5,200円(本体5,049円)
装幀: 野中ユリ+古賀賢治



各篇ごとに短い「解題」と「訳注」が付されています。
本シリーズは当初「全三巻」として刊行されましたが、のちに増補されて全四巻になりました。


フランス中世文学集 03


目次:

まえがき (新倉俊一・神沢栄三・天沢退二郎)

『アミとアミルの友情』 (神沢栄三 訳)
『ポンチュー伯の息女』 (新倉俊一 訳)
『ヴェルジーの奥方』 (天沢退二郎 訳)
ユオン・ル・ロワ『ヴェール・パルフロワ(連錢葦毛の駒)』 (神沢栄三 訳)
『オーカッサンとニコレット』 (神沢栄三 訳)
『リシュー(悪女伝)』 (新倉俊一 訳)
ファブリオ名作選 (新倉俊一 訳)
 『弁舌で天国をかち得た百姓』
 『バイエ(戸棚に押し込められた司祭)』
 『オルレアンの町人女房』
 『コンピエーニュの三人盲者』
 『オーブレまたは遣手婆』
 『田舎医者』
 『アリストテレスの短詩』
 『貴婦人の愛を取り戻した騎士』
『ルナール狐の裁判』 (新倉俊一 訳)
『悪魔のロベール』 (天沢退二郎 訳)

解説 (新倉俊一)
書誌



フランス中世文学集



◆本書より◆


「ポンチュー伯の息女」より:

「伯はそれ以上詮議するのは止め、客人たちも立ち去ったが、その翌日、伯はチボー殿と息子とを伴い、奥方を連れて、海に臨んだリューヘ赴いた。伯は頑丈で安定のよい船を支度させ、奥方をそれに乗せ、さらに樽と火と松脂を積み込ませたあと、案内役の舟人のほかは供を連れずに、三人が乗りこんだ。伯は沖合二里ほど船を出させたが、そこまで行くと、樽の一方の底をうち抜かせ、晴着姿の美しい娘を捕まえて、樽に詰めさせ、底をまたもと通りに打ちつけ、水が入らぬよう松脂で入念に塗り固めさせて、樽栓をしっかと締め、さらにこの樽を甲板に運ばせてから、海中に蹴落して、風と波とに後を任せた。チボー殿と弟はいたく歎き悲しみ、伯の足もとに跪き、神の御名を引合いに出しては、かような責苦から奥方を救ってほしいと懇願した。伯は彼からの願いを聴き入れようとはしない。」
「しかしながら、伯が陸に戻り着く前に、フランドルを出て交易のためにサラセンの地へ向う商船が通りかかり、舟人は波間に漂う樽に目をとめ、その一人が、
 「見ろ、空樽があそこに。拾っておけば、役に立つかも知れぬぞ」と言う。
 このような訳で、樽を取りに行かせ、船に引き揚げた。一同が仔細に点検してみると、底が松脂で塗り固めたばかりであるのに気づいた。底を抜いてみると、瀕死の奥方の寝ている姿が目に入った。それというのも、中の空気が不足していたためで、首は膨み、顔は腫れ上り、目は醜くなっていた。再び外の空気に触れると、奥方は息を吸い、溜息をついた。商人たちはその回りに集まり、声をかけたが、奥方には口をきく気力がない。空気に触れたお蔭で、口をきく力を取戻すと、商人たちに話しかけたが、彼らが奥方の素姓を尋ねるのに対しては、真相を包みかくし、酷い運命の巡り合わせと、大罪を犯したために、このような所に来たのだと答えた。」
「船が進み行くうちに、ついにアルメリアの沖合に着いた。港に錨を下すと、ガリア船が四方から押し寄せて来て、何者であるかと尋ねるから、こちらはそれに答えて、
 「商人(あきんど)にございます」と言う。
 高官の発行した通行証を所持していたので、あらゆる地域を無事に通行できるのであった。奥方を陸に揚げ、付ききりでいたが、さてこれをどうしたものかと互いに尋ねあううち、ある者はこれを売り飛ばすべしと唱え、またある者はこう言う。
 「わしの言葉を信じてもらえるならば、アルメリアのサルタンに贈物として献上するがよかろう。わしらの商いも好都合に運ぼうぞ」
 一同、この意見に同意し、奥方を引立て、サルタンの前へ連れて行くが、このサルタンは年若で、商人たちがこの贈物を献上すると、大いに喜んで受け取ったのは、ほかでもない、奥方が大そう美しい女性であるからだ。」





こちらもご参照下さい:

『フランス中世文学集 1 信仰と愛と』 新倉・神沢・天沢 訳
柴田宵曲 編 『奇談異聞辞典』 (ちくま学芸文庫)














































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本