FC2ブログ

塚本邦雄 『華句麗句 ― 俳句への扉Ⅱ』

塚本邦雄 
『華句麗句
― 俳句への扉Ⅱ』


毎日新聞社 
昭和56年12月25日 印刷
昭和57年1月10日 発行
330p 
四六判 
丸背紙装上製本 貼函 
定価3,000円
装幀: 政田岑生



くわくれいく(かく・れいく)。塚本邦雄歳時記全三冊の二。「誕生暦」篇。正字・正かな。


塚本邦雄 俳句への扉 02 01


目次:

睦月
如月
彌生
卯月
五月
水無月
文月
葉月
長月
神無月
霜月
師走

跋 白夜も優曇華も
掲載俳人名索引



塚本邦雄 俳句への扉 02 02



◆本書より◆


「跋」より:
 
「初空・初暦・初釜・凍瀧・綿蟲・凧・雪吊・寒牡丹・都鳥・三椏・凍蝶・千鳥等等等、新年以來の季語を、拾つた順に改めて眺め廻し、(中略)誠に忸怩たるものがあり、また激しい羞恥を覺える。(中略)どれもこれも身に遠いものばかりで、もし私が狹義のリアリズム信奉者だつたら、歳時記に載つてゐる季題季語の七十五パーセントは、制作不能になるだらう。」
「翻つて、私の歌帖にも、憚りながら歳時記には收め切れないほどの、季感溢れる言葉があり、季節の移り變りは鮮かに把握してゐるつもりだが、實際に見物したものは、中の二十五パーセントを超えないだらう。すべて、古典と同樣題詠であり、創作であり、延いては創造であると言つておかう。(中略)「俳句への扉」、題して今年は『華句麗句』も、一に、繁忙な現代人に、居ながらにして、歳時・森羅萬象を味はつてもらふための、ささやかな捧げ物である。人は「白夜」を知るために、わざわざオスローまで足をのばす要はなく、優曇華を知るために草蜉蝣を飼育することもあるまい。人間には、涯も限りもなく、またあつてはならぬ「想像力」といふ超能力を具へてゐる。この一冊は、それを刺戟するための一服の昂奮剤である。」
「今回は、「サンデー毎日」連載の昭和五十五年八月三十一日號より、翌年八月十六日號まで、「俳句への扉」51より100を以て一卷とした。忌日暦が誕生暦に變り、内容も精彩を加へたかと考へてゐる。」



「卯月」より:

「春愁とは美しい言葉である。デューラーの名畫、惱める有翼天使も、一枝の薔薇でも持たせると、この題がぴつたりだ。もつとも、心を病む人人にとつては、この春季が、最も危險な時とも聞く。」
「  春愁やわらうてゐたるひとのまへ  道山草太郎
  春愁や人(ひと)、人形と美しう  磯部尺山子
  春愁やふれあふ皿の音にさへ  鈴木萩月
  春愁やニヒルの顏の夫(つま)歸る  牧野寥々
  春愁や主婦にまつはる厨の香  宍戸富美子
  春愁や忌日の酒に少し醉ひ  古賀まり子
  春愁や琴の絲替ふ女のおもて  神田南畝
  春愁や祖廟(そべう)に移す妻の骨  船平晩紅
  春愁やかなめはづれし舞扇  鷲谷七菜子
  春愁の唇厚く菜を洗ふ  飯倉八重子
  春愁の墨の淡さに逝く人も  三浦秋葉
  春愁もなし梳く髪のみじかければ  桂信子
  春愁の殺到しくる赤き反射  野見山朱鳥
  少女の感傷こばみ春晝の計算機  仁村美津夫
  春愁のとどまりて眉濃かりけり  成瀨正とし
  春愁を忘れんための旅衣  高木晴子
  春愁を彌勒菩薩の指しなやか  鈴木鶉衣
  車内ふと春愁に充つ搖られつつ  不破博
  辭書割つて春愁ずれる蟲眼鏡  大中祥生
  繪草紙の春愁の眼をながく見て  田中ただし
  觀世音とて春愁の一女人  藤井亘」



「神無月」より:

「十一月一日生れの朔太郎に「晩秋」の詩がある。「巷に秋の夕日散り/鋪道に車馬は行き交へども/わが人生は有りや無しや。/煤煙(ばいえん)くもる裏街の/貧しき家の窓にさへ/斑黄蜀(むらさきあふひ)の花は咲きたり。」と、後半の部分に、作者の悲しみが漂ふ美しい作品だ。
  10月26日 木下夕爾誕生 1914
     27日 パガニーニ誕生 1782
         A・プレジャン誕生 1898
     28日 エラスムス誕生 1466
     29日 黑岩涙香誕生 1862
         J・ジロードゥー誕生 1882
         キーツ誕生 1795
         篠原鳳作誕生 1905
     30日 C・ルルーシュ誕生 1937
         L・マル誕生 1932
         P・ボナール誕生 1867
         ブールデル誕生 1861
         E・パウンド誕生 1885
         スウィフト誕生 1667
         P・ヴァレリー誕生 1871
     31日 M・ローランサン誕生 1885
         フェルメール誕生 1632
  11月1日 E・ブランデン誕生 1896
         H・ブロッホ誕生 1886
         土御門天皇誕生 1195
         萩原朔太郎誕生 1886
         オイゲン・ヨッフム誕生 1901
         ベルリーニ誕生 1801
         ロスアンヘレス誕生 1923」



塚本邦雄 俳句への扉




こちらもご参照下さい:

塚本邦雄 『句句凜凜 ― 俳句への扉Ⅰ』
塚本邦雄 『句風颯爽 ― 俳句への扉Ⅲ』






















































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本