『安西冬衛全集  第七巻  日記 一』

「余は人事について生涯苦汁をなめねばならぬ運命なるが如し。」
(安西冬衞)


『安西冬衞全集 
第七卷 
日記 一』


宝文館出版
昭和54年12月20日 第1刷発行
412p 口絵(モノクロ)1葉
A5判 丸背紙装上製本 貼函
定価3,800円
装釘: 濱田濱雄

月報 4 (10p):
杉山平一「安西冬衛とカーブ」/伊藤賢三「「黒い河」をめぐって/資料…安西冬衛手製スクラップブックより/編集室から/図版9点



本書「後記」より:

「本巻には昭和三年(一九二八)六月七日より同十九年(一九四四)十二月三十一日までの日記を収めた。」
「安西家の示唆により削除した本文は同字数を×印とした。また判読不能の文字は□印とした。」



新字・旧かな。


安西冬衛全集


目次:

日記 一
 昭和三年(一九二八)
 昭和四年(一九二九)
 昭和六年(一九三一)
 昭和七年(一九三二)
 昭和八年(一九三三)
 昭和九年(一九三四)
 昭和十年(一九三五)
 昭和十一年(一九三六)
 昭和十二年(一九三七)
 昭和十三年(一九三八)
 昭和十四年(一九三九)
 昭和十五年(一九四〇)
 昭和十六年(一九四一)
 昭和十七年(一九四二)
 昭和十八年(一九四三)
 昭和十九年(一九四四)

後記 (山田野理夫)




◆本書より◆


「昭和四年」より:

「三月十一日(月)晴 風激シク砂塵甚シ
詩神へ「私が若し生れ代るならば」の返事。「羊歯の葉となるでせう(業が劫になつて)」」



「昭和八年」より:

「四月五日(水)くもり 夕方から細雨」
「この日タピオカと沃度丁幾、蟹の眼球のことなどを少し書く。半成。サルバアドル・ダリと自転車と楕率から何か纏めたいと考へたがまとまらず。」
「なんといふ唇をしてゐる。沃度丁幾にでくはした(鉢合せした)タピオカのプデイングそつくりのざまぢやあないか。蟹の眼球をこわさずに(そんなら)己は入つていつてやる。洗濯屋。不潔な商(あきなひ)。すりへらしたシヤボンのやうな面(つら)。こすりすぎて眉毛がない。
三角定木や羊蘭。馬の尾。
棒砂糖のなかのアパートメント。カロリイたちが住んでゐる。シヨツプガール。青い掃除人夫。
君はダマスクへゆけ僕はボハラへゆこう。
しぼり出しからニユーニユーとでてくる白猫。
音楽が消えて沼が浮ぶ。食器たちが召使の品定めをする。パウダーシユガーは這いまはつて蝶になる。甲冑が一整に身震する。
カルタゴのホテルで「リノリユームに棕梠脂をやつて置いて下さいましな」
シカゴ大博覧会に出品された仏陀
ソンコア銀行の信用状で赤い石油
塹壕外科学
時」

「八月四日(金)晴 風あつて涼し」
「余は人事について生涯苦汁をなめねばならぬ運命なるが如し。」










































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本