FC2ブログ

出口保夫 『ロンドン・ブリッジ』

「この橋の欄干には、三六個所のアルコーヴという名の窪みが造られていて、激しい雨が降るとその中で雨やどりをすることができた。おそらく暗い雨のそぼ降るロンドン橋の上で、子供時代のディケンズは、淋しい人恋しい気持ちで欄干のアルコーヴの中に入って、行き交う橋上の人々を眺めていたのであろう。」
(出口保夫 『ロンドン・ブリッジ』 より)


出口保夫 
『ロンドン・ブリッジ
― 聖なる橋の2000年』



朝日イブニングニュース社
1984年10月20日 第1刷
193p
19.8×15.2cm
丸背紙装上製本 カバー
定価1,400円
装幀: 道吉剛



本書「まえがき」より:

「この本はロンドン橋の歴史的盛衰、すなわちその聖性の完成と崩壊を、資料をもとに具体的に描いたものである。」
「橋は、いわばその社会の文化的水準を示す物差しである。」
「おそらく、世界の主要都市のなかに、名橋の上を高速道路がまたいでいるような例は、東京や大阪をおいて他にないだろう。(中略)いったい、日本人は、いつからこうも野蛮な人種になり下がったのであろうか。
 われわれは、橋を生活に便利なものとしてだけではなく、聖なるものとした古人の思想に、再び目を向ける必要がある。」



本文中図版(モノクロ)29点。



出口保夫 ロンドン・ブリッジ 01



目次:

まえがき

第一章 ロンドン橋以前の橋
 ロンドンとテムズ河
 ローマ支配時代の橋
 サクソン時代のロンドン
 ロンドン橋の戦い

第二章 聖なるロンドン橋
 中世の転換期
 ピーター司祭と橋梁修道会
 聖ベネゼの橋
 聖なる橋の建設
 聖トマス・ア・ベケットの殉教
 聖トマス礼拝堂
 聖なる橋の完成
 チャペル・ブリッジ

第三章 ロンドン橋の住人たち
 「聖」と「俗」とをつなぐ橋
 橋の管理
 橋上商店街の繁栄
 中世のロンドン
 カンタベリー巡礼
 農民一揆とロンドン橋

第四章 聖性の崩壊
 壊された礼拝堂
 橋上の曝し首
 ルネサンスのロンドン
 エリザベス女王とロンドン橋
 一六三三年の火災

第五章 大火後のロンドン橋
 疫病とロンドン大火
 ピープスの『日記』
 ロンドン橋の書店
 テムズ河の「凍結市(フロスト・フェア)」
 ロンドン橋の画家たち
 犯罪の巣窟
 「ロンドン橋が落ちた」

第六章 ロンドン橋の終焉
 近代化するロンドン
 取り壊された橋上の商店
 「愚か者たちの橋」
 一八世紀のイギリスの橋
 ディケンズとロンドン橋
 テムズの川底さらい
 ロンドン橋の最期

第七章 一九世紀のロンドン橋
 ジョン・レニーと新ロンドン橋
 短命な新ロンドン橋
 ロンドン橋、アメリカへ

第八章 現代のロンドン橋

あとがき
図版類出典
参考文献
索引




◆本書より◆


「第四章 聖性の崩壊」より:

「ロンドン橋のはね橋の橋門は、昔から罪人の首を曝す場所として使用されてきた。罪人といっても、主として大逆罪を犯した者に限られる。」

「一五三四年、フィッシャー司教は逮捕され、ロンドン塔に一〇ヵ月幽閉され、翌三五年六月一七日、裁判が開かれ、五日後に処刑が行なわれた。処刑後の出来事を、後年書かれたトマス・ベイリーの『ロチェスター司教フィッシャー伝』が詳しく伝えている。

  バーキング教会の墓地に埋葬された翌日、その首は、熱いお湯で洗われてから棒の先に刺され、ロンドン橋の上に、彼の前に処刑されたばかりの聖なるカルトジオ修道会の人々の首といっしょに高々と曝された。筆者はここで、この首の不思議な様を書かないわけにはいかない。それは、一四日間橋上に曝された後でも非常な暑さに耐え、また熱いお湯で洗われたにもかかわらず、何ら損われることもなく、むしろ日ごとにつやを増し、生存中でさえもさほどとは思われぬくらいであった。頬は美しい赤みを帯び、その顔は通りがかりの人々を見下ろしているかのようだった。

 橋門の上のフィッシャー司教の首を見に集まった人々は、皆そこに立ちすくんだという。一四日目の夜、その首は人目に触れないようにしてテムズ河に投げ込まれ、その後に、聖トマス・モアの首が置かれることになった。」

「この頃が、ロンドン橋の歴史の最も暗い時代だったのではないだろうか。はね橋のわきの橋門の上に曝し首が絶える時はなかった。しかし、フィッシャーやトマス・モアのように、斬首されて曝されるのはまだいいほうである。一五三七年の五月、むごたらしい限りの処刑が行なわれた。司祭のコッカレル、サー・ジョン・ボルマー、サー・ハマートン、それに修道士のピカリング博士らは、ロンドン塔からタイバーンに送られ、その処刑場でまず絞首刑にされ、のちに臓器を取り出され、そのうえ四つ裂きにされて、斬られた首だけ曝された。」

「ただ、こうした陰惨な光景も、中世や近世の人々には、現代人が考えるほど衝撃的ではなかった。『ロンドン庶民生活誌』のミッチェルが、

  橋上に曝された罪人の首の陰惨な光景すら、ここを訪れる見物人にとって見逃がすことのできない光景のひとつと考えられていた。

と指摘しているように、橋上の曝し首もまた、いわば物珍しい風景として大勢の見物人たちを集めていた。」




出口保夫 ロンドン・ブリッジ 02









こちらもご参照ください:

出口保夫 『ロンドン塔 ― 光と影の九百年』 (中公新書)













関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

すきなことば: 「だれもいない」「ギブアウェイ」「ウポポイ」「隠密」
きらいなことば: 「人と人とのつながり」「キャリアアップ」「ほぼほぼ」「三密」

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本