FC2ブログ

フィオナ・マクラオド 『かなしき女王 ― ケルト幻想作品集』 松村みね子 訳

「狐は穴がある、空の鳥は巣がある、人の子は枕するところもない」
(フォオナ・マクラオド 「漁師」 より)


フィオナ・マクラオド 
『かなしき女王
― ケルト幻想作品集』 
松村みね子 訳


沖積舎
1999年11月19日 発行
314p
18.8×11.6cm 並装
カバー ビニールカバー
定価2,500円+税
装画: 東逸子



井村君江による「解説」より:

「そしてマクラオドは実際にスコットランドの西の海にある小島、古代の聖者コロンバにゆかりのある聖なる心霊の地アイオナに滞在して、次々とケルト民族の神話、伝説、民間伝承に根ざした物語や詩を書き、滅びゆく運命をもった「ケルトの暗い哀しさ」を訴えつづけたのである。(中略)「なぜこうしたものをわたしが書いたのかと問われるでしょう。わたしが(中略)言いたいのは、これらの物語にゲール民族のふかい秘密が入っているということなのです。この世の美しさ、人生の哀感、暗さ、運命観、神秘の輝き――こうしたものから生じてくるゲール民族の遺産、これらを物語のなかに書き記したかったのです」
 翻訳書の題名である「かなしき女王」とはケルト神話に登場する女戦士で、「勝利のスカァア」(Scáthach Buanand)として知られる「影の国」「異界(アザ・ワールド)」の支配者である。」
「このスコティッシュ・ケルトの愛と哀しみ、憎しみと激しさの美を代表するような女王スカァアの二つの物語を、はじめ(二つ目)と最後に配置して十二の物語を構成させたみね子の洞察力はじつに鋭く、マクラオドが描こうとしたゲール民族の秘密の奥まで見据えているようである。」



本文正字・正かな。
本書は増補版がちくま文庫から刊行されています。


フィオナマクラオド かなしき女王


帯文:

「滅びゆくケルトの民の透明な哀しみ
ケルト文藝復興運動のなか、19世紀末のスコットランドで生まれた、詩情あふれるファンタジー短篇集」



帯背:

「時代を越えた
ファンタジー」



目次:

海豹
女王スカァアの笑ひ
最後の晩餐
髪あかきダフウト
魚と蠅の祝日
漁師

約束

淺瀨に洗ふ女
劍のうた
かなしき女王

解説 (井村君江)
 アイルランド文学翻訳家 松村みね子
  (1) 『翡翠(かわせみ)』の抒情と西洋の呼び声――歌人片山廣子の出現
  (2) 大正文壇のアイルランド志向――松村みね子の位置
  (3) 『かなしき女王』のマクラオド――松村みね子の翻訳
 松村みね子翻訳年譜一覧 (井村君江 編)




◆本書より◆


「精」より:

「午後はみなぎる陽の光に眠つてゐた。靑い葉はひかりが浸み透つて黄金になつた。日の入る時山鳩の群が松の中から飛び立つて西の空のかがやきに輪を描いて、やがて見えなくなった、紫とばら色のほのほ、水泡の白とうす桃色のほのほのやうに。
 たそがれが銀のやうに來た。露は羊齒の葉の上にも苔のくぼみにも光つてゐた。谷から谷にカクウがよび交した。星は、森のみどりの暗がりから輝く仔鹿の眼のやうに、やさしく現はれた。月はまたも松と樫のひがしの方の葉のおもてを雪のやうに光らせた。
 だれもここに來る人はなかつた。」

「モリイシヤは見た。
 モリイシヤは見て、不思議にも恐しくも思つた。そこいらぢうに靑い生命が滿ちてゐた、うつくしい綺麗な姿で、優しい眼をした、和らかく輝いてゐる愛らしい人たちであつた。彼等は樹から樹へ滑りあるき、野の蜂が巣から飛び出すやうに、樹の幹から出たりはいつたりしてゐた。
 カアラウの側に一人の女が立つてゐた。たそがれの星のやうな眼をしたうつくしい人だつた。體ぢうが綠色の焰のやうに見えたが、それでも彼女の胸が高まつたり低くなつたりするのを老僧はみとめた、土のいろの黄ろい髪の輕いかたまりが風の息でその胸の上にそよいで、手はカアルの手と握り合つてゐた。その女のうしろには優しい美しい人たちがゐた、それは、男や女のうつくしい姿をした人たちで、ただ靈魂は持たないが、生を愛し死を憎むことははかない人間族と同じことであつた。
 「カアル、この婦人はたれか」聖者は顫へながら聞いた。
 「これは、わたしの愛する、デオン、わたしの生命を救つてくれた者です」
 「その人たちは……樹の中から出たみどりの靈とも見えず、われわれ人間とも見えないその人たちは」
 「わたしどもの愛の子供たちです」
 モリイシヤは恐しさうに身を引いた。
 カアルは兩手を上げて、よろこばしい聲で叫んだ。
 「おお綠色の生命の火、世界の脈、愛、靑春、夢のなかの夢」」






こちらもご参照ください:

フィオナ・マクラウド 『ケルト民話集』 荒俣宏 訳 (ちくま文庫)
イエーツ 『鷹の井戸』 松村みね子 訳 (角川文庫
中里介山 『大菩薩峠 一』 (新装版)




































































































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本