FC2ブログ

William Morris 『Early Romances in Prose and Verse』

William Morris 
『Early Romances
in Prose and Verse』

Edited, with an introduction, by Peter Faulkner

Everyman's University Library 159
J.M. Dent & Sons Ltd, London, 1973
xx, 299pp, 19.5x13cm, hardback, dust jacket
Jacket drawing by Derek Collard

First published in this edition in 1907
Reprinted, with revisions and additions, 1973



ウイリアム・モリスが24歳以前に書いた詩と散文によるロマンス集。クロス装ハードカバー。


morris - early romances


Contents:

Note on Text
Introduction
Bibliography

VERSE ROMANCES
The Defence of Guenevere
King Arthur's Tomb
Sir Galahad, a Christmas Mystery
The Chapel in Lyoness
Sir Peter Harpdon's End
Rapunzel
Concerning Geffray Teste Noire
A Good Knight in Prison
Old Love
The Gilliflower of Gold
Shameful Death
The Eve of Crecy
The Judgment of God
The Little Tower
The Sailing of the Sword
Spell-Bound
The Wind
The Blue Closet
The Tune of Seven Towers
Golden Wings
The Haystack in the Floods
Two Red Roses across the Moon
Welland River
Riding Together
Father John's War-Song
Sir Giles' War-Song
Near Avalon
Praise of My Lady
Summer Dawn
In Prison

PROSE ROMANCES
The Story of the Unknown Church
Lindenborg Pool
A Dream
Gertha's Lovers
Svend and His Brethren
The Hollow Land
Golden Wings

Notes




◆本書より◆


「THE BLUE CLOSET」:

「THE DAMOZELS.
Lady Alice, Lady Louise,
Between the wash of the tumbling seas
We are ready to sing, if so ye please ;
So lay your long hands on the keys ;
Sing, "Laudate pueri."

And ever the great bell overhead
Boom'd in the wind a knell for the dead,
Though no one toll'd it, a knell for the dead.

LADY LOUISE.
Sister, let the measure swell
Not too loud; for you sing not well
If you drown the faint boom of the bell ;
He is weary, so am I.

And ever the chevron overhead
Flapped on the banner of the dead ;
(Was he asleep, or was he dead ?)

LADY ALICE.
Alice the Queen, and Louise the Queen,
Two damozels wearing purple and green,
Four lone ladies dwelling here
From day to day and year to year ;
And there is none to let us go ;
To break the locks of the doors below,
Or shovel away the heaped-up snow ;
And when we die no man will know
That we are dead; but they give us leave,
Once every year on Christmas-eve,
To sing in the Closet Blue one song ;
And we should be so long, so long,
If we dared, in singing; for dream on dream,
They float on in a happy stream ;
Float from the gold strings, float from the keys,
Float from the open'd lips of Louise;
But, alas! the sea-salt oozes through
The chinks of the tiles of the Closet Blue ;
And ever the great bell overhead
Booms in the wind a knell for the dead,
The wind plays on it a knell for the dead.

[They sing all together.]
How long ago was it, how long ago,
He came to this tower with hands full of snow ?

"Kneel down, O love Louise, kneel down," he said,
And sprinkled the dusty snow over my head.

He watch'd the snow melting, it ran through my hair,
Ran over my shoulders, white shoulders and bare.

"I cannot weep for thee, poor love Louise,
For my tears are all hidden deep under the seas ;

"In a gold and blue casket she keeps all my tears,
But my eyes are no longer blue, as in old years ;

"Yea, they grow grey with time, grow small and dry,
I am so feeble now, would I might die.'

And in truth the great bell overhead
Left off his pealing for the dead,
Perchance, because the wind was dead.

Will he come back again, or is he dead ?
O ! is he sleeping, my scarf round his head ?

Or did they strangle him as he lay there,
With the long scarlet scarf I used to wear ?

Only I pray thee, Lord, let him come here !
Both his soul and his body to me are most dear.

Dear Lord, that loves me, I wait to receive
Either body or spirit this wild Christmas-eve.

Through the floor shot up a lily red,
With a patch of earth from the land of the dead,
For he was strong in the land of the dead.

What matter that his cheeks were pale,
His kind kiss'd lips all grey ?
"O, love Louise, have you waited long ?"
"O, my lord Arthur, yea."

What if his hair that brush'd her cheek
Was stiff with frozen rime ?
His eyes were grown quite blue again,
As in the happy time.

"O, love Louise, this is the key
Of the happy golden land !
O, sisters, cross the bridge with me,
My eyes are full of sand.
What matter that I cannot see,
If ye take me by the hand ?"

And ever the great bell overhead,
And the tumbling seas mourned for the dead ;
For their song ceased, and they were dead.


(乙女ら:
レディ・アリス、レディ・ルイーズ、
荒れる海の波のあいだで
よろしければ、歌いましょう、
鍵盤に手をおいてください、
歌いましょう、「主の僕らよ、賛美せよ」を。

頭上の鐘はひとりでに
風のなかに響く
死者を弔うために

レディ・ルイーズ:
旋律を響かせましょう
騒がしくない程度に、鐘の微かな響きを
掻き消してしまわないように
彼は死にそうだ、わたしも又。

頭上の紋章は
死者の旗に翻る、
(彼は眠っているのか、それとも死んでしまったのか)

レディ・アリス:
女王アリス、そして女王ルイーズ、
紫と緑を纏った二人の乙女、
四人の孤独な婦人がずっと
ここに住んでいる、
扉は閉ざされたまま、
雪は降り積もったまま、
私たちが死んでも、
誰も気づかない、
年に一度、クリスマス前夜に
青い小部屋で一つの歌を歌うだけ、
私たちはずっと歌い続ける、夢に夢を重ねて、
黄金の弦、鍵盤、ルイーズの唇から漂いでる
音楽は楽しい流れに漂い続ける、
だがしかし、青い小部屋のタイルの隙間から
海水が浸み出し、
頭上の鐘は風のなかに響く
死者を弔うために、
風が死者を弔うために鐘を鳴らす。

〔彼女らは声を合わせて歌う。〕

あれからどれほど経ったのか、
雪を手に彼がこの塔を訪れてから。

ルイーズ、ひざまづいて、と彼は言って、
わたしの頭に土まじりの雪を撒いた。

わたしの髪を、わたしの肩を
溶けて流れる雪を彼はみつめた。

ルイーズ、私はおまえのために泣くことができない、
私の涙は深海に秘匿されているから、

彼女は黄金と青の小箱に私の涙をしまい込む、
もう私の目はかつてのように青くはない、

時とともに色が失せ、小さくなり、乾き、
かすんでしまった、死も近いだろう。

頭上の鐘は鳴り止んだ、
風が止んだのだろう。

彼は戻ってくるだろうか、それとも死んでしまったのか。
わたしのスカーフを頭に巻いて眠っているのか。

それとも眠ったまま絞め殺されてしまったのか、
わたしがあげた長い真紅のスカーフで。

どうか、主よ、彼をここに来させてください。
その魂も身体もわたしにはかけがえのないもの。

主よ、どうか、この荒れたクリスマス前夜に
彼の身体か魂かどちらかでも届けてください。

床から赤い百合が生えてきた、
死者の国の土をつけて、
死者の国でも彼は力強かったから。

彼の頬が青ざめていて、
唇は灰色でもかまわない。
「愛しいルイーズ、だいぶ待たせてしまったね」
「ええ、アーサー」

かつては彼女の頬をやさしくくすぐった髪が
硬く凍りついてしまっていてもかまわない。
しあわせだった頃のように、
彼の目はまた青くなった。

「ルイーズ、しあわせな黄金の国への
鍵をあげよう。
私の目には砂がつまっているから
私といっしょに橋を渡ってくれ、
きみたちが手を引いてくれるなら、
目など見えなくてもかまわない。」

歌は止み、彼女らは死んだ、
頭上の鐘と
荒れる海が死者を悼んだ。)


「Introduction」より:

「THE POEMS OF FANTASY
 This group of poems, which excited the greatest contempt among conventional critics and the greatest enthusiasm among youthful admirers (...). The strange, remote atmosphere of these poems is remarkable, and sets them apart from the sense of human reality which is so marked in the Froissartian poems. The strong emphasis on pattern rather than feeling led Gordon Bottomley in 1930 to argue perceptively that, though these lyrics may suggest a relationship to Coleridge, Keats, or Poe, they are 'more notable for their kinship to things that came after them - to the early, valuable works of Maeterlinck, and the designs of Khnopf and Carloz Schwabe, and some poems of Mr de la Mare's.' They point forward in time, that is to say, to the aesthetic movement and art nouveau.」


(幻想詩
因襲的な批評家たちからは罵倒され、若い崇拝者たちからは熱狂をもって迎えられたこれらの詩篇の、奇妙で隔絶した雰囲気は、フロワサール年代記に題材を取った詩篇の人間的現実感とはかけ離れたものだ。感情よりもパターンに重きを置くこれらの抒情詩は、ゴードン・ボトムリーの卓見によれば、コールリッジやキーツ、ポーなどを思わせるところもあるが、むしろ後のメーテルリンクの作品やクノップフやカルロス・シュヴァーベの絵画、ド・ラ・メアのある種の詩に近いもので、唯美主義やアール・ヌーヴォーを予見するものである。)


「Notes」より:

「The Blue Closet.
 Rossetti painted a beautiful water-colour of this name in 1857, which was bought by Morris together with four others (...). 'The Blue Closet' shows two queenly figures playing upon opposite sides of a dulcimer, while two other ladies stand singing behind them. The wall and floor are tiled in blue. The whole effect is solemn and elevated.」


(「青い小部屋」
ロセッティが1857年に同題の水彩画を描き、モリスが購入している。二人の威厳のある女性が向かい合ってダルシマーを奏で、別の二人の女性が背後で歌っている。壁と床には青いタイルが貼られている。全体的に荘厳さを感じさせる作品である。)


Dante Gabriel Rossetti: The Blue Closet
(Wikimedia Commons より)

rossetti - blue cabinet








































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本