FC2ブログ

『校註 松の落葉』 藤田徳太郎 校註 (岩波文庫)

『校註 松の落葉』 
藤田徳太郎 校註
 
岩波文庫 黄/30-243-2 

岩波書店
1931年11月30日 第1刷発行
1984年4月5日 第4刷発行
204p
文庫判 並装
定価300円



旧字・旧かな。図版15点。


松の落葉 01


帯文:

「『松の葉』の続篇として編まれた江戸時代の流行歌謡の集成。舞踊・劇場等に関する挿絵が多数収録され、風俗資料としても貴重な書。」


目次:

第一卷
 目録
 吾妻浄瑠璃
 小歌
第二卷
 目録
 浄瑠璃
第三卷
 目録
 丹前出端
 古今節
第四卷
 目録
 踊歌
第五卷
 目録
 流行歌
第六卷
 目録
 所作

解説 (藤田徳太郎)
目次
頭註補遺



松の落葉 02



◆本書より◆


「卷第四」より:

「七十六 唐人踊
いきにて/\、すいちやゑんちや、すいちやすいふいちやう、いさらこわいめさはんやさそうわ/\う、うちたるまたひさらきこ、いさらこわめさはんやさそうわ/\う、あう/\」



「卷第五」より:

「十二 間(あひ)之山念佛
憂き事を思へばいとど胸の火の、消え易き身と云ひながら、輪廻(りんゑ)の絆(きづな)に繋がれて、南無阿彌陀/\/\/\
夢の中(うち)なる夢の世を、悟らぬ事の果敢なさよ、南無阿彌陀/\/\、野邉より彼方(あなた)の伴(とも)とては、胎藏界(たいざうかい)の曼荼羅(まんだら)と、血脈(けちみやく)一つに珠數(じゆず)一連(れん)、南無阿彌陀/\/\/\」

「十七 旅の日暮
云うて歎くは愚(おろ)かで御座る、言はで思ふはのう身を焦(こが)すといの、旅は日暮が物憂いものよ、忘れた戀をまた思ひ出す」

「十八 鬼が出る
送り歸せば比叡の山風身に浸(し)みて、菜種の花も色々
鬼が出る跡より、子鬼が幾らともなく、によき/\、とある所に着き給ふ」



松の落葉 03


松の落葉 04




こちらもご参照ください:

『校註 松の葉』 藤田徳太郎 校註 (岩波文庫)
『山家鳥虫歌 ― 近世諸国民謡集』 浅野建二 校注 (岩波文庫)


















































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

すきなことば: 「だれもいない」「ギブアウェイ」「ウポポイ」「隠密」
きらいなことば: 「人と人とのつながり」「キャリアアップ」「ほぼほぼ」「三密」

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本