FC2ブログ

Richard Doyle 『Fairy Land: A Series of Pictures from the Elf-World』 (ほるぷ)

Richard Doyle 
『Fairy Land:
A Series of Pictures
from the Elf-World』 
With a Poem by
William Allingham


Longmans, Green, Reader & Dyer, London, 1870
Facsimile edition reproduced from the Osborne Collection of Early Children's Books, Toronto Public Library
Holp Shuppan, Publishers, Tokyo, 1983
Printed in Japan
4+31葉(うちカラー図版16葉)
38.9×27.8cm 
丸背バクラム装上製本



ほるぷ出版「復刻 世界の絵本館 オズボーンコレクション」の一冊です。リチャード・ドイル画、ウィリアム・アリンガム詩。三方金。函欠。
でてきたのでよんでみました。


fairyland 01


表紙には文字とイラスト・枠線が金箔押しされています。


fairyland 04


背には文字ではなく妖精と鳥・虫・小動物と植物の飾り紋様が金箔押しされています。


fairyland 02


口絵「A Rehearsal in Fairy Land. Musical Elf teaching the young birds to sing.」
妖精の国のリハーサル。幼鳥たちに歌を教える音楽家のエルフ。


fairyland 03


タイトルページ。


fairyland 05


「THIS is the Prince who travelled from a far country that he might place his crown at the feet of that wayward Fairy, who is seen seated upon her throne, a toadstool. He also offers her his heart, and his hand; and besides, he begs her acceptance of priceless gifts, which are carried in caskets of gold by his numerous train of retainers (Elves of the highest rank and first families in Fairy-land). There are earrings, necklaces, and bracelets of the most beautiful precious stones, - coral not more red than her lips, turquoises almost as blue, and diamonds almost as bright, as her eyes: at least, the Fairy Prince said so.」


キノコの玉座に坐すわがままな妖精に贈り物を捧げるため遠い国からやってきた王子。


fairyland 06


「Triumphal March of the Elf-King.
This important personage, nearly related to the Goblin family, is conspicuous for the length of his hair, which on state occasions it requires four pages to support. Fairies in waiting strew flowers in his path, and in his train are many of the most distinguished Trolls, Kobolds, Nixies, Pixies, Wood-sprites, birds, butterflies, and other inhabitants of the kingdom.」



エルフの王様の凱旋行進。


fairyland 07


「An Evening Ride.」「A Serenade.」
「Fairy Child's Play.
Manners and Customs of some of the natives of Fairyland.」



夕べのドライブ。
セレナーデ。
妖精の子どもの遊び。




こちらもご参照ください:

荒俣宏 『パラノイア創造史』 (ちくま文庫)
W・B・イエイツ 『ケルト幻想物語集Ⅰ アイルランド各地方の妖精譚と民話 上』 井村君江 訳 (妖精文庫)











































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本