FC2ブログ

『銅版画家 清原啓子作品集 増補新版』

「空中楼閣 バベルの塔 セミラミスの園 ゆるぎない幻視」
(清原啓子制作メモより)


『銅版画家 
清原啓子作品集 
増補新版』

八王子市夢美術館 監修

阿部出版
2017年11月11日 初版第1刷発行
143p
29.6×22cm 並装 カバー
定価3,500円+税


「本書は阿部出版より刊行した『銅版画家 清原啓子作品集』(2014年11月30日発行)に、未収録の素描および未完成作品を加え、再編集し、増補新版として発行したものである。」



本書「清原啓子とリチャード・ダッド」(河村錠一郎)より:

「上野の都立美術館で開催された「若冲生誕300年記念」展に長蛇の列ができた。六本木の新国立美術館の「草間彌生―わが永遠の魂」展もびっくりするほど大勢の来館者で大賑わいだった。(中略)ならばこういえる、清原啓子展に長蛇の列ができなくてなんとする。」


本書には(目次にはないですが)清原氏による詩(制作メモ)が四か所に分散して掲載されています。


清原啓子作品集 01


目次:

序 (川俣高人)

銅版画
 鳥の目レンズ エッチング、アクアチント 1978年
 リチャード・ダッドに エッチング 1978年
 セラピムは夢想する エッチング、アクアチント 1978年
 ケルビムは夢想する エッチング、アクアチント 1978年
 石の花 メゾチント 1979年
 貝殻について エッチング、アクアチント 1979年
 失題 エッチング 1979年
 絵画 エッチング、アクアチント 1979年
 Dの頭文字 エッチング 1980年
 雨期 エッチング 1980年
 雨期の後 エッチング 1980年
 後日譚 エッチング 1980年
 詩人-クセノファネス エッチング 1981年
 海の男 エッチング 1981年
 領土 エッチング 1981年
 卵形のスフィンクス エッチング 1982年
 久生十蘭に捧ぐ エッチング 1982年
 誕生-MAIKO-12月 エッチング 1983年
 夢のスパイロス エッチング 1983年
 凍花天使 エッチング 1984年
 魔都 エッチング 1987年
 月幻 エッチング 1987年
 孤島 エッチング 1987年
 魔都霧譚 エッチング 1987年

素描
 Dの頭文字 1979年頃
 雨期 1979年頃
 雨期の後 1979年頃
 後日譚 1979年頃
 詩人-クセノファネス 1980年頃
 海の男 1980年頃
 領土 1980年頃
 卵形のスフィンクス 1981年頃
 久生十蘭に捧ぐ 1981年頃
 夢のスパイロス 1982年頃
 月幻(幻冬花) 1982年頃
 魔都 1982年頃
 凍花天使 1983年頃
 孤島 1983年頃
 魔都霧譚 1983年
 楽園の薔薇 1984年
 夏の掟 1985年
 夜の翼 1987年
 序章 1987年

解説
 清原啓子とリチャード・ダッド (河村錠一郎)
 清原啓子の十蘭 (江口雄輔)
 師・深沢幸雄との関係について (黒川公二)
 変異する天使像 (滝沢恭司)

試作・未完
 清原啓子の制作ノート (川俣高人)
  題名不詳 ビュラン 1978年頃
  リチャード・ダッドに(試刷) エッチング 1978年頃
  題名不詳 エッチング、アクアチント、ドライポイント 1978年頃
  題名不詳 エッチング、ドライポイント 1978年頃
  題名不詳 アクアチント 1979年頃
  月幻(幻冬花) 鉛筆 1982年頃
  幻冬花 エッチング 1986年頃
  月幻 エッチング 1987年
  月幻(試刷) 1987年
  楽園の薔薇 エッチング 1987年
  楽園の薔薇 鉛筆 1984年
  眠る砂城 エッチング 1987年
  夏の掟 エッチング 1987年
  題名不詳(朝の雫) 鉛筆 1987年頃
  題名不詳(三つの半陰陽) 鉛筆、インク 1987年頃
  鉛筆 制作年不詳
  鉛筆 制作年不詳
  鉛筆 1978年頃
  鉛筆 制作年不詳
  鉛筆 制作年不詳
  鉛筆 制作年不詳
 制作ノートより
  孤島 
   第1回試刷 1984年6月25日
   第3回試刷 1985年10月9日
   第4回試刷 1985年11月16日
   修正後 第8回試刷 1986年1月27日
   再修正後 第9回試刷 1986年2月12日
   試刷最終(修正後)1 1986年3月19日
   (再)第3回修正後 試刷 1987年1月9日
  
資料・付録
 掲載作品リスト
 清原啓子関連文献リスト
 清原啓子年譜
 付録 清原啓子蔵書リスト



清原啓子作品集 02



◆本書より◆


清原啓子制作メモより:

「根底に在る物は 何も変わりはしない
変わって行くのは 形にすぎない
最後まで 続くだろう

仕事を始めようと思う
熱狂も無く 軽快さも無く
諦観と わずかな祈りと 秘密の鍵だけが
ささえになるのだろう

ニーチェの言葉 バシュラールの瞑想
ボルヘスの詩 ボードレールの祈り
美は選ばれた者の内にしか 在りえない
全ての軽さを嫌悪する

読み耽って来た書物
長い時間をかけて 読み散らしてきたもの
神秘の夢 終わりの無い悪夢

私の現実は そこにしか無かった

生まれてきたという罪の 代償が作品か?
果てしなく続く もぐり込む 労働

それ無しに 時からは 逃れられない

何かが見える」



「孤島」より:

「あなたに 問う
何をしに ここに来たのか」



清原啓子制作メモより:

「遠く 呼ぶ
遠く 呼ぶ声
私は ほんの
ほら穴の 受信機」

「瞬間に全てがくずれる
段々と 妙な人間になってゆく
人の事がまるで目に入らない」

「久生十蘭 ハムレット ルドンの黒 ぬめぬめと光るビロードの黒
ダッドの狂気 ナジャ バタイユの祈り 虚無への供物
パランプセスト ド・クウィンシー 夢の宇宙誌 セラピムのその光る翼
他に 何か 忘れただろうか
愛したものの数は たかが知れている」

「眠る事への 違和感と 恐怖
そう言えば 小さい時から 眠らなかった
窓を開けて みた大魔神 ろう下の亡霊
誰が信じてくれよう」

「一語で全てを再現できる様な美しいはりつめた言葉
私の影の生きのびるための言葉と
やさしい おとなしい 静かな 狂気
瞑想に近い 真摯な 眠る 様な 狂気
これからの私の糧となる 美しい言葉と 真摯な狂気を
どうしても手に入れたい
呪われた眠りの言葉
毎日 呪文の様に 繰り返そう
完璧に日常など寄せつけない 栄光の拒絶 と美しい孤独
私のこれからの祈りになる様に」

「完璧でやわらかい気品
しめやかに 香る 狂気
陶器の様な絵肌
細部への 過剰なまでの 執着 密度
力強い ゆるぎない デカダンス 美 知 狂」



清原啓子作品集 03


「ケルビムは夢想する」(エッチング、アクアチント 1978年)。


清原啓子作品集 03a


拡大してみました。


清原啓子作品集 04


「夢のスパイロス」(エッチング、1983年)。


清原啓子作品集 04a


拡大してみました。


「序」(川俣高人)より:

「清原啓子が生きたのは1955年10月から1987年7月までの31年と9か月であった。生涯に残した銅版画は僅かに30点。版画家としての活動期間は学生時代を含めても10年に足りない。」
「その幻想的な作風から窺えるように、文学に耽溺した彼女が名を挙げるのは、久生十蘭、夢野久作、埴谷雄高、中井英夫、三島由紀夫などであり、海外作家ではボードレール、バシュラール、ニーチェ、バタイユ、ボルヘスなど、いずれも幻想的、神秘的ないし耽美的な傾向を持つ者たちだった。文学的な嗜好は当然、美術においても明らかで、ボッシュ、カロ、メリヨン、モロー、ブレスダン、ルドン、それから若冲などが清原の敬愛した画家たちだ。」




◆感想◆


本書巻末に「清原啓子蔵書リスト」として331冊の本のデータが挙げられていますが、そのうちの七割強はわたしも持っている、あるいはかつて持っていた本だったので、たいへん親近感を覚えました。心の病いに関する本も散見されます。

そこで唐突ですが今は亡き清原さんにCDをプレゼントするとしたら、ベーレン・ゲスリン『ミトマニア』か、エルヤーナス・トレッゴード『悦楽の園』であるなとおもいました。


Bären Gässlin - Zwei Schwestern




Älgarnas Trädgård - Two Hours Over Two Blue Mountains With A Cuckoo On Each Side






こちらもご参照ください:

久生十蘭 『平賀源内捕物帳』 (朝日文芸文庫)
※カバーに作品が使用されています。
江口雄輔 『久生十蘭』
※口絵として「久生十蘭に捧ぐ」が掲載されています。
種村季弘 『奇想の展覧会』
※「天使のまばたき――清原啓子作品集のために」収録。
徳田良仁 『創造と狂気』 (講談社現代新書)
※「清原啓子蔵書リスト」中の一冊。
『生誕三〇〇年記念 若冲 展』 (2016年)




























































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本