FC2ブログ

『杉浦千里博物画図鑑 美しきエビとカニの世界』

杉浦千里 画
朝倉彰 解説 
『杉浦千里博物画図鑑 
美しきエビとカニの世界』

Natural History Illustrations of Chisato Sugiura

成山堂書店
平成24年5月18日 初版発行
5p+96p+5p 
巻末折込図版1葉
A4判 角背紙装上製本 カバー
定価3,300円(税別)



横組。本書はアマゾンマケプレで2,400円(+送料257円)でうられていたのを注文しておいたのが届いたのでよんでみました。
大野麥風のように抒情的だったり高木春山のように戯画的だったりしないクールでシンメトリックな博物画はたいへんしっくりきました。著者は円谷プロで怪獣デザインに携わっておられたということですが、本書のエビ・カニ・カブトガニなどは着ぐるみ怪獣以上に怪獣的であります。ギーガーのエイリアンなども中の人がいるゆえに人間臭くなってしまっていて残念でしたが、エビカニには中の人がいないので人間離れしていてたいへんすばらしいです。


杉浦千里 美しきエビとカニの世界 01


内容:

発刊に寄せて「杉浦千里――博物画が見た最後の夢」 (荒俣宏)
杉浦千里さんの画集の発刊に寄せて (朝倉彰)

【エビ類】
 ニシキエビ(メス、オス)
 ゴシキエビ
 イセエビ
 カノコイセエビ
 ウチワエビモドキ
 セミエビ
 ゾウリエビ
 ウチワエビ
 アメリカン・ロブスター

【ヤドカリ類】
 ヤシガニ
 オカヤドカリ
 ホンドオニヤドカリ
 ホンヤドカリ
 ハナサキガニ
 タラバガニ
 ムラサキオカヤドカリ
 
【カニ類】
 アサヒガニ
 カイカムリ
 ヒシガニ
 カルイシガニ
 トラフカラッパ
 メガネカラッパ
 マメコブシガニ
 アカモンガニ
 ダンジネスクラブ
 ベニツケガニ
 ミナミベニツケガニ
 ガザミ
 タイワンガザミ(オス、メス)
 シマイシガニ
 ヒラツメガニ
 エンコウガニ(オス、メス)
 ウモレオウギガニ
 ヒヅメガニ
 トガリヒヅメガニ
 ツブベニオウギガニ
 クマドリオウギガニ
 ショウジンガニ
 ベンケイガニ
 オオベンケイガニ
 イワガニ
 イソガニ
 ハマガニ
 スナガニ
 ヤマトオサガニ
 オカガニ
 ツノメガニ
 アサリピンノ(オオシロピンノ)
 オオヒライソガニ
 イソクズガニ
 イシガニ
 キンセンガニ
 タカノケフサイソガニ

【カブトガニ類】
 カブトガニ
 アメリカカブトガニ

解説編
 各部位の名称
 エビ類
 ヤドカリ類
 カニ類
 カブトガニ類

制作過程
 Process 1 下絵の作成
 Process 2 下絵の転写(トレースダウン)
 Process 3 輪郭の形取り
 Process 4 単色下書き
 Process 5 地塗りの準備(マスキング)
 Process 6 地塗りと質感出し
 Process 7 陰影部の描写
 Process 8 明部の描写
 Process 9 はさみ脚と歩脚の描写
 Process 10 遊泳脚の描写と甲の仕上げ準備
 Process 11 最明部の仕上げ
 Process 12 甲の仕上げ
 Process 13 細部の仕上げ~完成

杉浦千里博物画図鑑の出版に寄せて (杉浦千里の作品保存会)
著者紹介




◆本書より◆


「杉浦千里博物画図鑑の出版に寄せて」より:

「杉浦千里という画家が生まれ得たのは、一番多くの事を吸収できる年代、絵画に専念できたからかも知れません。もし一般の画家志望者が進むような路を辿っていたら、あそこまで突き詰めて絵を描く事は出来なかった気がします。」

「作品が散逸せずに残っているのは、千里の母が絶対に手放すなといって援助を続けていたからです。もし職業画家として生活していたら、ここまでの作品を描くことは困難だったでしょう。」



杉浦千里 美しきエビとカニの世界 02




こちらもご参照ください:

『瀬戸照の静物』
※著者は杉浦千里と同じ美学校の出身です。

『銅版画家 清原啓子作品集 増補新版』
※夭折した銅版画家の作品集です。

『田中一村 新たなる全貌』 (千葉市美術館ほか 2010年)
※杉浦千里は田中一村から影響を受けていたようです。

Robert McCracken Peck 『The Natural History of Edward Lear (1812-1888)』
※ノンセンス詩人として著名なエドワード・リアは博物画家でもあり、ハタチそこそこで歴史に残るオウム図譜を出版しました。

Werner Kriegeskorte 『Giuseppe Arcimboldo』 (Taschen)
※アルチンボルド画集。




















































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本