FC2ブログ

『パウル・クレー|おわらないアトリエ』 (2011年) 日本語版

『パウル・クレー 
おわらないアトリエ』 
日本語版

PAUL KLEE|Art in the Making 1883-1940

監修: ヴォルフガング・ケルステン
編集: 池田祐子、三輪健仁

日本経済新聞社 
2011年
439p
22.5×18.5cm 
並装(フランス表紙)
デザイン: 森大志郎、川村格夫


京都国立近代美術館
2011年3月12日(土)―5月15日(日)
東京国立近代美術館
2011年5月31日(火)―7月31日(日)



本書「ごあいさつ」より:

「スイス生まれの画家パウル・クレー(中略)は、長らく日本の人々に愛され、これまでにも数多くの展覧会が開催されてきました。それらの展覧会では作品の物語性や制作上の理念が詩情豊かに詠われ、多くの人々にクレー芸術の魅力を伝える大きな役割をはたしました。このたび、京都と東京の国立近代美術館で初めて開催されるクレー展では、今までの展覧会成果を踏まえたうえで、これまでクローズアップされてこなかった観点、「クレー作品が物理的にどのようにつくられたか」について考えます。」
「その「制作プロセス」を、クレーは、アトリエ写真というかたちで記録に留めたり、自ら「特別クラス(Sonderklasse)」と分類した作品を模範作品として手元に置いたりしながら、検証し続けました。
ベルンのパウル・クレー・センターが所蔵する作品を中心に、日本初公開の作品が数多く含まれた約180点で構成される本展覧会では、このアトリエ写真で記録された作品、そして「特別クラス」という模範的作品を紹介する二つの章と、制作上の具体的な技法を検証する四つの章、合計6章によって、クレー芸術の創造的制作過程を明らかにすることを目指します。」



作品図版(カラー)225点、作品図版(モノクロ)17点。
写真図版12点(アトリエ写真10点、クレーの画材1点、フェリックス・クレー1点)。
本文中モノクロ小図版205点。
傾向としては2015年の『だれにもないしょ』展につながる、作品の「制作過程」を重視した図録です。自分としては「創造的制作過程」より「作品の物語性や制作上の理念」のほうを重視したいですが、御時世なのでしょうがないです。


クレー おわらないアトリエ 01


幅広のオビ付きです。オビには素描図版。


クレー おわらないアトリエ 02


オビを外すと彩色作品図版。


クレー おわらないアトリエ 03


裏表紙。オビには素描図版。


クレー おわらないアトリエ 04


オビを外すと彩色作品図版。


目次:

ごあいさつ (主催者)
Grußwort (Die Veranstalter)
所蔵者一覧/Leihgeber
謝辞/Danksagung

展覧会への序章 (ヴォルフガング・ケルステン、池田祐子、三輪健仁)

kapitel 00 自画像
1919年の「自画像」シリーズ (柿沼万里江)
kapitel 01 現在/進行形|アトリエの中の作品たち
アトリエ絵画 (ヴォルフガング・ケルステン/翻訳: 柿沼万里江)
ミュンヘンのアトリエ写真 (池田祐子)
天才崇拝・聖域・工房の間で――ヴァイマールとデッサウのバウハウスにおけるクレーのアトリエ (ヴォルフガング・ケルステン/翻訳: 柿沼万里江)
ベルンのアトリエ 1934―1940 (奥田修)
kapitel 1.5 プロセス0|アトリエから技法へ
kapitel 02 プロセス1|写して/塗って/写して|油彩転写の作品
油彩転写素描 (ヴォルフガング・ケルステン/翻訳: 池田祐子)
視覚原理としての二重性――パウル・クレー作《ホフマン風メルヘンの情景》 (ベッティーナ・ゴッケル/翻訳: 柿沼万里江)
kapitel 03 プロセス2|切って/回して/貼って|切断・再構成の作品
切断という創造的行為 (ヴォルフガング・ケルステン/翻訳: 池田祐子)
「切断・再構成」→「油彩転写」あるいは「切断」→「油彩転写」→「再構成」 (三輪健仁)
kapitel 04 プロセス3|切って/分けて/貼って|切断・分離の作品
《Mのための花輪》と《庭のリズム》 (奥田修)
切断・分離作品の再構成 (再構成制作: 奥田修)
1996年以降に発見された切断・分離作品とその再構成 (奥田修)
Nach 1996 entdeckte zerschnittene Werke und ihre Rekonstruktionen (Osamu Okuda)
kapitel 05 プロセス4|おもて/うら/おもて|両面の作品
両面作品 (ヴォルフガング・ケルステン+柿沼万里江)
城門の符牒――切断された両面作品 (柿沼万里江)
両面作品の赤外線撮影写真
流浪の異形者――台紙で隠された裏絵 (柿沼万里江)
kapitel 06 過去/進行形|“特別クラス”の作品たち
特別クラス (ヴォルフガング・ケルステン/翻訳: 柿沼万里江)

資料
 パウル・クレー|年譜
 参考文献
 作品リスト
 Photonachweis



クレー おわらないアトリエ 05


「寓意的な小立像(消えていく)」。


クレー おわらないアトリエ 06


「ぼろきれお化け」。




























































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ねたきり読書日記。

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。


うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本