FC2ブログ

Raymond Roussel 『New Impressions of Africa』 Tr. by Mark Ford

Raymond Roussel 
『New Impressions of Africa
Nouvelles Impressions d'Afrique』 
Illustrations
by Henri-A. Zo
Translated and Introduced
by Mark Ford


Facing Pages Series / Princeton University Press, Princeton & Oxford, 2011
Second printing, and first paperback printing, 2013
7+253pp, 21.5x13.8cm, paperback
Cover illustration is by Henri-A. Zo
Cover design by Pamela Lewis Schnitter
Printed in the United States of America



カバー裏文より:

「This bilingual edition of *New Impressions of Africa* presents the original French text and the English poet Mark Ford's lucid, idiomatic translation on facing pages. It also includes an introduction outlining the poem's peculiar structure and evolution, notes explaining its literary and historical references, and fifty-nine illustrations anonymously commissioned by Roussel, via a detective agency, from Henri-A. Zo.」


本書はアマゾンマケプレのブックデポジトリさんで新品を購入しておいたのをよんでみました。


roussel - new impressions of africa 01


レーモン・ルーセルの長篇詩「新アフリカの印象」の英語版全訳の既訳には Ian Monk による韻文訳(Atlas Press, 2004)がありますが、本書は脚韻にはこだわらない行分け散文訳です。仏英対訳版なので、原文と英訳が見開きで対照できるようになっています。原著からアンリ=A・ゾーによる挿絵全59点が掲載されています。
「新アフリカの印象」の日本語訳は、現時点では全訳はありませんが、思潮社刊「シュルレアリスム読本―1 シュルレアリスムの詩」(1981年)に粟津則雄による部分訳(Canto III「血が出るまでなめると黄疽の癒る柱」)が収録されています。
「新アフリカの印象」はルーセル生前最後の作品で、1915年に着手され、1932年に刊行されました。四つの章(Canto)から成り、それぞれの章の冒頭にエジプトの地名(アフリカではなく)への言及があります。
各章は脚韻のある詩行に分割された一つの長い文章(センテンス)から成っていて、ピリオドは章の最後に一つあるだけで、カンマ、コロン、セミコロン、感嘆符、疑問符によって息継ぎしつつ、さらに補足説明や余談(脱線)が括弧で挿入されるのですが、括弧「(」のなかにさらに括弧「((」を開き、さらに括弧「(((」を開き、というように、括弧は五つまで「(((((」挿入されるので、たいへん論旨が辿りにくいです。訳注には挿入部分を飛ばして読めるよう、括弧がどこで終るかの記載があります。


Contents:

Introduction (Mark Ford)

CANTO I 
Damiette: La maison où Saint Louis fut prisonnier
Damietta: The house where Saint Louis was held prisoner

CANTO II 
Le Champ de bataille des Pyramides
The Battlefield of the Pyramids

CANTO III 
La Colonne qui, léchée jusqu'à ce que la langue saigne, guérit la jaunisse 
The column that, when licked until the tongue bleeds, cures jaundice 

CANTO IV 
Les Jardins de Rosette vus d'une dahabieh 
The Gardens of Rosetta seen from a dahabieh



roussel - new impressions of africa 02


roussel - new impressions of africa 03


roussel - new impressions of africa 04


本書より「CANTO III」原文冒頭部分:

「La Colonne qui, léchée jusqu'à ce que la langue saigne, guérit la jaunisse 
MOSQUÉE ABOU'L-MA'ATÊH - ENVIRONS DE DAMIETTE

Traitement héroïque! user avec la langue,
Sans en rien rengainer qu'elle ne soit exsangue,
Apres mille autres fous, les flancs de ce pilier! 
Mais vers quoi ne courir, à quoi ne se plier,
Fasciné par l'espoir, palpable ou chimérique
(Espoir! roi des leviers! tout oncle d'Amérique
((Ce pays jeune encore, inépuisé, béni,
- Si tard, de nos atlas, vierge il resta banni, -
Où l'on rafle plus d'or, vingt fois, qu'en l'ancien monde,
Soit que - l'appétissant a besoin de l'immonde -
Par cent mille kilos on fabrique un engrais
Pour ces champs infinis, où, gaillards, le nez frais
(((Un jour, d'un chien souffrant fait un chien hydrophobe;
S'assurer que toujours ce liquide que gobe
Même le mieux appris entre les nouveau-nés
Sort de l'ami de l'homme et lui vernit le nez
N'est pas, prenons-y garde, acte moins nécessaire
Que: - lorsque l'ennemi se fend d'un émissaire,
Sur les yeux de l'intrus appliquer un bandeau;
- Quand passe un roi, marquer autour de son landau
Chaque point cardinal par un mouchard cycliste;
- Quand, chef de conjurés, des noms on fait la liste,
Tout ce qu'on a d'esprit le mettre à la chiffrer;」



英訳:

「The column that, when licked until the tongue bleeds, cures jaundice
ABU EL-MAATI MOSQUE - OUTSKIRTS OF DAMIETTA

A treatment for heroes! to abrade with one's tongue
Without returning it to the mouth until it's drained of blood,
After a thousand other idiots, the sides of this pillar! 
But what will a person not pursue, to what not submit,
When bewitched by the hope, whether real or fantastical
(Hope! king of levers! every wealthy *oncle d'Amérique*
((That country still young, unexhausted, blest -
- For, virgin territory, it was until only recently excluded from our atlases -
Where each amasses twenty times more gold than in the Old World,
Whether one - that which is appetizing depends on the filthy -
Manufactures by the hundredweight manure
For its endless fields, where, vigorous, with fresh, keen noses
(((Just one day can change a dog that's unwell into one that's hydrophobic;
To make sure always that this liquid, which is slurped down
By even the best brought up of newborn babies,
Both passes out of the friend of man and makes its nose glisten,
Is, take careful note, an act no less necessary
Than: - when the enemy sends forth an emissary,
To apply a bandage to the eyes of the intruder;
- When a king passes, to have covered each
Cardinal point around his landau by a police spy on a bicycle;
- When the chief conspirator makes a list of names
To use all possible ingenuity in devising a code for it;」



粟津則雄による邦訳(「シュルレアリスム読本―1 シュルレアリスムの詩」より):

「血が出るまでなめると黄疽の癒る柱
アブル・マアテの回教寺院ダミエット付近

英雄的治療法だ! 舌が貧血しないようにと
少しもひっこめたりはせず、他の無数の阿呆のあとで、
この柱の脇腹をなめてなめてすりへらすのは!
だが赴かぬ何があろう、従わぬ何があろう、
明らかなものにせよ架空のものにせよ、希望に心を奪われて、
(希望よ! 人を動かす挺の王よ! 思いもかけず訪れるあらゆるアメリカの伯父
((未だ年若く汲み尽されぬ祝福されたこの国では、
――年経るまでこの国は我らの地図からけがれぬままに離れていたのだ――
旧世界に二十倍する金が手早くつかめるのだ、
たとえば――心そそる代物には不潔がつきもの――
この限りない原野に十万キロの牧場を作り、
そこでは、いきいきと、鼻も冷たく、
(((苦しむ犬はいつかは狂犬病になるのだから、
赤ん坊たちのなかで一番躾のいい子でも
ぺちゃぺちゃなめるこの鼻水が、いつの日も、
人間の友、犬の鼻からたれて鼻を蔽っていることを確かめるのは、
心しよう、欠くべからざる仕事なのだ、
――敵がスパイを発した時に、
しのび込んだ男の眼に目かくしをつけるように、
――国王が通る時、その馬車の前後左右に
自転車に乗った巡査を配置するように、
――陰謀の頭となって人名簿を作る時に
あらゆる知恵をふりしぼって暗号を使うように、」


































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ねたきり読書日記。

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。


うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本