FC2ブログ

復活トランス第2期~YBO2+CANIS LUPUS全6作セット(DVD付)が届きました。


そういうわけでフールズメイトのウェブショップで衝動買いしといたYBO²&キャニス・ルーパスCD6枚セットが届きましたよ。


canis lupus set 01


うつで無気力状態にもかかわらずCD六枚一気にきき通して特典DVDも鑑賞してしまいました。

左から:

Canis Lupus 『I』 (初CD化)
Canis Lupus 『Canis Lupus II』 (初CD化・ボーナストラック付)
Canis Lupus 『Roar』 (未発表ライヴ)
YBO² 『Greatest Hits vol. 1』 (CD再発)
YBO² 『Greatest Hits vol. 2』 (CD再発)
YBO² 『Exterminal Final+After Bounds』 (未発表ライヴ)


キャニスのファーストとセカンドはサードCDリリース時にCD化の予告があったものの未CD化だったのがようやくCD化されました。ファーストは改めてCDできいてみて気づいたのですが収録時間約30分と短いです。もっと長いような気がしていました。「Canis lupus」というのはタイリクオオカミの学名ですが、ダリル・ウェイズ・ウルフのファーストアルバムの原題が「Canis Lupus」でした。その収録曲「Cadenza」あたりはキャニスっぽいような気もします。
セカンドはボートラ二曲(「G.T.O.」と「Cut My Hands on Dirty Bed」の別ミックス)入り。
ライブ音源集(約62分収録)ではハード&ヘヴィかつタイトな演奏が繰り広げられています。音質もよいです。「方舟」はサビ以外は英語(?)で歌っています。「Final Speak」から「みんな静かですねぇ」の呟きをはさんで「Opus 23」に至るあたりはたいへんかっこいいです。
キャニスの三枚にはブックレットにドラムの箕輪氏によるメモワールが掲載されていますが、セカンドLPに付属していた北村昌士による曲解説&歌詞がCDではオミットされているではありませんか。あれがないと、「G.T.O.」がケアンズ=スミス『遺伝的乗っ取り――生命の鉱物起源説』に由来することや、「方舟」の歌詞の一部が榊原淳子の詩集『世紀末オーガズム』からの引用であることなどが分かりにくくなってしまうのではないでしょうか。

YBO²のグレーテストヒッツは買うつもりはなかったのですがせっかくなので(というかセットなので)買ってしまいました。二枚ともジャケットデザインが変更されていますが、「Vol. 1」のオリジナルジャケ(ミ〇キー・マ〇スをフィーチャー)は帯裏に小さい画像で掲載されています。「Vol. 2」のオリジナルジャケはトレイ部分に掲載されていて、他は(デヴィッド・アレンふう(?)手書きブックレットも)オリジナルと同じです。
ライブ音源集の「Exterminal Final+After Bounds」は、前半が前回リリースの「Exterminal」の残りで、後半は1991年の再結成時のライブ、例によってメンバー不詳ですがギターが二本でそのうちの一本はたぶん岸野氏。両セットとも最後に「URAL」をやっているのでききくらべてみるとよいです。トレイ部分には寝間着姿で本とたわむれる在りし日の北村昌士の姿が……。前に並べられている本は『中世最後の騎士』『中世の星の下で』『放浪学生プラッターの手記』『メロヴィング王朝史話』『死の舞踏(中公新書)』『ケルトの薄明』『グレート・マザー』『汚穢と禁忌』『現代哲学事典 (講談社現代新書)』などです。


canis lupus set 02


そしてまとめ買い特典はライブ映像DVDとYBO²切手(二枚)とフールズメイトのバックナンバー(二冊)と試聴URL。
DVDは22分22秒収録で、最初4分20秒ほどは真暗な中でのサウンドチェック。メンバーは北村昌士(女装)&岸野氏&吉田氏&ミニーマウス。しかし映っているのは主にミニーマウス(ぬいぐるみ)と北村昌士越しの岸野氏で、吉田氏はほとんど映っていないです。曲は「To Be」「Why I...?」「Boys of Bedlam」(途中まで)。


canis lupus set 03


フールズメイト誌バックナンバーより。『STARSHIP』広告。


canis lupus set 04


同じく。巻頭カラーグラビア。


canis lupus set 05


同じく。復活ゲルニカ。


neko_2019042003315927a.png


さよならデッドヒューマン、おれはネコになる。




こちらもご参照ください:

YBO2 CD5枚+ディスクユニオン特典DVDセットが届きました。









































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本