FC2ブログ

Mick Houghton  『I've Always Kept a Unicorn: The Biography of Sandy Denny』

「I've always lived in a mansion
on the other side of the moon.
I've always kept a unicorn」
「I could tell you that the grass is really greener
on the other side of the hill,
But I can't communicate with you
and I guess I never will.」

(Sandy Denny 「Solo」 より)


Mick Houghton 
『I've Always Kept a Unicorn:
The Biography of Sandy Denny』


Faber & Faber, London, 2015, paperback edition 2016
xxiii, 502pp, 8pp of plates, 19.8x12.8cm



本文中モノクロ図版49点、別丁図版(カラー/モノクロ)21点。

サンディ・デニー評伝。著者は2010年リリースの19枚組ボックスセットにも一枚噛んでいたようです。
19枚組ボックスセットを購入する気力&財力はないですが、サンディ・デニーさんの『海と私のねじれたキャンドル(The North Star Grassman and the Ravens)』はニコさんの『ジ・エンド』、浅川マキさんの『幻の男たち』と並ぶ長年の愛聴盤なので、せっかくなので本書もよんでみました。


houghton - sandy denny 02


Contents:

List of Illustrations
Foreword by Richard Thompson
Preface: Your Fickle Friends Are Leaving...

1. No Fear of Time: 1947-1964
2. Learning the Game: 1965-1966
3. Alex Campbell and His Friends: 1967
4. Two Weeks Last Summer: 1967-1968
5. I Must Have Grown Some Wings: 1968-1969
6. The Wild Colonial Boy: 1943-1969
7. Farewell, Farewell: 1969
8. Possibly Parsons Green: 1970-1971
9. The Queen of Light Took Her Bow: 1971-1972
10. The Lady: 1972
11. Things We'll Always Hold Dear: 1973-1974
12. A Curse on the House of Fairport: 1974-1975
13. All Our Days: 1976-1977
14. Stranger to Himself: 1977-1978
15. In a Lonely Moment: 1947-1978

Acknowledgements
Sources
Further Reading
Playlist
Index



houghton - sandy denny 01



◆本書より◆


「1. No Fear of Time」より:

「Sandy, meanwhile, 'hated school, every minute of it. I just resented the way the teachers used their authority. I certainly wouldn't tell any children of mine that schooldays are the happiest of your life. They weren't for me, anyway.'」

(サンディは「学校が大嫌いだった。そもそも教師が威張っているのがいやだった。自分に子どもができても絶対に「人生で最も楽しいのは学生時代だ」などとは教えない。とにかく私にとってはそうじゃなかった」)

「In one of her notebooks from 1974 she wrote: 'I wasn't like the others, it seemed, and I believe have apparently always lived in a world of my own.'」

(1974年の手帳にはこう書かれている。「私は他の人たちとは違っていた、私は私だけの世界で生きてきた。」)


「2. Learning the Game」より:

「'One of the things that always struck me about Sandy,' says Geoff Clark, 'was just how single-minded she was. ( . . . )'」

(兄の同級生ジェフ・スミスによると、「サンディはとても一途な人でした」)

「'"Fotheringay" came out of my interest in Mary Queen of Scots,' she explained many years later. 'I was fascinated by what it must have been like to spend all those years as a prisoner like Rapunzel or the Lady of Shalott. ( . . . )'
Aside from 'Fotheringay', it was 'Who knows Where the Time Goes?" which marked Sandy's breakthrough as a songwriter. ( . . . ) Its lyrical themes - the passage of time, the turning of the seasons and 'sad deserted shores' - would recur throughout her work.」


(「「フォザリンゲイ」はスコットランド女王メアリーへの関心から生まれた歌だ」と彼女はのちに説明している。「ラプンツェルやシャーロットの乙女のように長い年月を幽閉されて過ごしたらどんなだろうという考えに魅了された。」
 「時の流れを誰が知る」のテーマ――時は過ぎ去り、季節は移り、「寂れた海岸」にただ一人取り残される――はその後の作品に繰り返し現れることになる。)


「3. Alex Campbell and His Friends」より:

「I've never really had any definite plans. Even when I left college to sing professionally I didn't have any future thoughts in my mind. I just wanted to do something from day to day, which is something that I always do.
Sandy Denny, NME, January 1972」


(はっきりした計画など立てたことはない。学校を出てプロの歌手になった時も将来どうなろうとかは考えなかった。私はいつだってその日ぐらしだ。)


「9. The Queen of Light Took Her Bow」より:

「'Sandy was so fascinated by words relating to the sea,' says Bambi Ballard, 'and the smell of the sea and the light of the moon over the water, that kind of language which was part of the Celtic folk tradition and a seafaring tradition. Her favourite writer was Joseph Conrad;」


(「サンディは海に関する言葉が好きでした」とバンビ・バラード(コスチューム・デザイナー)は言う、「海の匂いとか海を照らす月とか、そういうケルトの民間伝承や船乗り伝承に属する言い回しです。お気に入りの作家はジョゼフ・コンラッドでした」)


「14. Stranger to Himself」より:

「It was during that visit that Sandy fell down the stairs onto a stone floor, gashing her head.」

(実家に帰っていたサンディは階段から落ちて頭に傷を負った。)

「but Sandy falling downstairs was a far from uncommon occurrence. 'She fell down our stairs, she fell down everybody's stairs,' says Chris Pegg. 'If there were three stairs, she would fall down them. She'd fall off stools. It was her party piece. ( . . . )'」

(サンディが階段を転げ落ちるのは珍しいことではなかった。クリス・ペグ(デイヴ・ペグ――フェアポート・コンヴェンションのベーシスト――の奥さん)によると、「うちの階段も転げ落ちたし、どこに行っても転げ落ちた。階段が三つあったら三つとも転げ落ちたことでしょう。それがサンディの得意芸で、椅子からもしょっちゅう落っこちていた」)



◆感想◆


サンディ・デニーは「友人の家の階段から落ちて死んだ」といわれていましたが、本書によるとたまたま階段の前で昏倒しているのを発見されて病院に運ばれたので、友人の家の階段からは落っこちなかったようです。
晩年は飲酒やクスリでだいぶひどい状態だったようですが、しかしそもそも「階段から落ちる」とはどういうことなのか。
『ブリキの太鼓』の主人公オスカルは、子どものままでいられるようにあえて階段から落ちてみずからの成長を止めますが、サンディ・デニーは子どものままでいるのに失敗して死んだといってよいのではなかろうか。あるいはお月さまから落っこちて帰れなくなって死んだといってもよいです。

ところで、シェラ・マクドナルドによると、「サンディはまったき英国の声であり、この国が生んだ最も独創的な声のひとつである(Sandy was a totally British voice, and one of the most original voices this country has ever produced.)」とのことですが(本書第11章)、英国的な声とはどんな声なのか。ノヴァーリス(ドイツ人)によると「すべての英国人は孤島である」、そしてボルヘス(アルゼンチン人)によると「おおむねの英国人は自分が幽霊であるかのような非現実感にさいなまれつつ生きている」ということになるのですが。



Sandy Denny - Late November















































































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本