FC2ブログ

『ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ』

『ジョゼフ・コーネル 
コラージュ&モンタージュ』

Collage & Montage by Joseph Cornell


発行: DIC川村記念美術館
発売: フィルムアート社
2019年6月15日 初版発行
351p 
18×13.3cm
角背布装上製本 貼函
定価3,500円+税
デザイン: サイトヲヒデユキ


DIC川村記念美術館
2019年3月23日―6月16日



本書「ごあいさつ」より:

「ジョゼフ・コーネル(1903―1972)は、ニューヨークの古書店や雑貨店で探し求めたお気に入りの品々を、手製の木箱におさめた「箱」の作品で知られています。書物の切り抜きや絵画の複製図版、コーディアル・グラスやコルク球といった小物は、箱の中に配置されると互いに詩的な連関を帯びて響き合い、暗示的なイメージとなって作家の世界を構成します。
映画を愛したコーネルは、古いフィルムを蒐集し、映画作品の制作も行いました。既成の映画フィルムの断片をコラージュした作品や、映像作家の協力を得て、主にニューヨークの街中で撮影された監督作品は、戦後アメリカにおける実験映画の先駆としても評価されています。
また、創作活動の初期と後期を中心に、独自の魅力を放つ多彩なコラージュ作品を手がけています。平面コラージュの手法は、それが立体的に繰り広げられるアッサンブラージュの箱、そして時間軸上で展開するモンタージュ(編集)による映画にも連なり、この作家の創作の原点と言えます。
本展では、DIC川村記念美術館が有するコーネルのコレクションに加え、おもに国内の美術館や個人の所蔵するコラージュと箱約50点、そして上映される機会の少ない映画14作品が集結します。あわせて、コーネルがデザインした雑誌や展覧会案内状などの印刷物を紹介するとともに、アメリカ、スミソニアン協会アメリカ美術アーカイヴのご協力により、日記や構想ノート、友人たちと交わした手紙などの資料も展覧します。コラージュからモンタージュまで、ジョゼフ・コーネルの幅広い仕事を貫く精神を見つめ、作品制作の背景に垣間見える作家の日常や交友関係、その人となりにも想いを巡らす場となれば幸いです。」



コーネル コラージュ 01


アマゾンで予約しておいたのが届いたのでよんでみました。発行日は6月15日と記載されていますが実際には10日ほど延期されて、届いたのは6月27日でした。
ふつうの単行本よりやや小さめの、しかし堅牢な函入り布装本です。函には題簽シール(白い部分)と、「作品用素材」(コーネルによる切り抜き)シールが貼られています(このシールは何種類かヴァリエーションがあるようです)。スピン(栞ひも)二本付きです。


コーネル コラージュ 02


目次:

謝辞
ごあいさつ (DIC川村記念美術館 館長 大熊雅美)

図版
 第1章 初期コラージュ
 第2章 箱制作のかたわらで
 第3章 箱作品を中心に 1930―50年代
 第4章 後期コラージュ
 第5章 日記・手紙
 第6章 モンタージュ 映画

論考
 『メカスの映画日記』より (ジョナス・メカス/飯村昭子 訳)
 From *Movie Journal* (Jonas Mekas)
 Joseph Cornell Films: Explanatory Texts (Anne Morra)
 ジョゼフ・コーネルの映画: 作品解説 (アン・モラ)
 ジョゼフ・コーネル フィルモグラフィ (アン・モラ)
 Joseph Cornell Filmography
 ジョゼフ・コーネル (フェアフィールド・ポーター/中野勉 訳)
 Joseph Cornell (Fairfield Porter)
 ジョセフ・コーネル 箱の旅人 (金井美恵子/初出: 『切り抜き美術館 スクラップ・ギャラリー』 平凡社、2005年)
 ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ: 展覧会解説 (岡本想太郎)

資料
 ジョゼフ・コーネル略年譜 (佐藤芙有 編)
 主要参考文献/展覧会歴 (佐藤芙有 編)
 出品作品リスト
 コピーライト/写真クレジット



コーネル コラージュ 05



◆本書より◆


「『メカスの映画日記』より」(ジョナス・メカス)より:

「かつて私は愚かにも、コーネルに彼の映画が完成した正確な年代を訊ねたことがある。《コティヨン》ができたのはいつですか? 《六月の日々》ができたのはいつですか? わからないよ、そんなことは訊かないでくれ。年代はものごとを束縛するだけだ、とコーネルは言った。本当にそうだ。いつ作られたかって?……どこかで……長いことかかって……あの時の私はなんという愚か者だったのだろう。あんな馬鹿げた質問をするなんて。年代だなんて! コーネルの芸術はその制作(あるいは成長)の過程に関しても、作品そのものに関しても、年代とは無縁である。彼の作品には――箱(ボックス)であろうとコラージュであろうと映画であろうと――どこか時間の停止した領域に置かれているような質があり、まるでわれわれの“現実の世界”をわれわれの実体が固着されうる別の世界まで延長したものであるかのように思える。われわれの住んでいる世界は、あらわれては消えてゆく無常のものだが、コーネルの世界は永遠で、つねに彼の作品を見にくる人びとの感受性に何度でも触れうるものである。ああ、この空間、この世界、コーネルの作品に幾何学と天文学がどれほど含まれていようと何の不思議もない。そこには、彼の作品が天界の音楽という言語でわれわれに応えることのできる、ある非常に素晴らしい別の世界に自分が存在しているというわれわれの感じ、考え、夢、状態をたどるのに似た何かがある。
 あるいはあの、コーネルの芸術の中の永遠の少女のように、あるいは天使でも子供たちでもいいが――いずれにせよ彼らは、時間が停止し、存在しない次元に存在する。妖精(ニンフ)には年齢がなく、天使にもない。青い服を着て、公園で、何をするでもなく、永遠の夢の中で時間をもて余しながらあたりを見回している10歳くらいの少女にもない。」
「ジョーゼフ・コーネルの箱(ボックス)、コラージュ、ホーム・ムーヴィーは、われらの時代の目につかぬ寺院である。つまり、今日われわれにまだ残されている素晴らしいものはすべて、ほとんど目につかぬものばかりなのだ。しっかりと探してみなければ、ほとんど目につかない。」



コーネル コラージュ 03


コーネル コラージュ 04


コーネル コラージュ 06

































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本