FC2ブログ

『The Prayer Book of Michelino da Besozzo』

「When Longhi wrote about the Morgan prayer book, he characterized Michelino as a Watteau of the International Style - an artist with a faint but eloquent reticence, a delicate quality of courtly melancholy.」
(Colin Eisler 「Introduction」 より)


『The Prayer Book of
Michelino da Besozzo』

Introduction by Colin Eisler
Legends by Patricia Corbett and Colin Eisler


George Braziller, New York
147pp, 18.5x13.3cm, hardcover (clothbound), dust jacket
Reproduced from the Illuminated Manuscript (M 944) belonging to The Pierpont Morgan Library in New York
Printed in Switzerland by Imprimeries Reunies
Miniatures photographed by Charles Passela
Book design by Rita Grasso



本書には発行年月日の記載がありませんが、元版(貼函入)は1981年、新装版(本書、カバー装、本体は元版と同じです)は1995年の刊行です。



prayer book of michelino da besozzo 01



本書は1410年頃(ウィキペディアによると1420年以降、モルガン・ライブラリーのサイトによると1430年頃)に作成された装飾写本『ミケリーノ・ダ・ベソッツォの祈祷書』(ニューヨーク、モルガン・ライブラリー所蔵)の内容を92点の原寸大カラー図版(含ゴールド)と序文・図版解説で紹介する本です。装飾頭文字(initial)を含むボーダー(縁取り)装飾付き文字ページ図版47点(うち頭文字にキリスト磔刑図が描き込まれた「historiated initial」を含むもの1点)、ボーダーのない文字だけのページ図版23点、フルページ装飾画図版22点。元は収録されている47の祈祷文すべてに装飾画が付されていたようですが残りの25点は現存しません。ボーダー装飾(および聖人画背景)は各々一種類の花(根がついているのが特徴的です)で統一されています。
装飾画とボーダーの大部分を手がけたと推定されるミケリーノ・ダ・ベソッツォは15世紀前半に活動したイタリアの「国際ゴシック様式」の画家で、フレスコ画、祭壇画、装飾写本、ステンドグラスなどを作成、そして個人的に興味深いのは1449年にルネ・ダンジューの妻イザベルに自作の「playing cards」(タロット)を贈ったとあることですが、それも現存しないようなので残念です。



prayer book of michelino da besozzo 03



深緑色ビロード装。手触りがたいへんよいです。



prayer book of michelino da besozzo 09



Contents:

Acknowledgments (C.E.)
Introduction (Colin Eisler)
Selected Bibiography

Plates and Legends
 The Nativity, December 25 (fols. 2v-3)
 Circumcision, January 1 (fol. 5)
 The Adoration of the Magi, January 6 (fols. 6v-7v)
 Saint Anthony, January 17 (fols. 8v-9)
 St. Agnes, January 21 (fol. 10) [border page]
 The Purification of the Virgin, February 2 (fols. 11v-12v)
 Saint Blaise, February 3 (fols. 14v-15v)
 The Annunciation, March 25 (fols. 16v-17v)
 Christ Washing the Feet of the Apostles, Thursday of Holy Week (fos. 19v-20v)
 Christ Bearing the Cross, Good Friday (?) (fol. 21) [border page]
 Crucifixation, Good Friday (?) (fol. 22) [border page]
 The Entombment, Saturday of Easter Week (fols. 24v-25v)
 The Resurrection, Easter Sunday (fols. 26v-27)
 St. George of Cappadocia, April 23 (fol. 29)
 Saint Philip and Saint James Minor, May 1 (fols. 30v-31v)
 The Finding of the True Cross, May 3 (fols. 33v-34v)
 The Ascension, Forty days after Easter (fols. 35v-36)
 Pentecost, Fifty Days after Easter (fol. 37)
 Holy Trinity, First Sunday after Pentecost (fols. 39v-40v)
 Corpus Christi, Thursday after Trinity Sunday (fols. 42-42v) [border page]
 St. Anthony of Padua, May 10 (fol. 44) [border page]
 St. John the Baptist, June 24 (fol. 45) [border page]
 Saint Peter, June 29 (fols. 46v-47v)
 Saint Paul, June 30 (fols, 49v-50v)
 The Visitation, July 2 (fols. 52v-53)
 Mary Magdalen, July 22 (fol. 54) [border page]
 Saint James the Apostle, July 25 (fols. 56v-57)
 St. Christopher, July 25 (fols. 58-58v) [border page]
 Assumption, August 15 (fols. 59-59v) [border page]
 St. Louis of Toulouse, August 19 (fols. 61-61v) [border page]
 St. Louis, King of France, August 25 (fols. 62-62v) [border page]
 St. Augustine of Hippo, August 28 (fols. 63-63v) [border page]
 Birth of Virgin, September 8 (fols. 65-65v) [border page]
 St. Nicholas of Tolentino, September 10 (fols. 67-67v) [border page]
 Exaltation of the Cross, September 14 (fol. 70) [border page]
 St. Francis of Assisi, September 17 (?) (fol. 72) [border page]
 Saint Gall, October 16 (fols. 73v-74v)
 Saint Luke, October 18 (fols. 75v-76)
 All Saints, November 1 (fol. 78) [border page]
 Saint Martin, November 11 (fols. 80v-81)
 Presentation of the Virgin, November 21 (fol. 82) [border page]
 St. Ambrose, December 7 (fol. 85) [border page]
 Saint Catherine, November 25 (fols. 83v-84v)
 Immaculate Conception, December 8 (fol. 87) [border page]
 Saint Lucy, December 13 (fols. 89v-90v)
 St. John the Evangelist, December 27 (fol. 91-91v) [border page]
 St. Monica, May 4 (fol. 93) [border page]




◆本書より◆



prayer book of michelino da besozzo 02



聖アントニウス(記念日は1月17日)。
左手には杖と本、右手には銀の鈴(悪魔除け)を持っています。



prayer book of michelino da besozzo 06



prayer book of michelino da besozzo 06b



マリアのエリサベト訪問(7月2日)。
マリアはイエス(キリスト)のお母さん、その従姉エリサベトは洗礼者ヨハネのお母さんです。二人とも身籠っています。



prayer book of michelino da besozzo 05



聖十字架の発見(3月3日)。
聖ヘレナ(コンスタンティヌス一世の母)がエルサレムでキリスト磔刑に使われた十字架を発見する場面ですが、ヘレナが十字架の在処を知るヘブライ人ユダを火と井戸を指さして脅迫する場面(教えなければ火炙りにすると脅し、涸れ井戸に七日間閉じ込めた)と、聖十字架を含めて三つの十字架が掘り出される場面が同一画面に描かれています。



prayer book of michelino da besozzo 07



prayer book of michelino da besozzo 07b



福音史家ルカ(10月18日)。
聖ルカは最初のイコン画家であるとみなされているので、聖母子像を描く姿で描かれています。



prayer book of michelino da besozzo 08



聖ルチア(記念日は12月13日)。
聖ルチアは両眼をえぐり取られて殉教したのでアトリビュートとしてお皿(プレート)に盛られた目玉が描かれることが多いですが、本書はたいへんエレガントで洗練された(ファッションプレート的なといってもよいです)装飾写本なので、目玉ではなくランプが描かれています。

シラクサのルチア(ウィキペディア)






こちらもご参照ください:

ヤコブス・デ・ウォラギネ 『黄金伝説 1』 前田敬作・今村孝 訳
Millard Meiss and Edith W. Kirsch 『The Visconti Hours』











































 




関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本