FC2ブログ

鈴木棠三 編 『中世なぞなぞ集』 (岩波文庫)

「謎はもと神秘の語であった。それが遊戯の座に降りて来たのである。(中略)遊戯化したとはいっても、神秘への回帰がいつまでも続いたことは、今も語られている民話の中の難題話などに、その面影を見ることで納得されよう。」
(鈴木棠三 「解説」 より)


鈴木棠三 編 
『中世なぞなぞ集』
 
岩波文庫 黄/30-130-1 


岩波書店 
1985年5月16日 第1刷発行
1991年5月16日 第3刷発行
454p 
文庫判 並装 カバー
定価670円(本体650円)



本書「凡例」より:

「室町期から近世初頭に及ぶ謎々の集録七種を掲げる。」



中世なぞなぞ集



カバー文:

「なぞとは、「何ぞ?」という問いかけの言葉に由来する。その起源は古く上代に遡るが、中世には、宮廷で貴族の集団的ことば遊びとして盛んにおこなわれたという。国語学上貴重な資料といわれる「ははには二たびあひたれどもちちには一どもあはず (答)くちびる」という有名な謎々をはじめ、中世の謎々の主要な集録本七種を収めた。」


目次:

凡例

なそたて
謎立
月菴酔醒記
寒川入道筆記
国籍類書 謎乃本
あたうかたり
古版 なそのほん

解説 (鈴木棠三)




◆本書より◆


「なそたて」より:

「おとゝひも昨日もけふもこもりゐて月をも日をもをがまざりけり  みかぐら」
「みかぐらは宮中の御神楽。一昨日・昨日・今日で三日。三日暗と解く。」

「鷹心ありてとりをとる  應」
「應は、返辞にオーとこたえる声をさすのであろう。字謎。「鷹」の字の「鳥」を「心」とかえる。中世は鷹狩がさかんに行われたので、放鷹の技術指導書もたくさん作られ、『群書類従』にも鷹部が設けられているほど多い。」

「四季のさきにおにあり  はなあふぎ」
「はる・なつ・あき・ふゆ(引用者注:「は」「な」「あ」「ふ」に傍点「○」)の先は、はなあふ(引用者注:「はなあふ」に傍点「○」)。これにき(引用者注:「き」に傍点「○」)(鬼)を添えると花扇。」

「はらのなかの子のこゑ  はしら」
「胎内から胎児の泣き声。広い野原の中で赤子の泣き声がする。どちらでもよい。解は、ハ・ラの中にシ(子の声)が入って、柱。漢字の音を「声」という例は平安時代から用例があり、中世なぞでも、漢字を音読させる場合に、声と表現するのは通常の手法である。」

「ごりんのしたのばけ物  はかま」
「五輪の石塔、すなわち墓石のその下にひそんでいる化け物。ちょっとびっくりさせる設問で、答は一転して平凡な袴(墓魔)。」



「月菴酔醒記」より:

「南無阿弥陀仏  云 むじな」
「南無阿弥陀仏のことを、六字(ろくじ)の名号(みょうごう)という。解は六字名(貉)。」

「まがらで一期  云 すぐ六」
「一期(いちご)は一生。一生涯。真正直に(あるいは、節を屈することなく)一生をつらぬくの意。解、曲らずは直(すぐ)、一と五で六。答双六(すぐろく)(スゴロクの古形)。」



「謎乃本」より:

「ほね地獄へおつる  こつゞミ」
「解、ほねは骨(こつ)。地獄へおちるのは罪(引用者注:「罪」に傍点「○」)。答、小鼓。」

「こたつ  からす」
「解、仔(こ)立つ(巣立つ)と、そのあとは空(から)巣(烏)。」

「かたはねの天狗やみにいる  かんたんの枕」
「解、カが跳ねるとカン、タが跳ねるとタン。天狗を魔、闇を暗(くら)と解くのは当時のなぞの常道。「やみにいる」は、闇に居る。邯鄲の枕は盧生の夢の故事。」

「くもふろにいりてもだゆる  ふくろ」
「蜘蛛風呂に入りて悶ゆる。フロの中にクモが入ると、フクモロ。モが絶えて、袋。」

「さくらのもとにかよふばけもの  はな車」
「桜は花。通うは来る。化け物は魔。答の花車は、花を積んだ車、または花見の車。」







こちらもご参照ください:

鈴木棠三 『ことば遊び』 (中公新書)
ピエール・ギロー 『言葉遊び』 中村栄子 訳 (文庫クセジュ)
白川静 『文字遊心』 (平凡社ライブラリー)
安楽庵策伝 著/鈴木棠三 校注 『醒睡笑』 (岩波文庫) 全二冊






























関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本