FC2ブログ

岡本綺堂 『半七捕物帳 (四) 新装版』 (光文社時代小説文庫)

「「鈴ケ森で仕置になった人間もたくさんありますが、その中でも有名なのは、丸橋忠弥、八百屋お七、平井権八なぞでしょう。みんな芝居でおなじみの顔触れです。」」
(岡本綺堂 「妖狐伝」 より)


岡本綺堂 
『半七捕物帳 
(四) 
新装版』
 
光文社時代小説文庫 お-6-19 


光文社 
2001年12月20日 初版1刷発行
447p 付記1p
文庫判 並装 カバー
定価648円+税
カバーイラスト: 堂昌一
カバーデザイン: 櫻舎



好きな登場人物は「ズウフラ怪談」の辰公と「妖狐伝」のお此(この)です。



岡本綺堂 半七捕物帳 四



カバー裏文:

「著者綺堂が、長く病(やまい)に臥(ふ)せっていたとき『江戸名所図絵(ずえ)』を通読、これが『半七捕物帳』を書くきっかけになったという。
 人間味豊かな捕物帳の世界を描いて、江戸の風物詩を現代に伝える永遠の傑作!
 『柳原堤(やなぎわらどて)の女(おんな)」「ズウフラ怪談(かいだん)」「妖狐伝(ようこでん)」等十一編収録。(全六巻)
 推理、怪談小説、新歌舞伎の劇作家として高名な著者の代表作、より読みやすく新装刊!」




目次:

仮面(めん)
柳原堤(やなぎわらどて)の女
むらさき鯉(ごい)
三つの声
十五夜御用心
金の蠟燭(ろうそく)
ズウフラ怪談
大阪屋花鳥
正雪(しょうせつ)の絵馬
大森の鶏(にわとり)
妖狐伝(ようこでん)

解説 (石沢英太郎)




◆本書より◆


「十五夜御用心」より:

「芝居や草双紙にもよくありますが、とかく古寺なんていうものは、山賊なんぞの棲家(すみか)になるもので、この寺も暫く無住のあき寺になっているうちに、悪い奴らが巣を作ってしまったんです。」


「金の蠟燭」より:

「「刻限はちっと早えが、腹をこしらえて置こう」
 茶屋町辺の小料理屋で午飯(ひるめし)を済ませて、二人は馬道から田町一丁目にさしかかった。表通りは吉原の日本堤(づつみ)につづく一と筋道で、町屋(まちや)も相当に整っているが、裏通りは家並(やなみ)もまばらになって、袖摺稲荷のあるあたりは二、三の旗本屋敷を除くのほか、うしろは一面の田地になっているので、昼でも蛙の声が乱れてきこえた。」



「ズウフラ怪談」より:

「まず劈頭(へきとう)にズウフラの説明をしなければならない。江戸時代に遠方の人を呼ぶ機械があって、俗にズウフラという。(中略)言海の「る」の部に、こう書いてある。――ルウフル(蘭語 Rofle の訛)遠き人を呼ぶに、声を通わする器、蘭人の製と伝う。銅製、形ラッパの如く、長さ三尺余、口に当てて呼ぶ。訛して、ズウフル。呼筒。――」
「「あなた方は無論御承知でしょうが、江戸時代の滑稽本に『八笑人』『和合人』『七偏人』などというのがあります。そのなかの『和合人』……滝亭鯉丈(りゅうていりじょう)の作です。……第三篇に、能楽仲間の土場六、矢場七という二人が、自分らの友達を嚇(おど)かすために、ズウフラという機械を借りて来て、秋雨の降るさびしい晩に、遠方から友達の名を呼ぶので、雨戸を明けてみると誰もいない。戸を閉めて内へはいると、外から又呼ぶ。これは大かた狸の仕業(しわざ)であろうというので、臆病の連中は大騒ぎになるという筋が面白おかしく書いてあります。」」

「「屋根から落ちた奴は何者です」と、わたしはすぐに訊いた。
 「それは近所の質屋のせがれで辰次郎という奴です。年は十九ですが、一人前には通用しない薄馬鹿で……。こいつがどうしてズウフラなんぞを持っていたかと云うと、自分の店に質(しち)に取った品です。御承知でもありましょうが、江戸時代にはオランダ人が五年に一度ずつ参府して、将軍にお目通りを許される事になっていました。大抵二月の二十五日ごろに江戸に着いて、三月上旬に登城するのが習いで、オランダ人は日本橋石町(こくちょう)三丁目の長崎屋源右衛門方に宿を取ることに決まっていました。その時には将軍家に種々の献上物をするのは勿論ですが、係りの諸役人にもそれぞれに土産物をくれます。かのズウフラも通辞役(つうじやく)の人にくれたのを、その人が何かの都合で質に入れたというわけです。質物(しちもつ)は預かり物ですから、庫(くら)にしまって大切にして置くべきですが、物が珍らしいので薄馬鹿の辰公がそっと持ち出した。いや、辰公ばかりでなく、それをおだてた奴がほかにあるんです。それは吉祥寺裏の植木屋の若い者の長助という奴で、こいつ白らばっくれていながら、実は辰公をおだてて悪いたずらをさせていたんですよ」
 「じゃあ、その辰公はおもしろ半分にやっていたんですね」
 「まあ、そうです。辰公も長助も別に深い料簡もなく、ただ面白半分に往来の人を嚇かしていただけの事だったのですが、そのいたずらから枝が咲いて、師匠殺しという大事件が出来(しゅったい)したんです。」



「大阪屋花鳥」より:

「六月はじめの吉日に、お節は鍋久の店へめでたく輿入れを済ませて、若夫婦の仲もむつまじく見えた。
 それから更にふた月ほど経て、その年の七月も末になった。旧暦の盂蘭盆(うらぼん)過ぎで、ことしの秋は取り分けて早かった。この二、三日は薄ら寒いような雨が降りつづいて、水嵩の増した新堀川はひえびえと流れていた。鍋久の嫁のお節は十日ほど前から風邪(かぜ)を引いたような気味で、すこし頭痛がするなどと云っていたが、医者に診て貰うほどの事でもないので、買い薬の振り出しなどを飲んでいるうちに、二十九日の朝から何だか様子が変って来た。彼女は怖い眼をして人を睨んだ。これまで暴(あら)い声などを出したことの無い彼女が、激しい声で女中を叱ったりした。病気で癇(かん)が昂(たか)ぶったのであろうから、なるべく逆らわないがいいと、おきぬは久兵衛に注意していた。
 鍋久の店では四ツ(午後十時)を合図に大戸をおろそうとした。その時、奥の若夫婦の居間で、ただならぬ久兵衛の叫び声がきこえた。
 「これ、お節……。どこへ行く……。これ、お節……」
 その声を聞きつけて、母のおきぬは茶の間を出てゆくと、長い縁側の途中でお節に出逢った。若い嫁は顔も隠れるほどに黒髪を長く振り乱して、物に狂ったように駈け出して来たので、おきぬは驚きながら、ともかくもそれを支えようとすると、お節は力まかせに彼女を突きのけた。その勢いが余りに激しかったので、おきぬはひとたまりもなく突き倒されて、まばらに閉めてある雨戸に転げかかると、雨戸ははずれた。その雨戸と共に、おきぬは暗い庭さきへころげ落ちた。
 この物音は表の方まで響いたので、店の者もみな驚いて奥へ駈け込もうとする時、出逢いがしらにお節が飛び出して来たので、彼らは又おどろいた。しかも相手が主人であるので、さすがに手あらく取り押えかねたのと、あまりの意外に少しく呆気(あっけ)に取られて、唯うっかりと眺めているうちに、お節は彼らを突きのけて、今や卸しかけている大戸をくぐって表の往来へぬけ出した。
 「早く押えろ」と、番頭の勘兵衛は呶鳴った。
 それに励まされて、若い者や小僧は追って出た。そのなかでも新次郎という若い者が一番さきへ駈け出して、お節の右の袂を捉えようとすると、彼女は身を捻じ向けて振り払った上に、なにか刃物のようなものを叩きつけて又駈け出した。暗い夜で、雨は降りしきっている。その闇のなかをお節は駈けた。店の者共も追った。しかもお節は遠くも行かずに、眼の前の新堀川へ身を跳らせて飛び込んでしまった。
 「身投げだ、身投げだ。若いおかみさんが身を投げた」」



「妖狐伝」より:

「「御承知の通り、江戸時代の鈴ケ森は仕置場で、磔刑(はりつけ)や獄門の名所です。それですから江戸の悪党なんかは『おれの死ぬときは畳の上じゃあ死なねえ。三尺高い木の空(そら)で、安房(あわ)上総(かずさ)をひと目に見晴らしながら死ぬんだ』なんて大きなことを云ったもんです。鈴ケ森で仕置になった人間もたくさんありますが、その中でも有名なのは、丸橋忠弥、八百屋お七、平井権八なぞでしょう。みんな芝居でおなじみの顔触れです。」」

「「さあ、ここまではお話が出来るんですが、それから先は少しお茶番じみていて、いつぞやお話をした『ズウフラ怪談』の型にはいるんです。お此の申し立てによると、三月はじめの晩に、なにかの用があって鈴ケ森の縄手を通りかかると、漁師らしい若い男の二人連れに摺れ違った。二人は一杯機嫌でお此にからかって、その袂などを引っ張るので、お此はうるさいのと癪に障るのとで、一つ嚇かしてやろうと思って、袂から西洋マッチをとり出して、手早く摺りつけて二、三本飛ばせると、二人は火が飛んで来るのにびっくりして、怱々に逃げ出した。そのマッチは黒船のお客から貰って、お此が袂に入れていたんです。今から考えると、実に子供だましのような話ですが、マッチというものを知らない時代には、火の玉がばらばら飛んで来るのに胆(きも)を潰したわけです」
 「成程、ズウフラ怪談ですね」
 「探偵話にほんとうの凄い怪談は少ないもので、種を洗えばみんなズウフラ式ですよ」と、老人は笑った。「さてその噂が忽ちぱっと拡がって、鈴ケ森の縄手に狐が出るという評判になりました。その狐は黒船の異人が放したのだなぞと云う者もある。現にその前年、即ち安政五年の大コロリの時にも、異人が狐を放したのだという噂がありました。そこで、今度の狐も品川の黒船から出て来たというような噂が立つ。それを聞くと、お此はおかしくってたまらない。一体、犯罪者には一種の茶目気分のある奴が多いもので、お此も世間をさわがすのが面白さに、それを手始めにマッチの悪戯をちょいちょいやる。時には靴を磨くブラッシに靴墨を塗って置いて、暗やみで摺れ違いながら人の顔を撫でたりしたそうです。いつの代もそうですが、そんな噂が拡がると、いろいろに尾鰭を添えて云い触らす者が出て来るので、狐の怪談が大問題になってしまったんですが、お此がほんとうに悪戯をしたのは七、八回に過ぎないと自分では云っていました」」







こちらもご参照ください:

岡本綺堂 『半七捕物帳 (五) 新装版』 (文社時代小説文庫)














































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本