FC2ブログ

『堤中納言物語 付 現代語訳』 山岸徳平 訳注 (角川文庫)

「思ひとけば、物なむ恥づかしからぬ。人は夢幻(ゆめまぼろし)のやうなる世に、誰かとまりて、悪しきことをも見、善きをも思ふべき」
(「虫愛づる姫君」 より)


『堤中納言物語 
付 現代語訳』 
山岸徳平 訳注
 
角川文庫 2201/黄 二三 1 


角川書店 
昭和38年12月20日 初版発行
昭和57年8月10日 23版発行
264p 
文庫判 並装 カバー
定価380円
カバー: 栃折久美子



本書「凡例」より:

「本書は、十冊本になっている桂宮御本二本の中の一本を底本に用いた。しかし、桂宮本のままの複刻ではない。復原的な意味の批判と校正を加えたものである。」
「この物語を構成する十篇の各篇の成立は、おのおの異なるので、各篇の篇首に要旨、題名の由来、成立、作者について略述しておいた。」
「脚注は、解読に便なるように、能うかぎりしるしたが、(中略)出典・語義・用例などに関する詳細は省略した。」
「現代語訳は、それぞれの場面における心理状態や、言葉の省略、すなわち、省筆の部分や背景になるような点で、表現層の理解を深め、鑑賞を豊かにするに必要と思った事柄は、なるべく括弧に囲んで記載した。」




『竹取物語』と本書所収「虫愛づる姫君」は、本邦変わり者文学の双璧ではなかろうか。



堤中納言物語 01



カバーそで文:

「「花桜折る少将」ほか10篇の清新な短篇小説を集めたもので、同時代の宮廷女流文学には見られない特異な人間像、尖鋭な笑いと皮肉をまじえて描いた近代文学的作風は単に世界最古の短篇小説集というだけでなく、文学史上きわめて高く評価される。各篇の初めにそれぞれのあらすじ・作者・年代・成立事情・題名について解説する。」


目次:

凡例

堤中納言物語
 花桜折る中将
 このついで
 虫愛づる姫君
 ほどほどの懸想
 逢坂越えぬ権中納言
 貝合
 思はぬ方にとまりする少将
 花々のをんな子
 はい墨
 よしなしごと

現代語訳

解説
索引




堤中納言物語 02



◆本書より◆


「花桜折る中将」:

「あらすじ」より:

「夜深く女の家を出て帰途についた主人公の中将は、とある桜花の咲きにおう荒れた邸で物詣でに出かけようとする美しい姫君をかいま見る。あとで出入りの者に聞くと、故源中納言の女で入内も近いという。その前に姫を盗み出そうと、姫の家の女童としめしあわせてある夜ふけに姫のもとに行く。姫君と思ってほの暗い母屋に小さくなっている女を車にのせてつれ帰ったが、意外にもその人は、それとなく心配して姫のそばに、護衛のために寝ていた姫君の祖母の尼であったという筋。」

本文より:

「月にはかられて、夜(よ)深く起きにけるも、思ふらむ所(脚注:「女が(中将を)思っているかもしれないこと。冷淡だとか、物足りないとか。」)いとほしけれど、立ち帰らむも遠きほどなれば、やうやう行くに、小家(こいへ)(脚注:「粗末な家。庶民の家。」)などに例音(れいおと)なふもの(脚注:「いつも音をたてている朝の支度の物音や人声。」)も聞えず。隈(くま)なき月に、ところどころの花の木どもも、ひとつにまがひぬべく(脚注:「入りまじって見分けがたいさま。」)霞みたり。」

現代語訳より:

「(あまりに)明るい月の光にだまされたので、(もう朝になったのかと思い、家に帰るために)中将はまだ夜中のうちに(女の許を)起き出してしまったのであったが、それにつけても、(中将が帰ってゆくのに対して、女が、つらいとか物足りないとか)いろいろに物を思っているであろう、それをいじらしく思うけれど、そうかといって、女の許へ(もう一度)帰るにしては遠い道のりなので、(中将は)そのままだんだんと家路をさしてゆく。けれども(途中の)小さな家などで、いつも朝帰りの際には聞える人声や物音なども、今朝は(時刻が早すぎるのか)何も聞こえない。明るくかげりのない月の光に、あちらこちらの、花の咲いているたくさんの桜の木など、他のどの木も皆同じで、(まったく)一様に見違えてしまいそうに霞んでいる。」


「このついで」より:

「あらすじ」より:

「春雨のしとしとと降る昼間、つれづれを慰め申そうと中宮の御前で薫物がたき始められる。その香を聞かれるついでに、中将の君以下の三人が、それぞれ見聞した話をする。最初は、中将の君の聞いたという、あわれに愛情のこまやかな話。つぎは、中納言の君が去年の秋、清水寺に参籠したときに出会った事実談。そのつぎは、少将の君が東山辺に修行している祖母に、かつてついていっていたときに偶然に見た事実談である。どれも春雨のように、寂しく、あわれに、しめやかな物語であった。(中略)しかも三つの話はどれも和歌が焦点になっている。この点からすれば、三つの歌物語の集合なのである。」

本文より:

「「去年(こぞ)の秋のころばかりに、清水(脚注:「清水寺。中の院か坊かに参り、日限をきって籠る。」)に籠りて侍りしに、傍に、屏風ばかりを、物はかなげに立てたる局(つぼね)の、にほひいとをかしう、人ずくななるけはひして、折々うち泣くけはひなどしつつ行ふを(脚注:「「聞き侍り」にかかる。仏道の修行に、観音経などを読んでいるのであろう。」)、誰ならむと聞き侍りしに、明日(あす)出でなむとての夕つ方(脚注:「満願の日が来たので明日は下向する。」)、風いと荒らかに吹きて、木(こ)の葉ほろほろと、滝のかたざまに(脚注:「音羽山から出て来ている音羽の滝。滝の方向に。」:)くづれ、色濃き紅葉(もみぢ)など、局の前には隙(ひま)なく散り敷きたるを、この中隔(なかへだて)の屏風のつらによりて、ここにも(脚注:「自分も(傍の修行者も)。」)、ながめ侍りしかば、いとしのびやかに、

  『いとふ身はつれなきものを(脚注:「世を嫌い、早く死にたい身なのに、心の思いにかかわりなく生きながらえている。」)憂(う)きことも
     あらし(脚注:「「嵐」と「あらじ」(あるまい)を掛けている。」)に散れる木の葉なりけり
風の前なる(脚注:「日を経つつわれ何事を思はまし風の前なる木の葉なりせば」(『和泉式部続集』下)「厭へども消えぬ身ぞ憂き羨し風の前なる宵のともし火」(同集上)などによるか。」)』

と、聞ゆべきほどにもなく(脚注:「あまりよく聞こえるほどでもないが。」)、聞きつけて侍りしほどの、まことに、いとあはれにおぼえ侍りながら、さすがにふと答(いら)へにくく、つつましくて(脚注:「遠慮せられて。」)こそ止み侍りしか」」


現代語訳より:

「「去年の秋のころに、清水(きよみず)に参籠致しておりました。その折、(私の局(つぼね)の)側に、屏風ばかりを申しわけ程度に、仕切りの役にもたたないように立ててある局で、たいている薫物の匂いもたいそう趣があって奥ゆかしく、人数も少ない様子で、ときどき泣いている気配などがしながら(観音経など読んで)お勤めしているのを、いったい誰だろうと思って聞いておりました。そのうちに(私は、満願になったので)明日は下向(げこう)してしまおうと思っていたその夕方に、風が非常に荒々しく吹き、木の葉がはらはらと滝のほうへ乱れ散り、色の濃(こ)い紅葉などが、局の前には隙間もないほどに散り敷いているのを、この局の、隣の局との仕切りになっている屏風のそばに近寄って、私もじっと物思いにふけりながらながめておりました。すると、たいへんひそやかに耳立たぬようにして、(隣の修行者のほうで)
   この憂き世を、つくづくいやに思って、捨てたいと願うわが身は、なんの変わりもなく生き長らえているのに、なんのつらいこともあるまいと思う木の葉が、嵐に散ってゆくのであるよ。
   (まったく木の葉とわが身を取りかえたいと思う)風のともし火がうらやましい。
と、よく聞きとれないくらいに低く言ったのを聞きつけました。その先方の調子が、ほんとうに、たいそう身にしみてかわいそうに思われました。が、そうはいうものの、やっぱりすぐには返歌もしにくく、いかにも恥ずかしく遠慮されたので、(そのまま)何もいわずにやめました」」



「虫愛づる姫君」より:

「あらすじ」より:

「当時の女子の風習である、眉をぬいたり、お歯黒もつけない、年ごろの女性としての身だしなみもせず、朝夕、毛虫などばかりを好んで飼う異常な性格の姫君を描く一篇。在来の人物がもたない型を示し、特異な作品である。」

本文より:

「この姫君の、の給ふ事、
 「人々の、花や蝶やと愛(め)づるこそ、はかなく(脚注:「つまらぬ、考えが浅い。」)あやしけれ。人は、実(じつ)あり、本地(ほんぢ)尋ねたるこそ(脚注:「物の本質を、さかのぼり究めたのこそ。本体を求めないでただ化現の蝶や花だけを愛するのは、誠実な心のないものである。」)、心ばへをかしけれ」
とて、万(よろづ)の虫の、恐(おそろ)しげなるを取りあつめて、
 「これが、成らむさまを(脚注:「変化するならその様子を。「む」は仮定。」)見む」
とて、さまざまなる籠箱(こばこ)(脚注:「底だけが板で三方に紗または絽を張った箱。」)どもに入れさせ給ふ。中にも、
 「烏毛虫(かはむし)(脚注:「毛虫の別名。」)の、心深き(脚注:「意味深い。ここは、毛虫の毛深く太いのを趣あるごとくいう。」)さましたるこそ心にくけれ」
とて、明け暮れ耳はさみ(脚注:「額髪を正しく下げず耳に挾む。働く女の風情。」)をして、籠(こ)のうちにうつぶせて(脚注:「毛虫をうつむきにまげて。」)まぼり(脚注:「見守る。じっと見つめる。」)給ふ。」


現代語訳より:

「この姫君のおっしゃることには、
 「(世間の)人々が、花だの蝶だのと、もてはやし愛するのは、いかにも無意味なばからしいことだ。人間というものは、誠実の心があって、物の本体を追究しているのが、いかにも心だてが趣もあり、興味もある」
と言って、いろいろと、たくさんの虫の、恐ろしそうなのをお集めになり、
 「この虫が、どうなるか、もし変化するとしたら、その変化の様子を見ようと思う」と言って、(大きさや、形の)さまざまな籠箱などにお入れになり飼っていらっしゃる。その中でも、
 「毛虫の、浅はかでなく、考え深そうな様子をしたものが、特に奥ゆかしい」
などと言って、(平素は身だしなみもせず)朝に夕に、額髪を耳に挾んで、(毛虫を)籠の仲にうつ伏せて、じっとお見つめなさる。」



「ほどほどの懸想」より:

「あらすじ」より:

「賀茂祭のころ、頭の中将の小舎人童が故式部卿に仕える女童と恋をする。その縁から頭の中将に仕える家人と姫に仕える女房、さらに頭の中将と姫君の恋へと発展する、主従三つの階層の恋愛相を描いた点に注目される。最上層の頭の中将には、性格の弱い決断の乏しい男性が描かれている。」


「逢坂越えぬ権中納言」より:

「あらすじ」より:

「中納言には、ひそかに心を寄せる姫君があった。花橘の咲き匂うころ、その思いはさらに切なるものがあった。悩ましい五月三日の夜、宮中の管絃のお遊びに呼ばれてもの憂いながら出席し、その後に中宮の御所のほうに立ち寄ると、明後五日は菖蒲の根合だとて、女房たちが大騒ぎをしている。とうとう右の味方にとられてしまう。中納言はさして気乗りもしないようだったが、当日の根合にも歌合にも、右方はかれのおかげで勝った。
 やがて暑い六月が来た。十五日前後の月夜に、中納言は思い余って姫君を訪れ、宰相の君という侍女を通じて意中を訴え、対面を求めるが、姫君は「気分がすぐれない」と断る。ところが、宰相の君がその旨を伝えに外へ出るのと入れ違いに、中納言は姫君の声をたよりに忍び込んでしまった。そしていろいろとくどいたが、姫君はとうとう中納言の意に従わない。結局は逢坂を越えずに――思いもとげられずに、明けて行く様子に促されて中納言はむなしく帰って行った。」



「貝合」より:

「あらすじ」より:

「九月の有明月に誘われて浮かれ歩いていた蔵人少将は、とある邸をのぞき見し、仕えている少女から、主人の姫君とその腹違いの姉らしい東の姫君とが貝合をすると聞く。そこで味方をする約束で姫君の姿を見せてもらう。隠れ場所からのぞくと、家の中では、十二、三歳のまことに美しい姫君を囲んで、大勢の少女たちが騒いでいる。相手方は準備万端ととのえたというのに、こちらは十歳ぐらいの弟が相談役なのでたいそう心細い。そこへ相手の姫君が様子を偵察に現われるが、容貌といい、着物の趣味、着こなしといい、はるかに劣る上に態度が小面憎いので、少将は主人の姫君に同情し、勝たせてやりたくなる。少女たちは主人の勝利を祈念し、思わず口ずさんだ少将の歌を聞きつけて「観音のお告げだ」と喜ぶ。翌日、少将はりっぱな洲浜に小箱をはめて、美しいいろいろの貝を入れ、そっと南の高欄に置かせた。まもなく少女たちは洲浜を見つけ、「観音さまのお助けだ」と狂喜する。無邪気なその様子を、少将は隠れ場所から興味深くながめていた。」

本文より:

「「何わざするならむ」とゆかしくて(脚注:「知りたくて。見たくて。」)、人目見はかりて、やをら(脚注:「「やはら」で、徐々に。こっそりと。そっと。」)、はひ入りて、いみじく繁き薄の中に立てるに、八九(やつここのつ)ばかりなる女子(をんなご)の(脚注:「「……着たる」にかかる。「の」は指定格の助詞。」)、いとをかしげなる薄色の袙(あこめ)・紅梅などしだれ着たる(脚注:「下着の袙は薄紫色、上着は紅梅色の汗衫。子供だから襲の色目のとは違う。」)、小さき貝を瑠璃(るり)の壺(脚注:「紺色の光沢ある焼物の壺。」)に入れて、あなたより走る様のあわただしげなるを、「をかし」と見給ふに、直衣(なほし)の袖を見て(脚注:「薄の繁みの間からはみ出しているのを見つけて。「直衣」は貴族の平常着。」)、「ここに、人こそあれ」と何心もなくいふに、侘しく(脚注:「当惑した様子。困った状態。」)なりて、
 「あなかまよ(脚注:「あなかまびすし」の意。静かにしなさいよ。ああ、やかましいよ。」)。聞ゆべきことありて、いと忍びて参り来たる人。そと寄り給へ」
といへば、
 「明日の事思ひ侍るに。今より暇(いとま)なくて、そそき侍るぞ(脚注:「そそき→そそく、で落ちつかないこと。どうも忙しくて落ちつかないのでございますよ。」)」
と、さへづりかけて、往(い)ぬべく見ゆめり。

 をかしければ(脚注:「子供のくせに「暇なくて」などというから。」)、
 「何事の、さ、いそがしくは思(おぼ)さるるぞ(脚注:「「思す」は尊敬語。「る」は自然的可能の助動詞で「思さる」となった。」)。まろをだに『思はむ(脚注:「たよりに思う。赤の他人でもかまわずに。」)』とあらば、いみじうをかしき事も加へてむかし(脚注:「援助しよう。きっと加えようと思うの意。」)」
と言へば、名残なく立ちとまりて、
 「この姫君、上、外(と)の御方の姫君と(脚注:「母上が、外(違う)の御方の姫君、すなわち異母姉妹の姫君と。」)、『貝合(かひあはせ)せさせ給はむ(脚注:「女童が姫君の言葉を間接に言ったので敬語を用いた。」)』とて、月ごろいみじく集めさせ給ふに、あなたの御方は、大輔(たいふ)の君・侍従の君と、『貝合(かひあはせ)させ給はむ』とて、いみじく(脚注:「たいそう大げさに吹聴して。」)求めさせ給ふなり。まろが御前は、唯、若君一所(ひとところ)にて(脚注:「姫君の弟君。後に「十ばかりなる男の……」と見える。力になるのはこの弟一人である。」)、いみじく理(わり)なくおぼゆれば、只今も『姉君の御許に人遣らむ(脚注:「姉君は同腹の姉。「貝を心配してほしい」という使者である。「人」は「誰か」の意。この使者の役を女童が命ぜられたのである。」)』とて。罷(まか)りなむ」
と言へば、
 「その姫君たちの、うちとけ給ひたらむ、格子(かうし)(脚注:「格子は細長い四角の木を四つ目に組んだ戸で、寝殿の柱と柱の間などに用いた。外部との境のものは格子に板をうって、蔀格子といった。」)のはざまなどにて、見せ給へ」
といへば、
 「人に語り給はば(脚注:「たいへん迷惑する、の気持ち。」)。母もこそのたまへ」
とおづれば、
 「物ぐるほし(脚注:「ばかげている。狂っている状態。そんな心配をするのは。」)。まろは、更に物言はぬ人ぞよ。唯、『人に(脚注:「「人」は具体的な事物を特に漠然と抽象的にいう時に用いる。人・物・事など。」)勝たせ奉らむ勝たせ奉らじ』は、心ぞよ(脚注:「万事、少将の胸一つで、勝ちも負けもする。私の心持ち一つであるぞ。」)。いかなるにか(脚注:「女童の気持ちは、と問うた。」)。いと、物けぢかく(脚注:「姫の近くへ案内せよ。」)」
とのたまへば、万(よろづ)もおぼえで、
 「さらば帰り給ふなよ。かくれ(脚注:「隠れる場所。ものかげ。」)作りてすゑ奉らむ、人の起きぬさきに。いざ(脚注:「さあ、私といっしょに。」)給へ」
とて、」


現代語訳より:

「「どういうことをするのであろう」と知りたいので、人の見ていないころ合いを見はからって(小舎人童や随身は少し先にやり、少将は音のしないように)静かにそっと邸内に入り、たいへんたくさん生い茂っている薄の叢の中に(隠れて)立っていた。するとその時、(年のころ)八、九歳ほどの女の子で、たいそう趣深い薄紫色の袙(あこめ)や紅梅の衣などを(垂れ下げたりふぞろいに)乱りがわしく着ている子が、小さい貝を、瑠璃色(るりいろ)の壺(つぼ)に入れて、外から走ってくる。その様子が(いかにも忙しく落ちつかず)あわてているふうなのを、「おもしろい」と(興味をもって少将は)ご覧なさっていると、(女の子は、少将の)直衣の袖を(むら薄の間から)見つけて、「(なんとまあ)ここに人がいる」と、何気なく言う。それゆえに(少将は)困って、
 「ああ、静かに、ねえ。(私は)お話申さねばならないことがあるので、ほんとに、こっそり忍んでここに来た者なのです。そっとこっちへ寄っていらっしゃい」
というと、(女の子は)
 「(私は今)明日のことを考えておりますので。(そっと寄ってこいなんておっしゃっても困ります)今からもう暇がなく、どうも忙しいて落ちつかないんでございますよ」
と(忙しそうに)早口に話しかけて、(そのまま)行ってしまうように見えた。

 (少将は、その様子に興味をひかれて)おもしろく思ったので、
 「(明日のことを思って、今から暇がないなんて)何ごとで、そんなに、忙しく思いなさらずにはいられないのですか。(そんなに忙しいなら)せめてこの(見ず知らずの)私でも『たよりに思おう』というのでしたら、たいへんりっぱな援助も、きっとして上げましょう」
というと、(落ちつかず走り去ろうとしていた女童が)すっかり立ち止まって、(忙しいわけを、次のように語った)
 「ここの姫君と、母上が外(と)の御方なる(すなわち異腹の姉の)姫君とが、『(二人で)貝合をおやりいたしましょう』といって、(どちらの姫君も)この幾月か、たいへんに(貝を)集めていらっしゃいますが、あちらの(異腹の姫君)御方には、大輔の君と侍従の君と(二人)が『姫君が、貝合をおやりなさいます』といって、大げさに吹聴して、(方々から貝をさがし)求めなさるということでございます。ところが、私の御前は、ただ、(弟の)若君ひとりだけで、(ほかに誰も援助して下さる方もありませんので)どうしたらよいか、ほんとうに仕方なく困ると思われますので、(前にもお困りの時はそうでしたが)ただ今もまた、『姉君の御もとに誰か(使いに)やろう』とおっしゃって。(私が、その使いなのです)行ってまいりましょう」
といったので、(少将は、この女童を逃がさぬようにして)
 「その(貝合をなさる)姫君たちが、もしも、うちくつろいだ気楽な様子でいられる時があったら、(その様子を)格子のすき間などからでも(私に)見せて下さい」
というと、(女童は)
 「(私の取り持ちで、御身が姫君たちを垣間(かいま)見られたなどと)他人にお話になったならば(たいへん迷惑いたします)。私の母も、(そんなことをしては)いけないとおっしゃいます。(お手引きなどすれば、姫君はもちろん、母からもしかられます)」
と、(しかられることを)こわがっている。そこで、(少将はさらに)
 「(姫君たちを見たなんて、私が他人に話すものですか。御身の心配は)気違いじみた馬鹿らしいことです。私は(何も)物なぞ(人に)言わない人間ですよ。(だから口外はしません)ただ、『姫君に、勝たせ申そう、勝たせ申すまい』は、万事、私の胸の中にあるんですよ。御身の考えはどうなのですか。(勝たせたいならば、私を)ずっと姫君のお近くに(案内してほしいのです。きっと勝たせてあげますよ)」
とおっしゃると、(女童は、姫君を勝たせたいばかりに)何ごとも考えられずに、
 「それならば、お帰りなさいますなよ。隠れ場所を作って(御身を隠して)置き申しましょう。人の誰も起きないうちに(お隠れなさい)。さあ、こちらへおいで下さい」
といって、(連れて行った)」



「思はぬ方にとまりする少将」より:

「あらすじ」より:

「ある大納言に二人の姫君があり、両親の死後姉妹さびしく過ごしていた。姉には右大将の御子の少将が通い、妹には右大臣の御子の権の少将が通い始める。権の少将は、右大将の奥方の風邪見舞いにかこつけてその邸に泊り、妹君を迎えにやる。手紙もなく、「少将殿から」という口上だったので女房がまちがえ、来たのは姉君であった。権の少将はもっけの幸いと近づき、思わぬ姉君のほうに泊ってしまう。同夜、少将も愛人を迎えにやったがすでに姉君は出かけたあとなので、女房も当然妹君の迎えと勘違いする。少将は日ごろから心ひかれていた妹君と契りを結んでしまう。その後二人の少将は、姉妹のいずれをも深く思って恋を語ったが、その結末はいったいどうなったことであろう。」


「花々のをんな子」より:

「あらすじ」より:

「恋の風流を心得た好き者と自他ともに許す男が、宮中で言いかわした女が自宅へさがっていると聞いて、秋の夕暮ひそかに訪れてのぞき見をすると、多くの女たちが簾を巻き上げてうちとけ、それぞれの女主人たちを秋草の花にたとえて噂している。命婦の君という女が「あの蓮は女院さまに似ています」というと、いちばん上の姉が「りんどうは一品の宮さま」、次の妹が「玉簪花は大后さま」、三番目の妹が「紫苑は皇后さま」などと次々に話し合う。日が暮れ、女たちは主人の境遇を思って歌を詠みかわす。やがて夜も更け寝静まる。男はあせって歌を口ずさむ。聞き知る女もあったが明け方近くなったので男は帰って行く。この大勢の女たちは姉妹で、この好き者といろいろな関係を結んでいた。男は、女郎花にたとえられた左大臣の次女に仕える女に心ひかれているのだった。」


「はい墨」より:

「あらすじ」より:

「下京辺に、身分はあるが、不如意な生活を送る夫婦があった。男は知人の家に出入りしているうちに、そこの娘と恋におちいって通いはじめる。娘の父親は権勢のある人で、娘との同棲を男に迫る。男はやむなくもとの妻に因果を含める。妻は心中で泣きながら家を出て、召し使っていた女の住んでいる大原の里へと去っていった。その供をして行った召使いの少年は、その家の粗末さに驚き、女の心根にたいへん同情して、託された歌を男に伝えた。男はいまさらながら妻の愛情の深さを知って後悔し、大急ぎで家に迎えもどした。
 その後、男は急に思い立って新しい女を訪れた。女はあわてて、おしろいとまちがえて、はい墨を顔にぬりたくり、目ばかり光らせて対面したので、男は愛想をつかして帰ってしまう。男の薄情を怒った両親も、娘の様子に肝をつぶし、娘は泣き出す。呪われたといって陰陽師を呼ぶ騒ぎをしたが、涙でぬれた顔はしだいにもとの白い膚になったのだった。」



「よしなしごと」より:

「あらすじ」より:

「ある人がたいせつにしている娘を、身分ある僧侶が隠し妻にしていたが、年の暮に参籠しようとして、入用な品々を女から贈ってもらった。娘の帰依している僧侶がそれを聞いて、自分も借りたいがとて、諷刺した手紙をやった。その内容がおもしろいので写しておく。「はかないこの世がいやになったから、隠遁したい。地を離れた月日の中に交わり、霞の中に飛び住もうと思う。あなたは情のある人と聞いているからお願いします。まず天の羽衣を下さい。なければ破れ着物でもいい。住むのに檜皮屋・廊・寝殿もほしいが、破れ畳か、薦でも下さい。筵・屏風・盥……すばらしいのがよいが、破れ欠けたのでも結構。食物も願いたい。梨・栗・椎・海苔・糫餅……あらゆる名物がほしい。なければせめて足鍋一つ、長筵一枚、盥一つはぜひ必要です。大空のかげろう、海の水の泡という二人の召使いに託して下さい。この手紙は人に見せないように、返事は天に下さい」
 つれづれだから、以上のつまらないよしなきことを書きつけたのである。」

























































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

すきなことば: 「だれもいない」「ギブアウェイ」「ウポポイ」「隠密」
きらいなことば: 「人と人とのつながり」「キャリアアップ」「ほぼほぼ」「三密」

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本