FC2ブログ

Michel Leiris 『The Ribbon at Olympia's Throat』 tr. by Christine Pichini

「Spade that bleeds black.」
(Michel Leiris 『The Ribbon at Olympia's Throat』 より)


Michel Leiris 
『The Ribbon at Olympia's Throat』
 
Translated by Christine Pichini
Foreword by Marc Augé
SEMIOTEXT(E) NATIVE AGENTS SERIES


Published by Semiotext(e)
Distributed by The MIT Press
286pp, 23.6x15.8cm, clothbound, dust jacket
Printed in the United States of America

Originally published as *Le ruban au cou d'Olympia*



本書には発行年月日の記載がありませんが、版元サイトによると2019年7月刊です。
マネのオランピアの首に巻かれた黒いリボン=ロラン・バルトのいわゆる「プンクトゥム」(気になる細部)を導きの糸として手繰りつつ、自己と世界と現代についてのチラシの裏的考察を繰り広げるレリス晩年の著書(主に断片と詩から成っています)の英訳です。邦訳(『オランピアの頸のリボン』)も出ていますが英訳(クロス装ハードカバー)の新品がアマゾン(マケプレじゃないほう)でなぜか568円(送料込)で売られていたので注文しておいたのが届いたのでよんでみました。



leiris - the ribbon at olympias throat 01



leiris - the ribbon at olympias throat 02



内容:

Leiris and Olympia: *Modernité, merdonité* (Marc Augé)

The Ribbon at Olympia's Throat

About the author




◆本書より◆


「While smoking a cigarette and drinking tea in my bedroom in Paris, the desire often strikes me - irrational but acutely felt - to smoke a cigarette. But I am already smoking, and thus it is absurd to wish to do soemthing that, quite simply, I'm in the middle of doing. Probably, what I actually want is the sense of peace that the act of smoking provides」

(煙草を吸っていて、不意に煙草が吸いたくなる。もう吸っているのに。私がほんとうに欲しているのは、煙草を吸うことによって得られるはずの心の平安なのだろう。)

「Standing upright and casting a shadow that, as time passes, travels around me like the needle of shadow around a sun dial, am I not at the center of the outside world, annular scenery that my eyes reduce to a horizon whose straight line I know to be an illusion, know that in fact it curves until it bites its own tail?」
「Thrown into the world like a pebble, I may join it in any number of ways but will produce nothing that contributes to it and remain, as long as I live, the creator of my own prison: the horizon (nature's apparent limit) that my fall has drawn around me.」


(佇立している私のまわりを回る影、日時計のように。私が世界の中心であり、世界は私を取り巻いて自らの尾を噛む蛇のような地平線なのではなかろうか。
世界のなかに石ころのように投げ出されて、私が作り出すものといえば自らを閉じ込める牢獄すなわち地平線だけだ。)

「*The only poetry is something that you don't think about and that takes shape on its own. It should be a blind and deaf force. And above all, it must never look back at itself. . . *」

(詩とは作者の意図にかかわらず、おのずから形を成すものであり、みずからを振り返ったりしないものだ。)

「I will have, in short, retreated in order to advance, given that this will be the way in which I devote myself to the game, one that is extremely important to me even though its lack of measurable results, or the fact of my not devoting myself to it completely, will become a pattern of remorse.」

(私は前進するために後退するだろう、ゲーム(賭け)に没頭できる限りは。このゲームは結果を出す必要がない。後悔するとすれば完全に没頭できなかった場合だろう。)

「The pasture, the forest, or the river whose view brings us peace, and the thought that the Nature into which we are born and die is not only something that cities hide behind sometimes sordid disguises, but also this, something into which it wouldn't seem so terrible to disappear.」

(見ていると心が落ち着く牧場、森、川。そうした自然のなかにこそ我々は生まれ、そして死んでいく。心安らかに。)

「*Star with branches too spiky
 to gaze at safely.
Blue sky to drown in.
Night whose dawn struggles to scrub itself clean.
Sun that's visible only when one is ill.
Moon, empty plate or silent gong.*」


(目を刺す星芒。青空に溺れる。暁が身の汚れをこすり落とす夜。病者にしか見ることができない太陽。月、からっぽの皿あるいは音のしない銅鑼。)

「Communicating is not a trade (a matter of exchange or give-and-take) but finding yourselves in tune and sharing - albeit in the absence of any serious debate or any confidence worthy of mention - an intimate resonance.」

(コミュニケーションは交易(ギブアンドテイク)ではなく調和と共有、討議したり信任したりする必要のない共振。)

「The final obstacle to total nudity, ( . . . ) the neck-ribbon - almost a thread - whose knot, ( . . . ) forms a double loop ( . . . ) that looks as if it could be undone merely by pullilng on one of its ends.
 More than just an ornament, this bauble that, ( . . . ) was perhaps nothing more than a capricious black line cutting through the whiteness of the nude, is for us the unnecessary detail that hooks us and makes *Olympia* real.」


(わずかに身につけているものといえば、すぐにも外れそうな首のリボンだけ。しかし裸体の白を横断するこの黒い線こそが見る者の関心を引き付け、オランピアにリアリティを与える。)

「. . . Or rather, what fascinates me is less the result, and the help that I theoretically expect from it, than the bricolage itself, whose supposed goal is, when all is said and done, only a pretext.」

(結果を出すとか役に立つとかよりも、私が惹かれるのはブリコラージュの作業そのものであって、作業の目的は口実にすぎない。)

「*Modernity, eternity*: it isn't simply an aesthetic taste for assonance, or even for wordplay, that brings me to draw a parallel between these two notions; I think that in fact there are no better words to describe the two poles I swung between until they ended up nearly merging with, or at the very least superimposing themselves upon, each other.」

(現代性、永遠性。このふたつの極点の間を私は行ったり来たりする、このふたつが混り合ってしまうまで、あるいは少なくとも互いに重なり合ってしまうまで。)

「Priest of no cult, either religious or poliltical, but a magician ( . . . ), a *thief of fire* ( . . . ), impious ( . . . ), idolatry ( . . . ), solitary ( . . . ), the artist or writer who, more likely than the rest of the people in his profession to be deemed "modern" because he is the most radical, has only a slim chance of escaping being damned - as a maverick, an outcast, or even a black sheep - or of receiving anything more than dubious recognition: hence Picasso, crowned by glory with an incomparable halo whose rays, for many philistines, were tinged with evil.」

(宗教的あるいは政治的カルトの司祭ではなく、魔法使い。そして(プロメテウスのような)盗人、不信心者、偶像崇拝者、単独者、芸術家・作家といった存在は、他の人々よりも「現代的」であるとみなされるだろう。最もラディカルな者は、異端者・外道・社会の鼻つまみ者といった、呪われた存在であることをまぬかれない。あるいは怪しい奴の烙印を押されるか。それゆえピカソはこの上ない栄光に包まれながらも、立派な社会人たちにとっては悪党だった。)

「The past in ruins, the present in disarray, the future in tatters: little remains for me apart from the clear awareness of this disaster, catastrophic but minor compared to the one that has begun to break apart the world, in which many of us have lived foolishly believing that the men of our era would at least ensure that it would survive.」

(過去は廃墟、現在は混乱、未来はボロ切れ。そうした自己の破局の認識も、愚かな人類がみずからの存続を当て込んで世界をこなごなにしつつある破局に比べれば些事にすぎない。)

「All the same - and this saddens me - that ribbon, whatever value I may attach to it, is only a poor spider's thread, and I wouldn't dream of claiming it to be a humble strand of the noose that could strangle these monsters in multiple forms: racism ( . . . ), fascism of all kinds ( . . . ), and the other ignominies that, although founded on the most hackneyed ideas, seem to be defiling the world more irrevocably with every passing day.」

(私がどれほど重要視しようと、あのリボンは、結局は弱々しい蜘蛛の糸にすぎず、日々世界を汚染しつつある人種差別主義やあらゆる種類のファシズムやその他の破廉恥(それは人類の本性に即したものであるのだが)を絞め殺すロープでないのは残念だ。)



◆感想◆


本書ではリボンを首に巻いて横たわるオランピアについて再三にわたって言及されていますが、レリス自身が1956年に自殺を試みて失敗し、気管切開の手術跡にマフラーを巻いて病院のベッドに横たわっていたことへの言及はありません。そしてまた、オスカー・ワイルド/リヒャルト・シュトラウス『サロメ』のヨカナーン(ヨハネ)の切られた首への言及はありますが、ゲーテ『ファウスト』の次のようなセリフへの言及はありません。

「フアウスト
 それに妙なのはあの美しい頸の頸飾だな。
 小刀のみねより廣くないやうな、
 赤い紐が一本卷いてあるなあ。
メフイスト さうです。わたしにも見えてゐます。
 ペルセウス(Perseus)に切られた首ですから、
 肩から卸して手に持つことも出來ます。」






こちらもご参照ください:

ミシェル・レリス 『ゲームの規則 Ⅰ 抹消』 岡谷公二 訳
ロラン・バルト 『明るい部屋 ― 写真についての覚書』 花輪光 訳
ジョルジュ・バタイユ 『沈黙の絵画』 宮川淳 訳 (ジョルジュ・バタイユ著作集)
石原吉郎 『石原吉郎全詩集』










































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

すきなことば: 「だれもいない」「ギブアウェイ」「ウポポイ」「隠密」
きらいなことば: 「人と人とのつながり」「キャリアアップ」「ほぼほぼ」「三密」

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本