FC2ブログ

逆柱いみり 『赤タイツ男』

逆柱いみり 
『赤タイツ男』


青林工藝舎 
2004年10月31日 初版第1刷発行
214p(うちカラー8p) 
A5判 並装 カバー 
定価1,500円+税



ファーアウトした いみりワールド。ネコカッパシリーズ。エロあり。クラウトミニマルモンドミュージック風味。


逆柱いみり 赤タイツ男


目次:
 
赤タイツ男・伸縮自在
箱の男
地底人エマニエル
 
解説 (唐沢俊一)

 
 

◆本書について◆

 
・赤タイツ男・伸縮自在
遠藤ミチロウのような赤タイツ男がひたすら町を行く。後半はネコカッパが赤タイツ男の赤タイツを引っぱりつつひたすら町を行く。
 
・箱の男
下半身をカニ風味に改造してから道楽者になってしまった父親をダンボール箱に詰めてスクーターの荷台に載せ「道楽者の海」に捨てるためひたすら町を走り抜ける男。そしてひたすらそれについていくネコカッパ。
『馬馬虎虎(マーマーフーフー)』所収「道楽者の海」(1995―96)のリメイク。
 
・地底人エマニエル
家の地下に住むエマニエル夫人に石燈籠の中のタクワンをスーパーに10万円で売りに行くよう命じられたネコカッパはひたすら町を行く。




































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本