天沢退二郎 訳 『ヴィヨン詩集成』

「わたしはフランソワ――このことがとにかく辛いんだ――
生まれはパリ、ポントワーズの近く。
さて、長さ一トワーズの綱につるされて
首のやつ、臀の重さを悟るだろう。」

(フランソワ・ヴィヨン 「四行詩」)


天沢退二郎 訳 
『ヴィヨン詩集成』

Villon : Œuvres poétiques

白水社 
2000年9月10日印刷
2000年9月25日発行
405p 索引xix 口絵(モノクロ)8p 
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価4,500円+税
装丁: 杉松翠



本書「訳者おぼえがき」より:

「ヴィヨン詩の新訳を私が企てるにいたる最初のきっかけは、一九六五年(中略)にはじまる。具体的には、一九七〇年代に、白水社の『フランス中世文学集』の企画の中で私が南仏・北仏詩を担当することになり、折しも画期的なリシュネルとアンリによる校訂本の刊行を契機に、訳出作業を開始した。そうして訳し溜めた訳稿から、(中略)思潮社版・世界の詩シリーズ1『フランソワ・ヴィヨン』に、新訳稿も交(まじ)えて「ヴィヨン詩集抄」を発表したのが一九八一年。さらに訳出を進めて、『フランス中世文学集1』に『形見』抄、『遺言』抄、『雑詩篇』抄を収録刊行したのが一九九〇年。しかしこの時点で、訳了作品の量は本集成の1/2にも満たなかった。その後の約十年間に、それら旧訳分をも全面的に改訂しつつ、本集成の刊行にまでこぎつけることができるのは、望外の喜びである。」


ヴィヨン詩集成 01


帯文:

「まったく新しい校訂本をもとに、十五世紀の放浪詩人ヴィヨンの迷宮的世界を解読した斬新な口語訳。詳細な注解、解説を付す。
白水社・創立85周年記念出版」



帯裏:

「文学作品の、他国語への翻訳は、一種の演奏であると私は思う。全く同一の楽譜を演奏しても、弾き手が異なれば、味わいの異なる演奏となることは周知の通りだ。ましてや、同じ曲の楽譜にもさまざまな異同がある場合には、演奏の多様性はいよいよ増大してふしぎはない。
ヴィヨン詩の場合がまさにそれだ。(「訳者の言葉」より)」



ヴィヨン詩集成 02


目次:

ヴィヨンの形見分け
ヴィヨンの遺言書
ヴィヨン雑詩篇

注解
解説
ヴィヨン関連年表
ビブリオグラフィー
詳細目次
訳者おぼえがき
起句索引
事項索引
人名索引
 


ヴィヨン詩集成 03



◆本書より◆


「昔日の美女たちのバラード」:

「おしえてよ 今どこに どんな所にいるんだい
あのローマの美しい遊女フロラは
アルキピアダは そして
彼女の血を分けた従姉妹タイースは?
川べや池のほとりで
音をたてればこだま返すエコー
あの人間には及びもつかぬ美の精霊は?
いったいどこにあるんだ 去年の雪は?

どこにいるのですか まこと賢婦人エロイーズ
彼女のためピエール・エバイヤールが
宮せられてサン・ドニの僧院入りした あの美女は?
彼女への愛ゆえにあんな不幸に見舞われたのだ
また 同様に どこにいるあの王妃
総長ビュリダンを袋に詰めて
セーヌ川へ投ぜよと命じた女王は?
いったいどこにあるんだ 去年の雪は?

その歌声はセイレーンさながら
百合のごとく純白(ブランシュ)な孤閨のブランシュ太后は
大足ベルト ビエトリス アリス
メーヌの州を司ったるアランビュルジス
そしてあの勇敢なロレーヌむすめ
ルーアンで英軍に焼き殺されたジャンヌ
どこにいるんだ、マリア様 みんなどこにいるんです?
いったいどこにあるんだ 去年の雪は?

公子よ かの美女たちがいまどこにいるか
決してたずねてはなりませぬ
ただもうこの同じルフランに立ちもどるばかりです―
いったいどこにあるんだ 去年の雪は?




◆参考◆


鈴木信太郎による訳:
 
「疇昔の美姫の賦

語れ いま何処(いづこ) いかなる国に在りや、
羅馬の遊女 美しきフロラ、
アルキビアダ、また タイス
同じ血の通ひたるその従姉妹(うから)、
河の面(おも) 池の辺(ほとり)に
呼ばへば応(こた)ふる 木魂(こだま)エコオ、
その美(は)しさ 人の世の常にはあらず。
さはれさはれ 去年(こぞ)の雪 いまは何処(いづこ)。

いま何処(いづこ)、才(ざえ)抜羣(ばつぐん)のエロイース、
この人ゆゑに宮(きゅう)せられて エバイヤアルは
聖(サン)ドニの僧房 深く籠(こも)りたり、
かかる苦悩も 維(これ) 恋愛の因果也。
同じく、いま何処にありや、ビュリダンを
嚢に封じ セエヌ河に
投ぜよと 命じたまひし 女王。
さはれさはれ 去年(こぞ)の雪 いまは何処。

人魚(シレエヌ)の声 玲瓏(れいろう)と歌ひたる
百合のごと 真白き太后(たいこう)ブランシュ、
大いなる御足(みあし)のベルト姫、また ビエトリス、アリス、
メエヌの州を領(りゃう)じたるアランビュルジス、
ルウアンに英吉利(イギリス)びとが火焙(ひあぶり)の刑に処したる
ロオレエヌの健(たけ)き乙女のジャンヌ。
この君たちは いま何処(いづこ)、聖母マリアよ。
さはれさはれ 去年(こぞ)の雪 いまは何処。

わが君よ、この美しき姫たちの
いまは何処(いづこ)に在(いま)すやと 言問(ことと)ふなかれ、
曲なしや ただ徒(いたづ)らに畳句(ルフラン)を繰返すのみ、
さはれさはれ 去年(こぞ)の雪 いまは何処。」


日夏耿之介による訳:
 
「疇昔(そのかみ)の美姫(やしょめ)の歌(うた)

羅馬(ろま)の麗人(あてびと)フロオラの姫(ひめ)は
いづこにおんわたり候らむ。
そのいと似かよへるタイイスと
アルキピアアダなど阿嬌(あけう)いづちゆきけむ。
水沼(みぬま)幽澗(せゝらぎ)に身がくりて
木魅(こだま)するエコオの姫(ひめ)は
麗容(れいよう)うつし世のものならず
   さはれ故歳(ふるとし)の雪(ゆき)やいづくぞ。

閨秀エロイイズ尼いづくにある
サン・ドニにてピエル・エスバイヤアルの得度(とくど)なせしは
その宮(きゅう)せられしが故とかや、
げにげに恋草(こひぐさ)こそはうらみつらみの種(たね)ぞかし。
ビュリダンを嚢中にとり籠(こ)め
セエヌ川に投じされと
宣(の)り給ひけむ女王(にゅわう)の君はいづれぞや。
   さはれ故歳(ふるとし)の雪(ゆき)やいづくぞ。

海妖(ジレエヌ)の歌口(うたぐち)をなせしてふ
白百合(しらゆり)の女王(にょわう)ブランシュの君(きみ)
玉筍(ぎょくじゅん)ベルタ、ビヤトリイス、アリスの姫(ひめ)、
メエヌを領ぜしアレムブルギスの公主(こうしゅ)
はた、ロレエヌ方(がた)貞婉(ていゑん)の乙女(をとめ)ジャンヌは
英吉利びとこれをルウアンに焚殺(ふんさつ)せりき。
聖貞童女(せいていどうにょ)よ ここらなべての女人(にょにん)だち今いづくにかある。
   さはれ故歳(ふるとし)の雪(ゆき)やいづくぞ。

 反歌
ふるとしの雪やいづくとあざかへし
   このとしこの日趾(あと)とふなゆめ。」



こちらもご参照ください:

『世界の詩 1 フランソワ・ヴィヨン』














































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本