FC2ブログ

武井武雄 『ラムラム王』

「「君は王様だとか旅人だとかいう者の眼からだけしか地上を見てはいないのだ。今度はラムラム王などという名前も捨てて、ただ一匹の獣(けもの)となってこの地球の上を、頭を低く垂れて這(は)ってみるがいい。」」
(武井武雄 『ラムラム王』 より)


武井武雄
『ラムラム王』 


発行: 銀貨社
発売: 星雲社
編集・制作: 九月館
1997年12月26日 第1刷発行
1998年11月10日 第2刷発行
162p
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価1,500円+税
カバー・デザイン: 竹川公一



本書「「ラムラム王」について」より:

「「ラムラム王」は大正十三年に「フンヌエスト、ガーマネスト、エコエコ、ズンダラーラム王」というタイトルで児童雑誌「金の星」(大正十三年三月号)に掲載されました。この時は一話完結の物語(本書の第一章の部分です)になっていましたが、(中略)大正十三年五月号から十一月号まで七回にわたって、「ラム王の一生」というタイトルで連載されました(本書の第二章から第八章の部分です)。もちろん、挿し絵は武井武雄氏本人によるものです。
 そして、大正十五年四月にそれらをまとめたものが叢文閣から「ラムラム王」という題名で単行本化されました。単行本化にあたって、挿し絵を新たに書き下ろし、テキストも若干変更されています。」
「その後、昭和三十九年九月に刊本作品の五十五番目として、再び刊行されますが、この時にもテキストの一部に加筆・訂正が行われています。また、挿し絵も(中略)新たに書き下ろされています。」
「本書で使用したテキストは(中略)刊本作品のテキストを使用しています。ただし、(中略)用字用語を中心に一部を(中略)変更しました。
 挿し絵は(中略)叢文閣版のものを使用しており、本書のカバーの折り返しにある絵は叢文閣版では口絵として使用されたものです。」



武井武雄 ラムラム王 01


帯文:

「【おとぎの国の王様、武井武雄のナンセンス・ワールド】
ほんとうの“生まれがい”ってなんだろう………………
不思議で奇想な物語
日本児童文学大正ルネッサンス期に生まれた幻のおはなし」



帯背:

「幻の
ナンセンス文学」



帯裏:

「――うちのラムラム王はいつの間にか魔物に食べられてしまったんだよまあ――
ラムラム王のお母さん
――たとえゴム人形でも命のある奴ならいい拾いものだ。今蠟燭のところへ持って行ってジイジイと焼き殺してそのお代の代わりに泥棒を一匹こしらえてやろう――
六萍の精の牝
――僕はマジックの方を少しばかりやるしね。それから花のかげで蟋蟀にタランテラを踊らせて、旅人からいくらかのお金をもらっているんだ――
お星様
――時というものが昔の方へほどけていくんだ。お前のような奴がこの島に来るからこそ、時の機械がさかさまに廻り出したんだ――
時計屋のチックタック
(本文より)」



武井武雄 ラムラム王 02


内容:

ラムラム王 (文・絵: 武井武雄)
 1~8

「ラムラム王」について
武井武雄(たけい たけお)



武井武雄 ラムラム王 03



◆本書より◆


「1」より:

「空の西の方に不思議な星があらわれました。この時、東京から九万マイル、ロンドンから九万マイルのエッペ国という国の貧乏な珊瑚削(さんごけず)りの仕事場の隅のぼろの中で一人の赤ん坊が生まれたのです。」
「赤ん坊は男の子、お父さんはさっそく名前をつけました。その名前というのがフンヌエスト・ガーマネスト・エコエコ・ズンダラー・ラムラム王というのです。(中略)王と言っても決して王様なのではありません。王は名前の中にはいっているだけで、やっぱり貧乏人の赤ん坊に過ぎませんでした。
 この不思議な星を見たことから、村の人たちは第二のキリストが生まれた、と言って騒ぎました。それからフンヌエスト・ガーマネスト・エコエコ・ズンダラー・ラムラム王などといちいち呼んでいた日には、どうもこめかみのところが痛くなってくるので、誰言うとなくただラムラム王と呼ばれるようになりました。」



「6」より:

「するとちょうどそれから十二晩目に、湖水(こすい)のへりを向こうの方からトボトボと歩いてくる一人のお星様に出くわしました。お星様は無愛想(ぶあいそう)にたずねました。
 「君は今までよく方々で出逢(であ)う男だが、一体どこへ行く気でぶらぶらしているんだい」
 「西の方へ行くんだ」
 これを聞いてお星様は鈴のような声を出して笑いました。
 「西って、君、馬鹿だなア、地球というものは円(まる)いんだから折角(せっかく)西へばかり行っていると、またもとのところへ戻ってしまうよ」」
「それから間もなく二人はホテルの一等室へ泊り込みました。ホテルの入口には――くらげの面ホテル――と書いてありました。
 ラムラム王は星なんかというものは一体どんなものを食べるのかしらと思っていると、お星様は食堂で『とろろ』と蛍草(ほたるぐさ)と角砂糖とを注文しました。やがてお星様は小指と拇指(おやゆび)とで巧(たく)みにスプーンを持ってうまそうにとろろをすすりながら、「僕は流れ星だからね」と言ってニヤリと笑いました。」

「「君は王様だとか旅人だとかいう者の眼からだけしか地上を見てはいないのだ。今度はラムラム王などという名前も捨てて、ただ一匹の獣(けもの)となってこの地球の上を、頭を低く垂れて這(は)ってみるがいい。」」

「獣の世界には強いものと弱いものとはありましたが、王様もなければ家来も兵隊もありませんでした。その代わり神様がいつも一緒にこの獣たちと遊んでおいでになりました。人間の眼にはとてもこの神様のお姿は偉過(えらす)ぎて見ることができないので、いろいろの命だとか、お釈迦(しゃか)さまだとか、エス様だとか、そういう人たちのお姿を透(とお)して拝(おが)んでいるのに、獣たちは本当にのんきに神様になついて遊んでいました。なるほど獣の中には一匹だって心配そうな顔をしたのがいないのは神様と始終(しじゅう)一緒にいるからだな、と思いました。」



「8」より:

「釣針は三センチ四方くらいの象牙(ぞうげ)の板に変わっていました。それをよくよく見ると、蟻(あり)の足で書いたような細かい文字がありました。

  ・神様のいらっしゃる所、番地
 
 まずこういうみだしのようなものがあって、
 
  たとえば花の雄(お)しべと雌(め)しべとの根もとを割ってごらん、
    そこにいらっしゃらなかったら虫眼鏡(むしめがね)で覗(のぞ)いてごらん。
 
 ははア、学問でいろいろの不思議を調べることだな、と思いました。
 
   美しいものや感じたものがあったら、しるしてごらんなさい。
 
 絵をかいたり歌を作ったりしてもまた神様に近づけるというわけかしら、と思いました。
  
   またえらい聖人の教えに手を合わせていると、
     いつかお姿が見えることがあるかもしれない。
  
 これで板の両面がおしまいになりました。ラムラム王は、だがいつかなんの知恵もない獣の世界にも神様が遊んでいらっしゃるのを見たが、あすこのことは落としているな、と思いました。」



「「ラムラム王」について」より:

「最後に、挿し絵の各所に入っている「RRR」のサインについて、刊本作品にある著者の「あとがき」から一部を引用します。
 『私はこの話を書いた時から昭和十三年までの間RRRというサインで絵を描いたが、それは Roi Ram Ram から出たラムラム王の紋章を襲用したのがその始まりである。この人物の生れ変りが、もし自分だとすれば盗用にはならないと考えたからである。』」


 
武井武雄 ラムラム王 04



◆感想◆


ラムラム王の特技は変身の術で、七歳の時に珊瑚削りのロクロに変身してお父さんを驚かせ、干葡萄や耳くそに変身してお母さんに魔物だと疑われ、家を追い出されてしまいます。
磁石国の大磁石に吸いつけられていた馬車の中から助け出したギニビヤ姫と結婚したものの、生きがいを見つける役に立つという黒曜石の釣針を探して西の方へ旅をする途中で、脚のひょろ長い鬼になった人間がたくさん棲んでいる毒藻の海や、時間が逆行する国などを経巡ります。魚に変身してようやく釣針を見つけたと思ったら煙突掃除人に釣られて奴隷にされたりしますが、最終的にはめでたしめでたしです。
釣針(が変化した象牙の板)に書かれている言葉についてのくだりは、科学と芸術と宗教の(人間中心的でない)統合という点で、宮沢賢治に通じるものがあって興味深いです。


武井武雄 ラムラム王 05

























































































































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本