塚本邦雄 主要著作リスト

塚本邦雄3
 
塚本邦雄 主要著作リスト
 
◆序数歌集◆
第一歌集 水葬物語 メトード社 1951年8月
第二歌集 装飾楽句 作品社 1956年3月
第三歌集 日本人霊歌 四季書房 1958年10月
第四歌集 水銀伝説 白玉書房 1961年2月
第五歌集 緑色研究 白玉書房 1965年5月
第六歌集 感幻楽 白玉書房 1969年9月
第七歌集 星餐図 人文書院 1971年12月
第八歌集 蒼鬱境 湯川書房 1972年8月
第九歌集 青き菊の主題 人文書院 1973年10月
第十歌集 されど遊星 人文書院 1975年6月
第十一歌集 閑雅空間 湯川書房 1977年6月
第十二歌集 天変の書 書肆季節社 1979年7月
第十三歌集 歌人 花曜社 1982年11月
第十四歌集 豹変 花曜社 1984年8月
第十五歌集 詩歌変 不識書院 1986年9月
第十六歌集 不変律 花曜社 1988年3月
第十七歌集 波瀾 花曜社 1989年8月
第十八歌集 黄金律 花曜社 1991年4月
第十九歌集 魔王 書肆季節社 1993年3月
第二十歌集 献身 湯川書房 1994年11月
第二十一歌集 風雅黙示録 玲瓏館 1996年10月
第二十二歌集 汨羅変 短歌研究社 1997年8月
第二十三歌集 詩魂玲瓏 柊書房 1998年10月
第二十四歌集 約翰伝偽書 短歌研究社 2001年3月
 
◆未刊歌集◆
驟雨修辞学 大和書房 1974年6月
透明文法 大和書房 1975年12月
初学歴然 花曜社 1985年9月
 
◆間奏歌集◆
青帝集 湯川書房 1973年3月
黄冠集 書肆季節社 1973年11月
森曜集 書肆季節社 1974年11月
芒彩集 文化出版局 1975年5月
摩多羅調 書肆季節社 1975年9月
睡唱群島 文化出版局 1976年6月
新月祭 書肆季節社 1976年9月
白露帖 書肆季節社 1976年11月
新歌枕東西百景 毎日新聞社 1978年9月
海の孔雀 書肆季節社 1978年12月
香霞帖 書肆季節社 1982年3月
花劇 書肆季節社 1985年11月
風雅 書肆季節社 1987年8月
玲瓏 玲瓏叢書I 書肆季節社 1988年8月
ラテン吟遊 短歌新聞社 1989年4月 (川勝實氏の写真入り『巴里眩暈紀行』(書肆季節社)収録歌は本歌集に再録されている)
詞花芳名帖 書肆季節社 1990年11月
薄明母音 書肆季節社 1992年3月
 
◆全歌集◆
塚本邦雄歌集 白玉書房 1970年12月
定本 塚本邦雄湊合歌集 文藝春秋 1982年5月
塚本邦雄全集 全十五巻 別巻I ゆまに書房 1998年11月~2001年6月
 
◆自選歌集◆
茴香変 湯川書房 1971年6月
眩暈祈祷書 審美社 1973年7月
反婚黙示録 大和書房 1979年11月
寵歌 花曜社 1987年11月
塚本邦雄歌集 現代歌人文庫1 国文社 1988年9月
塚本邦雄歌集 短歌研究文庫16 短歌研究社 1992年12月
続・塚本邦雄歌集 現代歌人文庫31 国文社 1998年12月
寵歌変 短歌新聞社 2005年5月
 
◆句集◆
断弦のための七十句 書肆季節社 1973年4月 (「燦爛」に収録)
句集 燦爛 書肆季節社 1985年11月 (巻末に「断言のための七十句」を再録)
甘露 俳句の現在 別巻I 三一書房 1987年8月
独吟連句 花鳥星月 書肆季節社 1977年10月
句歌雙咲 翠華帖 書肆季節社 1981年11月
 
◆定型詩劇◆
ハムレット 深夜叢書社 1972年10月
 
◆小説◆
悦楽園園丁辞典 薔薇十字社 1971年2月 (増補改訂版は「新・悦楽園園丁辞典」
紺青のわかれ 中央公論社 1972年2月
藤原定家―火宅玲瓏 人文書院 1973年3月 長篇
連弾 筑摩書房 1973年5月
十二神将変 人文書院 1974年5月 長篇 (のち、河出文庫より再刊)
夏至遺文 書肆季節社 1974年6月
雨の四君子 六法出版社 1974年11月
獅子流離譚―わが心のレオナルド 集英社 1975年3月 長篇
黄昏に献ず 大和書房 1975年3月
恋―六百番歌合―《恋》の詞花対位法 上・下 文藝春秋 1975年6月
琥珀貴公子 六法出版社 1975年7月
空蝉昇天 書肆季節社 1975年12月 (『トレドの葵』に収録)
露とこたへて―業平朝臣歌物語 文藝春秋 1976年4月 長篇
遊神図 文藝春秋 1976年8月
荊冠伝説―小説イエス・キリスト 集英社 1976年8月 長篇
絵詞 夷蘇府譚 挿絵・萩原英雄 文化出版局 1976年9月 
菊帝悲歌―後鳥羽院 集英社 1978年5月 長篇
星月夜の書 湯川書房 1981年8月
新・悦楽園園丁辞典 花曜社 1983年11月 (増補改訂版)
トレドの葵 花曜社 1986年2月 (単行本「聴け、雲雀を」「虹彩和音」「柘榴」「空蝉昇天」は本書に収録されている)
新・絵釈夷蘇府 花曜社 1990年11月 (本文は「絵詞 夷蘇府譚」と同じ)
十二神将変 河出文庫 河出書房新社 1997年5月 (1974年刊単行本の文庫化)
 
◆評論集◆
夕暮の諧調 人文書院 1971年9月 (のち、本阿弥書店より「定本 夕暮の諧調」として再刊)
定型幻視論 人文書院 1972年10月
序破急急 筑摩書房 1972年11月
定家百首―良夜爛漫 河出書房新社 1973年6月 (のち、河出文芸選書、河出文庫。講談社文芸文庫「定家百首・雪月花(抄)」 に収録)
花隠論―現代の花伝書 読売選書27 読売新聞社 1973年8月
詞華栄頌 審美文庫16 審美社 1973年10月
麒麟騎手―寺山修司論 新書館 1974年7月 (沖積舎から年譜・塚本青史氏による跋文・著作リストを付した新装版が刊行されている)
百句燦燦 講談社 1974年10月 (のち、講談社文芸文庫)
煉獄の秋 人文書院 1974年11月
王朝百首 文化出版局 1974年12月 (のち、講談社文芸文庫) 
藤原俊成・藤原良経 日本詩人選23 筑摩書房 1975年6月
薔薇色のゴリラ―名作シャンソン百花譜 人文書院 1975年9月 (増補改訂版が北澤図書出版より刊行されている)
雪月花―絶唱交響 読売新聞社 1976年3月 (講談社文芸文庫「定家百首・雪月花(抄)」 に抄出収録)
玉蟲遁走曲 白水社 1976年8月
翡翠逍遥―韻文の遠近法的考察 湯川書房 1977年1月
非在の鴫 人文書院 1977年2月
茂吉秀歌―『赤光』百首 文藝春秋 1977年4月 (のち、講談社学術文庫)
君が愛せし―鑑賞古典歌謡 みすず書房 1977年10月
国語精粋記 講談社 1977年10月 (新装版は創拓社、1990年7月)
詞華美術館 文藝春秋 1978年5月
断言微笑―クロスオーバー評論集 読売選書 読売新聞社 1978年8月
茂吉秀歌―『あらたま』百首 文藝春秋 1978年9月 (のち、講談社学術文庫)
秀吟百趣 毎日新聞社 1978年10月
百花遊歴 文藝春秋 1979年3月
稀なる夢 小沢書店 1979年6月
珠玉百歌仙 毎日新聞社 1979年6月
虹彩と蝸牛殻―映画とシャンソン みすず書房 1979年6月
風神放歌―加藤かけいの宇宙 書肆季節社 1979年7月
幻想紀行―地図を歩く 毎日新聞社 1980年1月
緑珠玲瓏館 文藝春秋 1980年2月
ことば遊び悦覧記 河出書房新社 1980年3月 (同じ版元からの新装版あり)
詩歌宇宙論 読売新聞社 1980年7月
新撰 小倉百人一首 文藝春秋 1980年11月
茂吉秀歌―『つゆじも』~『石泉』百首 文藝春秋 1981年2月 (のち、講談社学術文庫)
句句凜凜―俳句への扉I 毎日新聞社 1981年2月
半島―成り剰れるものの悲劇 日本風景論 白水社 1981年12月
華句麗句―俳句への扉II 毎日新聞社 1982年1月
けさひらく言葉 その一 毎日新聞社 1982年6月
百珠百華―葛原妙子の宇宙 花曜社 1982年6月 (新装版が砂子屋書房より刊行されている)
句風颯爽―俳句への扉III 毎日新聞社 1982年10月
けさひらく言葉 その二 毎日新聞社 1982年11月
詩魂紺碧―詩歌の末来 花曜社 1983年3月
清唱千首 冨山房百科文庫35 冨山房 1983年4月 (同内容の「愛蔵版」が刊行されている)
愛蔵版 清唱千首 冨山房 1983年5月
花月五百年―新古今天才論 角川書店 1983年11月
芳香領へ―香気への扉 ポーラ文化研究所 1983年11月
定家百首―良夜爛漫 河出文庫 河出書房新社 1984年4月 (単行本文庫化)
味覚歳時記―木の実・草の実篇 角川選書149 角川書店 1984年8月
花名散策 花曜社 1985年6月
茂吉秀歌―『白桃』~『のぼり路』百首 文藝春秋 1985年11月 (のち、講談社学術文庫)
けさひらく言葉 文春文庫 文藝春秋 1986年1月
うつつゆめもどき―毒舌いろは歌留多 創元社 1986年9月
先駆的詩歌論 花曜社 1987年3月
茂吉秀歌―『霜』~『つきかげ』百首 文藝春秋 1987年9月 (のち、講談社学術文庫)
定本 夕暮の諧調 本阿弥書店 1988年11月
国語精粋記 (新装版) 創拓社 1990年7月
現代百歌園―明日にひらく詞華 花曜社 1990年7月
新装版 ことば遊び悦覧記 河出書房新社 1990年8月
花より本 創拓社 1991年7月
不可解ゆゑに我愛す―真の西行・茂吉を求めて 花曜社 1991年9月
詩歌博物誌 其之壱 彌生書房 1992年12月
詩趣酣酣 北澤図書出版 1993年9月
世紀末花伝書 文藝春秋 1993年12月
嵯峨御流花の源氏五十四帖 同朋舎出版 1995年4月 (「源氏物語五十四帖題詠」参照)
残花遺珠―知られざる名作 邑書林 1995年6月
増補改訂版 薔薇色のゴリラ―名作シャンソン百花譜 北澤図書出版 1995年10月 (1975年9月人文書院刊の初版を補筆・改正・削除、「世紀末花伝書」から数篇を増補)
詞歌博物誌 其之弐 彌生書房 1998年5月
百珠百華―葛原妙子の宇宙 砂子屋書房 2002年5月 (「葛原妙子全歌集」刊行に際して新装復刊。初版は1982年6月花曜社刊)
源氏物語五十四帖題詠 ちくま学芸文庫 筑摩書房 2002年10月 (1995年4月刊「嵯峨御流花の源氏五十四帖」の文庫版)
麒麟騎手―寺山修司論 沖積舎 2003年10月 (新装版。初版は1974年7月、新書館)
ほろにが菜時記 ウェッジ選書39 ウェッジ 2010年5月 (未刊エッセイ・没後出版)
西行百首 講談社文芸文庫 講談社 2011年3月 (文庫オリジナル・没後出版)
異国美味帖 幻戯書房 2013年7月 (未刊エッセイ・没後出版)

 
◆対談・講演◆
火と水の対話 共著・寺山修司 新書館 1977年12月
新古今新考―断崖の美学 花曜社 1981年10月
詩歌星霜―王朝より現代への架橋 花曜社 1982年8月
新古今集新論―二十一世紀に生きる詩歌 岩波セミナーブックス57 岩波書店 1995年11月
独断の栄耀―聖書見ザルハ遺恨ノ事 葉文館出版 2000年5月 (安森敏隆との対談および講演)
※なお、「源氏物語五十四帖題詠」巻末に島内景二との対談が、未刊歌集「初学歴然」に1984年5月広島県呉市「呉歌人協会」での講演が収録されている。

◆編著◆
鑑賞日本現代文学⑨ 斎藤茂吉 角川書店 1981年10月

◆塚本邦雄論◆
岡井隆 『辺境よりの註釈―塚本邦雄ノート』
笠原芳光 『塚本邦雄論―逆信仰の歌』
磯田光一 編 『塚本邦雄論集』
北嶋廣敏 『探検百首・塚本邦雄の美的宇宙』

◆特集雑誌◆
「國文學 解釈と教材の研究」 51年1月号 第21巻1号 (通巻289号)
特集: 美の狩人 塚本邦雄と寺山修司



塚本邦雄1
 
 
塚本邦雄2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本