Maria Sibylla Merian 『Insects of Surinam』 (Taschen)

Maria Sibylla Merian 
『Insects of Surinam』

Metamorphosis Insectorum Surinamensium 1705

Taschen, 2009
192pp, 35x26cm, hardcover
Author: Katharina Schmidt-Loske
English translation: Joan Clough
French translation: Jeanne Etoré-Lortholary
Editing and editorial coordination: Ute Kieseyer
Printed in China



タッシェンから出たマリア・シビラ・メーリアンの「スリナム昆虫誌」です。
初版(1705年)の図版全60点、初版タイトルページ1点、部分拡大図(全ページ15点/見開き5点)、解説中参考図版21点。全てカラー印刷です。
Katharina Schmidt-Loske によるメリアン評伝および図版解説は英独仏三ヶ国語併記です。
丸背紙装上製本(継ぎ表紙、背の部分は布)、表紙はエンボス加工が施されています。カバー(ダストジャケット)は元から無いタイプです。
本書と同じデザインでデザリエ・ダルジャンヴィルの「貝殻図鑑」が同時刊行されています。



merian - insects of surinam 01


Contents:

Katharina Schmidt-Loske:
Maria Sibylla Merian's "extremely costly" journey to nature's treasure-house
Maria Sibylla Merians "kostbare" Reise in die Schatzkammer der Natur
Maria Sibylla Merian ou la découverte des trésors de la nature

Katharina Schmidt-Loske:
Plates with commentaries
Tafeln mit Bilderläuterungen
Planches avec commentaires

Bibliography
Bibliografie
Bibliographie



merian - insects of surinam 02


merian - insects of surinam 03


merian - insects of surinam 04


merian - insects of surinam 05



◆本書より◆


「As an artist, Merian was particularly interested in the *Metamorphosis naturalis* (Natural Metamorphosis, 1662-1669) of Johannes Goedaert (1620-1668), an entomologist and painter who spent more than 25 years raising caterpillars and hatching butterflies from them. In the three volumes of his work, he described the natural stages in the metamorphosis of the butterfly although he did not go back to the egg as the initial stage because he believed in the spontaneous generation theory. That did not prevent Merian from viewing him as a role model. His religious views in particular interested her. Goedaert applied the idea of the Resurrection to three stages in the life of a butterfly, and just as the earthbound worm, that is, the caterpillar, entered the larval stage, only to fly into the skies as a butetrfly, man died and his soul ascended to God. For Merian, studying caterpillars and the transformations they underwent represented a form of devotion. Even in her first book on caterpillars (1679) she wrote: "Seek not in this to honour me but God alone, to praise him as the creator of even the smallest and least of worms."」

(アーティストとしてのメリアンは「自然のメタモルフォーシス」の著者ヤン・ホダートを役割モデルとしていた。ホダートは蝶の変態に、死後の人間の魂が神のもとに昇っていくという宗教的観念を重ね合わせていた。芋虫に関する最初の著作でメリアンは「この仕事を通して私ではなく万物の創造主である神が称賛されますように」と記している。)




こちらもご参照ください:

荒俣宏 編著 『Fantastic Dozen 第8巻 昆虫の劇場』
Antione-Joseph Dezallier d'Argenville 『Shells』 (Taschen)


































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本