John Cage "A Year From Monday: New Lectures and Writings"

John Cage
『A Year From Monday:
New Lectures and Writings』


Wesleyan University Press, 1967, First paperback edition March 1969
167p, 21x17.5cm



Wesleyan University Press のジョン・ケージ著作集シリーズ二冊目。
わたしが買ったのは2000年代に入ってからの増刷だとおもいます。

シリーズ内容は:

Silence: Lectures and Writings
A Year from Monday: New Lectures and Writings
M: Writings '67-'72
Empty Words: Writings '73-'78
X: Writings '79-'82


john cage - a year from monday 1

 
「音楽にたいする興味をしだいに失いつつあるのは、環境音やノイズの方が音楽文化によって作られる音よりも美学的に有用だということがわかったためだけではなく、つまるところ、作曲家というのがたんに他のだれかに指図するだれかであるにすぎないということがわかったからだ。わたしはわたしたちの活動をもっと社会的な(それもアナーキーに社会的な)ものにしたい。」
(「序文」)

「鈴木(大拙)先生は語った。「禅を学ぶまえには、人間は人間であり、山は山である。禅を学んでいるうちに、ものごとの区別がつかなくなって、なにがなにでどれがどれなのかわからなくなる。禅を学んだあとでは、人間は人間であり、山は山である」。そこで質問が出た。「鈴木先生、禅を学ぶまえの人間は人間であり山は山であると、禅を学んだあとの人間は人間であり山は山であるとの違いはなんですか?」。鈴木は答えた。「同じだよ。ただちょっとだけ、足が地面から離れたような気がするだけさ」。
 さて、音楽を学ぶまえには、人間は人間であり、音は音である。音楽を学んでいるうちは、ものごとはあいまいだ。音楽を学んだあとでは、人間は人間であり、音は音である。すなわち、最初のうちは、音をきくと、それが人間ではなく、見るべきものではないとわかる。音は高いか低いかでしかない。」
(「ジュリアード講演」)



CONTENTS:
 
Foreword
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) 1965
Diary: Emma Lake Music Workshop 1965
Seriously Comma
Happy New Ears!
Two Statements on Ives
Mosaic
Diary: Audience 1966
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) Continued 1966
26 Statementes Re Duchamp
Jasper Johns: Stories and Ideas
Miro in the Third Person: 8 Statements
Nam June Paik: A Diary
Where Do We Go From Here?
Juilliard Lecture
Lecture on Commitment
Rhythm Etc.
How to Pass, Kick, Fall, and Run
Talk I
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) Continued 1967
Afterword



john cage - a year from monday 2


「Two Statements on Ives」


john cage - a year from monday 3


「Juilliard Lecture」
 
 
john cage - a year from monday 4


「How to Pass, Kick, Fall, and Run」


john cage - a year from monday 5

「Talk I」






































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本