FC2ブログ

石原吉郎 『石原吉郎全詩集』

「花ひらくごとき傷もち生きのこる」
(「石原吉郎句集」 より)


石原吉郎 
『石原吉郎全詩集』


花神社 
1976年5月1日 初版第1刷発行
592p 初出一覧x 著作目録1p 
A5判 丸背布装上製本 貼函 
定価4,800円
装幀・挿画: 著者

手帖 (16p):
〈文章倶楽部〉のころ(谷川俊太郎)/「ロシナンテ」・神話の時代(河野澄子)/「鬼」の時期の石原吉郎(大野新)/「罌粟」における石原吉郎(中平耀)/東京詩学の会における石原吉郎(宇佐美敦子)/石原さんの膝(新川和江)/「墓」解読私案(大岡信)/編集室から/年譜



本書「メモ」より:

「この詩集には『サンチョ・パンサの帰郷』から『北條』に至る詩篇の全部と、「ロシナンテ」および「文章倶楽部」に掲載された詩篇で前記の諸詩集に未収録のもの、および抑留中の詩篇で記憶にあるもの四篇を収録、さらに俳誌「雲」に掲載された俳句のほぼ全部を加えた。」


本書以降に詩集『足利』、遺稿詩集『満月をしも』、歌集『北鎌倉』が刊行されています。


石原吉郎全詩集 01


帯文:
 
「衝撃の処女詩集『サンチョ・パンサの帰郷』から最近詩集『北條』までの全詩集と未刊詩篇およびシベリアの強制収容所で作られ記憶の中に再現された幻のシベリア詩篇を収録、さらに『石原吉郎句集』をもあわせて一冊にまとめ、石原吉郎の全貌を伝える待望の詩集。」

 
帯背:

「『サンチョ・パンサの帰郷』から『北條』までの全詩集」



目次:
 
詩集〈サンチョ・パンサの帰郷〉
 位置
 条件
 納得
 事実
 馬と暴動
 Gethsemane
 葬式列車
 デメトリアーデは死んだか
 その朝サマルカンドでは
 脱走
 コーカサスの商業
 やぽんすきい・ぼおぐ
 その日の使徒たち
 最後の敵
 サンチョ・パンサの帰郷
 耳鳴りのうた
 五月のわかれ
 霧と町
 ヤンカ・ヨジェフの朝
 狙撃者
 くしゃみと町
 ゆうやけぐるみのうた
 夜がやって来る
 棒をのんだ話
 サヨウナラトイウタメニ
 アリフは町へ行ってこい
 絶壁より
 岬と木がらし
 酒がのみたい夜
 自転車にのるクラリモンド
 さびしいと
 風と結婚式
 夏を惜しむうた
 貨幣
 病気の女に
 夜盗
 足ばかりの神様
 勝負師
 お化けが出るとき
 武装
 伝説
 夜の招待

詩集 〈いちまいの上衣のうた〉
 しずかな敵
 麦
 瓜(うり)よ
 埋葬式
 安否
 審判
 ひとりの銃手
 生涯・1
 オズワルドの葬儀
 指輪
 花であること
 土地
 白夜
 自由というもの
 風琴と朝
 霧のなかの犬
 いちまいの上衣のうた
 ひとつの傷へ向けて
 白い駅で
 風と
 別離
 欠落
 大寒の日に
 シベリヤのけもの
 陸軟風
 おわかれに
 直系
 屋根・1
 まないた
 食事
 膝
 決着
 鍋
 縄
 琴
 対座
 寝がえり
 待つ
 橋をわたるフランソワ
 泣いてわたる橋
 ごむの長ぐつ
 二列半の敗走
 残党の街
 卑怯者のマーチ
 馬に乗る男の地平線
 霰
 本郷肴町
 そのころのはなし
 死んだ男へ
 義手
 定義
 点燭

詩集〈斧の思想〉
 使徒行伝
 Frau komm !
 犬を射つ敵
 残り火・1
 竹の槍
 河
 落差
 斧の思想
 北冥
 一九五〇年十月十五日
 像を移す
 切り火
 錐
 閾(しきい)
 重量
 真鍮の柱
 泣きたいやつ
 慟哭と芋の葉
 居直りりんご
 便り
 木のあいさつ
 月が沈む
 契約
 六月のうた
 見る
 しりもち
 カリノフスキイははたらいたか
 ひざ
 皿
 支配
 霧と精神
 足あと
 背後
 検証
 物質
 しずかな日に
 月明
 フェルナンデス
 銃声
 落日
 海をわたる
 姓名
 ドア
 方向
 若い十字架

詩集〈水準原点〉
 Ⅰ
 橋
 非礼
 皇后の首飾り
 水準原点
 残党
 ゼチェ
 海嘯
 粥・2
 うなじ・もの
 右側の葬列
 墓
 戒名
 落魄
 うしろ姿
 帽子のための鎮魂歌
 区切る
 懲罰論
 眉を考える顔
 片側
 橋があった話
 いちごつぶしのうた
 小さな悪魔
 動物園
 じゃがいものそうだん
 Ⅱ
 測錘(おもり)
 蝙蝠のはなし
 猫が憑いた話
 粥・1
 生涯・2
 今日という日のうた
 火つけの町
 国境
 兇器
 義手について
 花になるまで
 街で
 雑踏よ
 詩が
 クラリモンド

詩集〈禮節〉
 断念
 レギオン
 満月
 礼節
 ロシヤの頬
 素足
 色彩
 虹
 手紙
 朝
 姿
 水よ
 神話
 キャンパスで
 ユーカリ
 名称
 食事
 橋
 犯罪
 闇と比喩
 残り火・2
 義務
 冒頭
 構造
 やさしさ
 板
 全盲
 上弦
 時間
 魄
 信仰と貿易
 正統
 地
 重量
 音楽
 しずかなもの
 世界がほろびる日に
 帰郷
 道

詩集〈北條〉
 一條
 北條
 さくら
 藤Ⅰ
 藤Ⅱ
 北鎌倉扇ケ谷
 蕭条
 流涕
 常住
 都
 挙手
 和解
 窓
 痛み
 瞬間
 病気
 悔い
 牢獄から
 耳を
 門
 夜明けと肩
 空腹な夜の子守唄
 風
 風のなかの飢え
 月明り
 風と枝
 椅子
 掩蔽
 屋根・2
 壁
 三昧
 ふいに
 位牌
 世界より巨きなもの
 のりおくれた天使
 若い人よ
 色彩
 衰弱へ

句集〈石原吉郎句集〉
 句集
 自句自解

未刊詩篇
 Ⅰ 文章倶楽部・ロシナンテから
 結実期
 予感
 黄色い時間
 古い近衛兵
 波止場で
 悪意
 Metamorphose
 生きる
 Ⅱ シベリア詩篇から
 石
 雲
 裸火
 くさめ

六つのあとがき
 1 詩集〈サンチョ・パンサの帰郷〉のために
 2 〈石原吉郎詩集(一九六七年版)〉のために
 3 〈石原吉郎詩集(現代詩文庫版)〉に収録
 4 全詩全評論集〈日常への強制〉のために
 5 詩集〈水準原点〉のために
 6 〈石原吉郎句集〉のために

メモ
初出一覧 (制作: 大西和男)
石原吉郎著作目録



石原吉郎全詩集 02



◆本書より◆


「事実」より:

「見たものは
見たといえ」



「最後の敵」より:

「薔薇のように傷あとが
耳たぶのうしろで匂っている
そんな男に会っては
いけないのか」



「サンチョ・パンサの帰郷」より:

「驢馬よ とおく
怠惰の未明へ蹄をかえせ」

「驢馬よ いまよりのち
つつましく怠惰の主権を
回復するものよ」



「夜がやって来る」:

「駝鳥のような足が
あるいて行く夕暮れがさびしくないか
のっそりとあがりこんで来る夜が
いやらしくないか
たしかめもせずにその時刻に
なることに耐えられるか
階段のようにおりて
行くだけの夜に耐えられるか
潮にひきのこされる
ようにひとり休息へ
のこされるのがおそろしくないか
約束を信じながら 信じた
約束のとおりになることが
いたましくないか」



「自転車にのるクラリモンド」より:

「そうして目をつぶった
ものがたりがはじまった」



「ひとつの傷へ向けて」より:

「癒えうるものは
すこやかに癒えしめよ」

「癒えうるものは
かならず癒えしめよ」



「河」:

「そこが河口
そこが河の終り
そこからが海となる
そのひとところを
たしかめてから
河はあふれて
それをこえた
のりこえて さらに
ゆたかな河床を生んだ
海へはついに
まぎれえない
ふたすじの意志で
岸をかぎり
海よりもさらにとおく
海よりもさらにゆるやかに
河は
海を流れつづけた」



「帽子のための鎮魂歌」より:

「しずかな夜が
しずかなままではいけないか
はじまらぬものが
はじまらぬままでは
いけないか」



「猫が憑いた話」:

「憑いたという猫は
片目の余計ものだが
憑かれた男は そこで
めしを食っている
猫が憑いたのはほんとうだが
きのうは はだか火で
いなごを焼いていた男だ
それだけの話で
村じゅうが納得し
憑いたという猫も
憑かれた男も納得し 納得づくで
たどんのような夕日が
巨きな谷間へころげおちたのだ

憑いたという猫は もう
どこにもいないが
憑かれた男は そこで
めしを食っている
鍛冶屋は鍛冶屋のよろこびから
桶屋は桶屋のかなしみから
手形のような朝が来るが
朝がまともな手を拍(う)つなら
憑かれた男は狂い出すはずだ
狂い出したら もう
どこにもいまい

憑いたという猫も
憑かれた男ももういないが
それだけの話で納得したように
どこの屋根にも霜がおりた
霜がおりたら納得したのだと
かしこいやつらのすてぜりふだけが
墓地の塔婆を逆扱(さかこ)きにし
桶屋は桶屋の知恵だけの
鍛冶屋は鍛冶屋の思案だけの
拇印だらけの朝が来たら
土塀のような男の背に
納得づくでのりうつった
無口なけものの決意だけが
巨きな谷間をはいあがるのだ」



「粥・1」より:

「執念をいとおしむのは
この夜がはじめではないが
まあたらしい木肌を灼くような
いく刻(とき)がすぎれば とおく
月光に掃かれて行く草原には 浅くもなく
深くもないひとすじの
けもののような足あとがあるばかりだ」



「義手について」より:

「たしかにそのことを
語るべきかもしれぬ
たとえば義手のなかの
空洞について
空洞たらんとする
ひとつの意志について」



「礼節」より:

「いまは死者がとむらうときだ
わるびれず死者におれたちが
とむらわれるときだ」



「板」より:

「私を盾とよぶな
すべて防衛するものの
名でよぶな
一枚の板であれ それは
折られて あるものだ」



「全盲」より:

「あるものはただかがやいて
みぎにもひだりにも
無防備の肩だ」



「痛み」:

「痛みはその生に固有なものである。死がその生に固有なものであるように。固有であることが 痛みにおいて謙虚をしいられる理由である。なんびとも他者の痛みを痛むことはできない。それがたましいの所業であるとき 痛みはさらに固有であるだろう。そしてこの固有であることが 人が痛みにおいて ついに孤独であることの さいごの理由である。痛みはなんらかの結果として起る。人はその意味で 痛みの理由を 自己以外のすべてに求めることができる。それは許されている。だが 痛みそのものを引き受けるのは彼(引用者注: 「彼」に傍点)である。そして 「痛みやすい」という事実が 窮極の理由として残る。人はその痛みの 最後の主人である。
 最後に痛みは ついに癒されねばならぬ。治癒は方法ではない。痛みの目的である。痛む。それが痛みの主張である。痛みにおいて孤独であったように 治癒においてもまた孤独でなければならない。
 以上が 痛みが固有であることの説明である。実はこの説明の過程で 痛みの主体はすでに脱落している。癒されることへの拒否は そのときから進行していたのだ。痛みの自己主張。この世界の主人は 痛みそのものだという 最後の立場がその最後にのこる。」



「ふいに」:

「喫いながら 急に
たばこが吸いたくなる
ねむれずに むやみに
寝がえる夢をみる
死んでいて ふいに
はっきり死にたくなる」



「のりおくれた天使」:

「電車にのりおくれた天使は
のりおくれたぶんだけ
神様のほうへ
ひきもどされた
電車にのりおくれた天使は
神様のまえでだまっていた
電車にのりおくれた天使を
神様がおこらずに
電車がおこった
電車にのりおくれた天使に
つぎの電車はこなかった」



「若い人よ」:

「私はちがうのだ若い人よ
私はちがうのだ
私の断念において
私はちがうのだ断念への
私の自由において
堤防はそのままに
堤防であり
空はそのままに空であることが
私の断念のすべてだが
しかしちがうのだ
通過することが生きることの
はげしい保証である爪先は
私にはとどかないのだ
若い人よ」



「衰弱へ」より:

「それ故に私は 安んじて疲労し 衰弱しつづける 私は疲れた」


石原吉郎全詩集 03






















































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本