『Shadows of a Hand : The Drawings of Victor Hugo』 (The Drawing Center, 1998)

「This new trust in occult, unconscious forces which trace vague outlines on the paper, breaking up forms and dispersing them, is not unrelated to the experiments Hugo made with table-turning between 1853 and 1855. If the table can speak, it follows that paper, ink and taches can too. Thus Hugo's 'spirit drawings' were an important stage in his development of complete freedom in both the materials he used and the way he used them.」
(『Shadows of a Hand : The Drawings of Victor Hugo』 より)


『Shadows of a Hand :
The Drawings of Victor Hugo』

Florian Rodari, Pierre Georgel, Luc Sante, Marie-Laure Prevost
Organized by Ann Philbin and Florian Rodari

The Drawing Center, New York, 1998
160pp, 29x25cm, hardcover, dust jacket

"This book accompanies the exhibition 'Shadows of a Hand: The Drawings of Victor Hugo' at The Drawing Center, New York, April 16-June 13, 1998"
Exhibition coordinator: Elizabeth Finch
Translations from the French by Judith Hayward and Mark Hutchinson
First published in 1998 by Merrell Holberton Publishers Ltd., London
Designed by Roger Davies
Produced by Merrell Holberton Publishers
Printed and bound in Italy



本書は1998年ニューヨークで開催されたヴィクトル・ユゴーのドローイング展の図録であります。
出展作品図版(カラー)102点。参考図版(モノクロ/カラー)24点。


hugo - shadows of a hand 01


hugo - shadows of a hand 02


hugo - shadows of a hand 03


CONTENTS:

Ann Philbin/Geroge Negroponte: Foreword

Luc Sante: The Octopus Bearing the Initials V H
Pierre Georgel: "The Artist in spite of Himself"
Florian Rodari: Victor Hugo, a Precursor a posteriori

Florian Rodari with Marie-Laure Prevost: CATALOGUE
 PART I: TECHNIQUES
  The Techniques of a Poet-Draftsman
  Wash
  Ink Taches
  Pliages
  Lace Impressions
  Stencils and Cut-outs
 PART II: THEMES
  Initials
  Calling Cards and New Year Cards
  Castles, Cities, and Architectural Visions
  Night, Spiritualism, and the Grotesque
  Les Tarvailleurs de la mer
  Ocean and Chaos

Bibliography
Chronology
List of Lenders

Photographic Acknowledgements



ヴィクトル・ユゴーはなんといっても19世紀フランス最大の詩人であり、日本では『レ・ミゼラブル』や『パリのノートルダム』、『笑う男』などの小説家として親炙されていますが、彼はまた知られざる画家でもありました。彼の残したデッサンや水彩画は、その主題においてすぐれてロマン主義的であると同時に、技法的には表現主義やシュルレアリスム、抽象絵画、アクション・ペインティングなど、20世紀の絵画の冒険を先取りするものでありました。 ジャン・コクトーやアンリ・ミショーら詩人画家の先達であるユゴーにとって、絵はプライヴェートな楽しみであり、余技ではありましたが、余技であるからこそ、アカデミズムの固定観念を離れて、いわゆる絵画とそうでないものの境界を越えて、新しい美を発見することができたのであります。そうしたことにはオカルティズム(降霊術)のような辺境の知へと傾斜していくユゴーの精神的傾向も関係していたことでありましょう。
ほんとうに創造的なものは辺境からやってくる。そういう意味で、最後のメジャー・ポエットであったユゴーは、同時にアウトサイダー・アートの先駆者であったといってよいのではないでしょうか。

能書きはこのくらいにして、さくさくっと作品を鑑賞してゆきたく存じます。


hugo - shadows of a hand 19


「Two castles in a landscape」
風景のなかの二つの城。1847年。

空間をはさんで対峙する二つの城。ドッペルゲンガーでありましょう。


hugo - shadows of a hand 21


「Mushroom」
きのこ。1850年頃。

荒野にそびえる孤独な巨大きのこ。
 

hugo - shadows of a hand 20


「Causeway or Dyke」
土手道。1850年。

人生の土手道。


hugo - shadows of a hand 23


「Ecce」
この人を見よ。1854年。

死刑囚であります。ユゴーは死刑廃止論者であります。


hugo - shadows of a hand 11


「Planet」
惑星。1854年頃。

「les globes ouvrant leur sinistre prunelle / vers les immensités de l'aurore éternelle.」
(天体は不吉な瞳を見開く/永遠の夜明けの広漠に向けて)
『瞑想詩集(Les Contemplations)』より。


hugo - shadows of a hand 04


「Landscape」
風景。1854―56年頃。


hugo - shadows of a hand 17


「Sunset by the sea」
海辺の日没。1852―55年頃。


hugo - shadows of a hand 18


「Castle lit up in the night」
光に照らされた夜の城。1856年頃。

これら二点は型紙(cut-out)を使った作品であります。


hugo - shadows of a hand 24


「Trees」
木々。1854―56年頃。

木の枝を描いています。アンリ・ミショーのデッサンをおもわせます。


hugo - shadows of a hand 15


「Lace impressions」
1855年頃。

レースの切れ端にインクを染み込ませて押し付けています。


hugo - shadows of a hand 14


同上。


hugo - shadows of a hand 12


「Ink tache slightly reworked on folded paper」
1856-57年頃。

紙をまん中から山折りにして一方の面に絵の具のしみをつけ、それをさらに谷折りにして絵の具を押し付けて左右対称のフォルムを作っています。


hugo - shadows of a hand 13


「Landscape with bridge」
橋のある風景。1955-56年。

同様にして出来た上下対象のフォルムに手を加えて風景画に見立てたものです。


hugo - shadows of a hand 09


「Tache」
1856年頃。


hugo - shadows of a hand 10


「Tache」
1856年頃。


hugo - shadows of a hand 08


「'Steeple' taches」
1856年頃。


hugo - shadows of a hand 05

「Taches with fingerprints」
1864-65年頃。

絵の具を塗った指を押し付けています。


hugo - shadows of a hand 16


「Silhouette of a tower」
塔のシルエット。1865年頃。

紙を塔の形に切り抜いています。


hugo - shadows of a hand 25


「Le Roi des Auxcriniers」
オークリニエの王。1865年。

オークリニエの王は暴風雨とともに現われる海の魔物です。彼を見たものは難破する運命にあります。
Toilers of the Sea, by Victor Hugo


hugo - shadows of a hand 07


「Octopus with the initials VH」
蛸。1866年頃。

タコの足がユゴーのイニシャル「VH」になっています。


hugo - shadows of a hand 06


「Taches」
1866-68年頃。
加納光於を思わせます。


hugo - shadows of a hand 22


「Vianden seen through a spider's web」
蜘蛛の巣。1871年。


hugo - shadows of a hand 26


「Grotesque four-headed character」
頭が四つある人物。1856年頃。

参考図版より。
 

hugo - shadows of a hand 27


「Spiritus Malus」
悪霊。1854年。

参考図版より。ジェームズ・アンソールを思わせます。



The Drawing Center

Shadows of a Hand: The Drawings of Victor Hugo
April 16 – June 13, 1998

「Shadows of a Hand was the first museum exhibition in the United States devoted to the drawings of Victor Hugo. The exhibition featured over one hundred works from the collections of the Bibliothèque Nationale de France; Maison de Victor Hugo in Paris; Musée Victor Hugo de Villequier; Musée du Louvre; Musée des Beaux-Arts, Dijon; The Art Institute of Chicago; and private collections. The works were selected by Ann Philbin and guest curator Florian Rodari.」

http://www.drawingcenter.org/exh_past.cfm?exh=169



こちらもご参照下さい:

ユゴー 『ライン河幻想紀行』 榊原晃三 編訳 (岩波文庫)
『Untitled Passages by Henri Michaux』 (The Drawing Center, 2000)


















































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本