『馥郁タル火夫ヨ ― 西脇順三郎』 (神奈川県立近代美術館 1994年)

『馥郁タル火夫ヨ
― 西脇順三郎
Junzaburo Nishiwaki (1894-1982)
生誕100年 西脇順三郎 
その詩と絵画』


編集・発行: 神奈川近代文学館・財団法人神奈川文学振興会/神奈川県立近代美術館
制作: 大塚巧藝社
1994年
136p 
27×20cm 並装(フランス表紙)


主催: 神奈川近代文学館・財団法人神奈川文学振興会/神奈川県立近代美術館
後援: 小千谷市教育委員会/朝日新聞社/神奈川新聞社
会期: 1994年(平成6)5月28日(土)~7月3日(日)
会場: 神奈川県立近代美術館

 

西脇順三郎 馥郁タル火夫ヨ 01


目次:
 
開催にあたって
 
無類の詩人 (粟津則雄)
煙っている光線 (飯田善國)
詩人西脇の孤独 (中村真一郎)
マージョリとの出会い (西脇緑)
昭和十年代の西脇順三郎 (那珂太郎)
詩集『失われた時』 (江森國友)
『壤歌』・天体的意識のパーカッション (渋沢孝輔)
晩年の西脇さん (飯島耕一)
西脇絵画の透明感 (岡田隆彦)
画家としての西脇順三郎 (池田満寿夫)
文学部門 (解説・新倉俊一)
 馥郁タル火夫ヨ 1894―1934
 幻影の人 1935―1949
 豊饒の女神 1950―1962
 永遠の旅人 1963―1982
美術部門 (解説・橋秀文)
詩 (粟津則雄・選)
画論 (酒井忠康・選)
著書目録・美術関係文献目録 (新倉俊一・編)
年譜 (新倉俊一・編)
出品目録 文学関係/美術関係
展覧会協力者



西脇順三郎 馥郁タル火夫ヨ 02


西脇順三郎 馥郁タル火夫 06


「マージョリー・ビッドルと結婚
1924年(大正13)7月25日、イギリス人で6歳年下の画家マージョリーと結婚。」


「マージョリー(1900―1988)
ロンドン大学で美術を学んだマージョリーは、来日後挿絵や装幀の分野で活躍、二科展会友にも選ばれた。また文化学院で教鞭を執り、英語と美術を担当した。1932年に離婚、戦争前に帰国した。マチスを思わせる色彩豊かな作品を描いた。」



西脇緑「マージョリとの出会い」より:

「今から十二年前の早春、(中略)私は英国にマージョリを訪ねる機会に恵まれた。なだらかな丘陵が延々と続くハンプシャーの田園風景の中にぽつんと存在する小さな村、ハーストボーン・タラントでマージョリは晩年を過し、亡くなった。母の死を報告したのをきっかけに手紙のやりとりが続いていたので、旧友に会う感じでマージョリは私を温かく迎えてくれた。
 背はそれほど高くないが、骨組のしっかりした、男性的な体つきで、若い頃美人であったと思わせる顔だちは力強かった。幾重にも変化した人生を見て来た眼差しは同時に鋭くもあり、優しくもあった。白髪に真紅のカーディガン、同色のスラックスという出で立ちは無意識に画家の色彩感覚を伝えた。この頃父はどんな物を朝食に食べるかと聞かれて一瞬拍子抜けしたが、彼女は時には懐かしそうに、時には急に活気を持って昔の話をしてくれた。
 「お互い、一目惚れだったのよ。」正にドラマティックな開幕である。ロンドンの中心、ピカデリーサーカスにある、カフェ・ロワイヤールでの出来事であった。この劇的な場面に関して、父の方では父特有の軽べつ的沈黙を守ったに相違ないが、彼女としては、部屋の反対側にいた、文学青年のグループの中に父を見出し、この人以外にない、と心に決めたそうである。」



西脇順三郎 馥郁タル火夫 07


「慶大の学生たちと
1925年11月に帰国した西脇は、翌年4月慶大文学部教授に就任した。ソフト帽に鼻めがね、ニッカボッカにステッキという英国紳士風の出立ちで異彩をはなった。」



西脇順三郎 馥郁タル火夫 10


「四月の寓話」詩稿。


西脇順三郎 馥郁タル火夫ヨ 04


西脇順三郎 馥郁タル火夫ヨ 05


ちらし:

西脇順三郎 馥郁タル火夫ヨ 01

西脇順三郎 馥郁タル火夫ヨ 02



こちらもご参照下さい:

『永遠の旅人 西脇順三郎 詩・絵画・その周辺』 (新潟市美術館 1989年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本