FC2ブログ

平野敬一 『マザー・グースの唄』 (中公新書)

「しかし、こういう表現を文中にさりげなく使う作者とそれを読む読者とのあいだに、この表現の伝承童謡由来のニュアンスをどちらも暗黙に承知しているという点で、一種の黙契のようなものが成立しているのである。私たちは、同じものを読んでいるつもりでいても、多くの場合、作者と読者とをこういうふうに底においてつないでいるものから実は疎外されているのである。」
(平野敬一 『マザー・グースの唄』 より)


平野敬一 
『マザー・グースの唄
― イギリスの伝承童謡』

中公新書 275 

中央公論社 
昭和47年1月25日 初版
昭和54年9月15日 22版
208p 
新書判 並装 ビニールカバー 
定価360円



本文中図版(モノクロ)多数。


平野敬一 マザーグースの世界 01


目次:
 
まえがき

英語とマザー・グースの唄――序にかえて
 英和辞典ではわからない
 ことばの喚起性
 英語教育で欠落したもの
 読むための唄
マザー・グースの唄とは――わが国への紹介と命名の由来
 『赤い鳥』誌上での紹介
 北原白秋の業績
 竹友藻風の訳業
 現代センスの谷川俊太郎訳
 その反響 「マザー・グース」の由来――白秋の「はしがき」
 アメリカ発生説
 ペローの童話集
 ニューベリーの商魂
イギリスにおける童謡の集成――画期的な三つの業績
 ニューベリー編の童謡集(十八世紀) 
  『マザー・グースのメロディー』とゴールドスミスの注解
 ふざけて、とぼけて、まじめで
 ハリウェル編の童謡集(十九世紀)
  『イングランドの童謡』の達成
  ハリウェルの伝承童謡観
  その分類法
   第一類、歴史的
   第二類、文字遊び
   第三類、物語り
   第四類、格言
   第五類、学校関係
   第六類、歌謡
   第七類、なぞなぞ
   第八類、おまじない
   第九類、爺さんと婆さん
   第十類、遊戯
   第十一類、パラドックス
   第十二類、子守り唄
   第十三類、擬声音
   第十四類、愛と結婚
   第十五類、動物たち
   第十六類、積み上げ話
   第十七類、地方的
   第十八類、遺物
 オーピー夫妻の集大成(二十世紀)
  ハリウェルからオーピーへ 『オックスフォード版・伝承童謡辞典』の序文 三世紀にわたる集成
代表的伝承童謡――その背景と問題点
 「ジャックとジル」
 「ロンドン・ブリッジ」
 「テントウ虫」
 「がぁー、がぁー、鵞鳥さん」
 「六ペンスの唄」
 「ハンプティー・ダンプティー」
 「ドクター・フェル」 
 「ボビー・シャフトー
」 「ドクター・ファウストゥス」その他
 「テン・リトル……」
 「お馬に乗って」
 「オールド・マザー・グース」その他
 「だァれが殺した、コック・ロビンを?」
 「フランスの王さま、山のぼり」その他
 歳時記としての伝承童謡
イギリス伝承童謡の特色――その生命力
 無理のない伝承
 その現代性
 『現代のための童謡集』より
 断絶について
 アメリカの漫画
 伝承童謡の機能
 伝承童謡をどう受け取るか

あとがき
参考書目
原詩
索引



平野敬一 マザーグースの世界 02


◆本書より◆


「たとえば、日本語で「どんぶらこっこ、どんぶらこ」という擬声音(?)を耳にすると、私たちはたいがい「桃太郎」の話で桃の実が川上から流れてくる場面を連想するはずである。(中略)ところが日本語を学習している外国人の研究家が、「桃太郎」の話を知らないまま、かりに詳しい国語辞典や引用句辞典でこの表現の出所やいわくを調べようとしても、まず徒労に終わるのではないかと思われる(子供にきけば、わけなく解明するのに)。(中略)外国人の日本語学習者にとって、こういう表現の字句上の意味はわかったとしても、その子守り唄的なニュアンスは、絶対といっていいほどつかまえようがないのではないかと思われる。」
「イギリスの伝承童謡のなかにも「山やま越えて遠方(おちかた)に」('over the hills and far away')という言い回しがある。(中略)これは現代の日常英語にもときどき顔を出す表現である。英語国で育った人なら、すぐこれが伝承童謡に由来する言いかたであることがわかるし、そのメロディーが自然に口に浮かんでくるのである。外国人には、まずそういう背景やニュアンスがわからない。また、この表現にそういういわくのあることにすら気がつかないのである。意味をとるのに別に問題はないし、熟語(イディオム)として辞書で特別に扱われることも絶対といっていいほどないからである。
 しかし、こういう表現を文中にさりげなく使う作者とそれを読む読者とのあいだに、この表現の伝承童謡由来のニュアンスをどちらも暗黙に承知しているという点で、一種の黙契のようなものが成立しているのである。私たちは、同じものを読んでいるつもりでいても、多くの場合、作者と読者とをこういうふうに底においてつないでいるものから実は疎外されているのである。外国人に日本語の微妙な含みや味わいがわかるはずがないと私たちは言いたがるものだが、英語の場合も事情は同じことなのである。それを母国語として習得したもの以外には容易にその正体をあかさないという特質は、どの言語にも備わっており、なにも日本語の専売ではないのである。」



















関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本