「別冊現代詩手帖第二号 ルイス・キャロル」

「子供のすばらしい経験分野を多かれ少なかれ威圧的に制限して、子供を型に嵌め、やがて子供を小さく固まらせようとする傾向のある大人たちに対して、子供はつねに徹底的な抵抗をもって応ずるにちがいない。」
(A・ブルトン 「ルイス・キャロル」 より)


「別冊現代詩手帖第二号 
ルイス・キャロル」

アリスの不思議な国あるいはノンセンスの迷宮

思潮社 
1972年6月1日発行
1975年4月10日再版発行
324p 
22×14.8cm 並装 
定価980円
編集人: 桑原茂夫



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 01


「編集ノート」より:

「ひとりルイス・キャロル個性にとどまらぬ無名の闇から我れらに迫り来る何ものかに敢えて挑むべくこの特集号は出発した。そして今、高橋康也氏からの全面的なご助言、ご助力をえて、一冊のかたちをとり、言い得べくばひとつの結節点をつくり、読者諸兄にお届けすることができた。」


別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 02


目次: 

キャロル・ワンダーランド
 高橋康也 「不思議な鏡の国のキャロル」
 種村季弘 「遊戯の規則――キャロル再訪」
 瀧口修造 「「笑い猫」夢話」 (きき手: 種村季弘)
 野中ユリ 「to and from Olive Flower, WHITE」 (コラージュ)
 植草甚一 「Boutade on reading LEWIS CARROLL」 (コラージュ)
 
キャロル論叢
 今井邦彦 「Carrollinguistics 三題」
 平野敬一 「アリスの世界とマザー・グースの世界」
 大森荘蔵 「ナンセンス・その詩と真実――キャロルとヴィトゲンシュタイン」
 土岐恒二 「ルイス・キャロルと言語遊戯・私見」
 紀田順一郎 「反世界とその圏域――キャロルとチェスタトン」
 岩成達也 「アリスあるいはその二つの国」
 宮本忠雄 「アリス・キャロル・ドジソン」
 大澤正佳 「キャロルとジョイス――遅れて来た男の話」
 
アリスの不思議な国めぐり
 天沢退二郎 「宮沢賢治と『鏡の国のアリス』」
 宮川淳 「G・ドゥールーズの余白に」
 加藤郁乎 「アリス元年」
 吉岡実 「キャロルを探す方法」
 竹内健 「有栖乙女」
 別役実 「叛乱・アリス風の」
 鈴木志郎康 「極私的「不思議の国」潜り」
 矢川澄子 「不滅の少女」
 
キャロルノンセンスワールド 高橋康也 編
 牧童としての子供 (W・エムプソン/訳: 高橋康也)
 ルイス・キャロル (A・ブルトン/訳: 澁澤龍彦)
 ノンセンスの擁護 (G・K・チェスタトン/訳: 高橋康也)
 ノンセンス詩人としてのキャロルとエリオット (E・シューエル/訳: 柴田稔彦)
 不思議な国再訪 (H・レヴィン/訳: 出淵博)
 夢の力 (J・ガッテーニョ/訳: 巖谷國士)

キャロル原風景
 気違いティーパーティー (訳・註解: 高橋康也)
 ジャバウォックの歌 (訳・註解: 高橋康也)
 スナーク狩り  (訳・註: 沢崎順之助) 
 「スナーク」狩りへの試み (沢崎順之助)
 シルヴィーとブルーノ (小池滋)
 キャロル拾遺
 キャロル年譜・書誌 (高橋康也 編)

表紙
 撮影: ルイス・キャロル
 少女: アリス・リッデル
 人工着色: 野中ユリ
 構成: 田辺輝男
口絵
 撮影: ルイス・キャロル
 少女: アリス・リッデル
 署名: ルイス・キャロル
 構成: 田辺輝男
本文レイアウト: 田辺輝男
目次
 図案・構成: 野中ユリ
 構成: 田辺輝男
中扉 構成: 田辺輝男
 ルイス・キャロル自画像
 マックス・エルンスト
 ジョン・テニエル挿画合成
 『アリスの地下の冒険』原稿
 キャロルによる鏡文字
挿画
 ルイス・キャロル
 ジョン・テニエル
 マックス・エルンスト



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 08


野中ユリによるコラージュ作品。


別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 09


植草甚一によるコラージュ作品。


別冊 現代詩手帖 ルイスキャロル 04


加藤郁乎「アリス元年」より:

「見ないでも壮観な
引越し先が引越している
君は寄生観念で
つかまえにくいマノフイカ
縄のれんの竹輪の穴に
アルファベット・ペパー時代を
思い出し入れしてみよう
煮豆を摘まみながら
いつまでも少女すぎるのは
理婦人すぎるね」



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 05


吉岡実「ルイス・キャロルを探す方法」より:

「ああアイリーン・ウィルソン・トッドよ 風に吹かれたあの長い髪が庭の木を巻く 恐ろしいことに木の幹がつるつるしている 死んでいる木 生きている木 叩くなら木の股を 大梯子へあがって兄の首を吊すこと」

「窓から見えるエフィー・ミレエス 父と母と妹がこの窓から飛びおりるのを上からのぞいたような気がする」

「C・バーカー牧師の娘メイは椅子の上へ立っている 靴のまま この狼藉の恍惚 十二才になったら飛びおりる」



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 06




































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本