『鬼海弘雄 写真集 東京迷路』

『鬼海弘雄 写真集 
東京迷路』

Tokyo Labyrinth

小学館 
1999年12月10日 初版第1刷発行
2000年3月1日 初版第2刷発行
120p 
23×20.5cm 
角背紙装上製本 筒函 
定価2,993円
装幀デザイン: 白谷敏夫(ノマド)



本書「あとがき」より:

「トーキョー・ラビリンスに収めた写真は、1973年から撮り続けているものである。
 東京という雑多な町のなかで、あえて人の姿を画面に入れずに風景を撮ってみようと思いついたのは、私が浅草で出会った人々のポートレイトを撮り始めて、しばらくたった頃だった。
 ある時ふと、ポートレイトが、単にその場その時の人の表情を捉えるだけではなく、来し方や価値観など内面性や人柄をも表すことができるなら、同じことが風景写真でもできるのではないかという思いがよぎった。人が暮らしている町角や路地を撮って、その場所に固有な「空間のポートレイト」というようなものが成り立たないだろうか。日々の暮らしから漏れだす“匂い”を写すことができるのではないか。」



鬼海弘雄(きかい・ひろお)。1945年生、写真家。


鬼海弘雄 東京迷路 01

ケース表。


鬼海弘雄 東京迷路 02

ケース裏。


帯文:
 
「「歩けばいい 歩けばいいんだ 街は饒舌に語りかけてくる」」


帯背:

「肉声(パロール)で綴る体温都市の記録」


帯裏:

「Tokyo Labyrinth

風雪に耐え抜いたアパート、満艦飾の洗濯物に覆われた居酒屋…。何気ない“モノ”たちが語る、失われゆく風景への哀惜の記憶。孤高の写真家・鬼海弘雄が贈る、人間の匂いの染みついた“人間の街”に対する高らかな賛歌。

キカイ・ヒロオの写真には、
抵抗しがたい強烈な詩情が溢れている。 映画監督 アンジェイ・ワイダ」



内容:

品川区北品川 1986

街角のエクリチュール (アンジェイ・ワイダ)

川崎市中原区田尻町 1985
台東区蔵前 1976
墨田区東向島 1978
品川区東品川 1976
北区滝野川 1986
台東区西浅草 1977
台東区根岸 1976
大田区南六郷 1985
中央区晴海 1975
目黒区上目黒 1997
荒川区町屋 1987
世田谷区粕谷 1985
渋谷区恵比寿 1985
文京区春日 1989
神奈川県小田原市 1984
世田谷区若林 1987
渋谷区恵比寿 1990
墨田区東向島 1976
大田区大森北 1982
品川区東大井 1996
文京区湯島 1986
台東区浅草 1985
船橋市東中山 1974
渋谷区鶯谷町 1997
台東区東上野 1977
市川市鬼越 1976
世田谷区北沢 1995
大田区大森北 1982
台東区小島 1973
新宿区北新宿 1991
台東区小島 1976
品川区東大井 1980
江東区 1974
大田区中央 1982
港区高輪 1974
大田区西蒲田 1997
練馬区石神井町 1980

町は必要以上のものにあふれている (赤瀬川原平)

品川区南品川 1977
台東区元浅草 1976
台東区三筋 1975
文京区本郷 1985
文京区本郷 1975
葛飾区立石 1975
品川区大崎 1982
川崎市川崎区中島 1987
川崎市多摩区登戸新町 1984
船橋市西船橋 1976
墨田区両国 1976
港区北青山 1989
板橋区宮本町 1993
川崎市幸区幸町 1986
北区滝野川 1984
川崎市多摩区登戸 1999
千代田区東神田 1999
神奈川県小田原市 1984
江戸川区平井 1979
渋谷区恵比寿南 1984
大田区蒲田 1994
川崎市幸区矢向 1986
中野区中野 1989
豊島区池袋 1989
台東区浅草 1985
大田区羽田旭町 1994
中野区中野 1990
新宿区歌舞伎町 1976
台東区日本堤 1999
荒川区東尾久 1983
港区三田 1997
墨田区墨田 1976
川崎市川崎区渡田 1991
文京区西片 1974
大田区羽田 1987
江戸川区平井 1979
川崎市高津区堰 1995
杉並区和泉 1991
大田区蒲田 1994
台東区浅草 1987
台東区浅草 1994
渋谷区恵比寿 1988
板橋区中板橋 1983

器怪としての東京 (種村季弘)

台東区浅草 1985
世田谷区下馬 1988
文京区湯島 1990
新宿区高田馬場 1993
世田谷区北沢 1992
豊島区南大塚 1981
板橋区常盤台 1987
中央区日本橋 1989
板橋区徳丸 1981
渋谷区東 1987
川崎市川崎区駅前本町 1997
杉並区阿佐ヶ谷北 1989
大田区羽田 1996
渋谷区道玄坂 1992
荒川区荒川 1998
文京区小日向 1985
板橋区前野町 1985
神奈川県小田原市 1983
墨田区吾妻橋 1992
川崎市幸区小向町 1994
目黒区鷹番 1993
渋谷区東 1996
渋谷区神泉町 1985
世田谷区瀬田 1985

あとがき (鬼海弘雄)




◆本書より◆


鬼海弘雄 東京迷路 03


鬼海弘雄 東京迷路 04


鬼海弘雄 東京迷路 05


鬼海弘雄 東京迷路 06


鬼海弘雄 東京迷路 07






















































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本