A. B. Spellman 『Four Jazz Lives』

A. B. Spellman 
『Four Jazz Lives』

With a new introduction by the author

University of Michigan Press/Ann Arbor, 2004, 4th printing 2007
xxiv, 249pp, 21x14cm, paperback

Bibliographies and discographies prepared by Robert Bander
Originally published under the title "Four Lives in the Bebop Business" by Pantheon Books, Later published as "Black Music: Four Lives"



A・B・スペルマン『Four Lives in the Bebop Business』(1966年)の新版です。セシル・テイラー、オーネット・コールマン、ハービー・ニコルス、ジャッキー・マクリーンの四人にそれぞれ一章を当てて、本人の証言を交えつつ論じていますが、中でもハービー・ニコルスの章は貴重であります。
彼ら革新的なジャズ・ミュージシャンがレコード会社やジャズクラブすなわち「ビーバップ・ビジネス」の世界でいかに搾取され不遇を強いられたかが本書の主要テーマであります。
著者によれば、オーネット・コールマンとセシル・テイラー、そしてジョン・コルトレーンが、1960年代のニュー・ジャズにおける最重要人物ですが、コルトレーンは本人が辞退したため本書からは外されています。
ジャッキー・マクリーンはチャーリー・パーカーやセロニアス・モンク、バド・パウエルらの興味深いエピソードを語っています。


spellman - four jazz lives


Contents:

Introduction to the New Edition
Introduction to the Original Edition

I. Cecil Taylor
II. Ornette Coleman
III. Herbie Nichols
IV. Jackie McLean

Selected Bibliographies and Discographies
Index




◆本書より◆


「Herbie Nichols」より:

「He also did a great deal of reading; he calls himself, in his written sketch, "a poetaster and great lover of all things scholarly."」

(彼は本もたくさん読んだ。彼は「学問的なことがだいすきなへぼ詩人」と自己規定している。)

「Herbie had been writing and working on his style all through this period: "I thought then that I was ready, and I looked around to find some work as a leader. I wanted to get my thing across. But somehow things never seemed to fall my way. The owners used to think that I was too far out. I've actually had guys tell me that they would hire me if I changed my style. Now I didn't mind playing any style when I was working for somebody else. I think it's good for a musician to be able to play more than one way - it gives you more things you can do in your own style. But if it's going to be the Herbie Nichols Trio, then it's going to be Herbie Nichol's music."」

(ハービーはこの時期ずっと自分のスタイルを貫いてきた。「そろそろ頃合だと考えてリーダーの仕事を探したけれど、うまく運ばなかった。ジャズクラブのオーナーからすればファーアウトしすぎているようにおもえたのだろう、スタイルを変えれば使ってやるといわれたこともある。誰かのバンドで演奏するならどんなスタイルでもやるし、いろんなスタイルで演奏できるのはいいことだ。だけど自分のトリオでやるとなれば話は別だ、ハービー・ニコルスの音楽でないと意味がない。」)

「He knew Thelonious Monk; during this time they talked a lot and listened to one another's work. (,,,) Herbie saw Monk's music for what it was: a serious advancement in jazz, and a great individual expression. (...) "Monk is a good example of how irresponsible critics are. Now I like Monk. He's a friend of mine and a great composer and musician. I wrote Monk up for a Negro magazine, the *Music Dial*, back in 1946 before he had recorded for Blue Note. I was honest. I knew people hadn't caught on to him, but I raved about him anyway. Leonard Feather and those other people didn't even know what he was doing; they hated him. Nowadays if you say anything against Monk you're a dog. But do you know that Monk's music hasn't changed from 1939 until now? That shows critics haven't been doing what they're responsible to do."」

(彼はセロニアス・モンクと知り合いで、当時よく話し合い、互いの音楽を聴きにいった。ハービーはモンクの音楽はジャズにおける重要な発展であり、偉大な個性の表現であると見なしていた。「モンクのケースは批評家というものがいかにいいかげんかということのいい例だ。1946年に私が雑誌にモンクを讃える記事を書いたときには、彼はまだブルーノートに録音する前で、レナード・フェザーのような人たちはモンクの真価に気づかず、彼を嫌っていた。今ではモンクがわからないなどといえば野暮の骨頂だけど、モンクの音楽は1939年からちっとも変わっていないんだ。」)

「Herbie never got anywhere, except to Blue Note records for one period in the spring and summer of 1955. When I saw him last, in his sister's apartment in a low-income district in the Bronx, he seemed to be dying of disillusionment. He knew his worth, but it seemed that nobody else did, at least nobody that could improve his condition. The last thing he said to me was: "I'm not making $60 a week. I'm trying to sell some copyrights, but if you don't have somebody behind you in this country, you die. I wish I could get some African government, Ghana, for instance, interested in my music and to give me a job teaching, maybe; now that would be a very good thing." It was typical of Herbie Nichols' life that *Metronome*, the magazine for which I was preparing the first article ever written on him, folded before the article could be published. By the time I placed it elsewhere, Herbie had died.」

(ハービーは結局うまくいかなくて、1955年の春から夏にかけてブルーノートに吹き込んだのがせいぜいだった。最後に会ったときは、ブロンクスの貧民街の姉の家で失意のどん底で死にかけていた。自分で自分の値打ちは知っていたけれど、他人にわからせることができなかったし、わかる人がいたとしても彼のためにどうする手立てもなかった。彼が私に言った最後のことばは「週に60ドルも稼げない。版権を売りたい。この国では後ろだてのない者は死ぬしかない。ガーナあたりの政府で音楽教師に雇ってくれたらどんなにいいだろう」というものだった。彼について書かれた最初の評論を、私は「メトロノーム」誌に準備していたが、掲載される前に廃刊になり、ようやく別の雑誌に載ったときにはハービーは死んでいた。)


「Jackie McLean」より:

「"I think that some people *should* be junkies. I don't think that I should have been a junkie, but I really think that some people should be tied down and injected with narcotics, especially the ignorant people who think they know all about it. The people who have so much to say about it and pass as authorities on it, I think that they're the ones that should have to live with it. Those that think that you can kick it, it's in the mind, and those people that think all drug addicts are just useless and worthless criminals and all that, I think that they ought to be tied to a tree and injected and left there and someone should come back and give them an injection every day until they're hooked and then cut the rope loose and see what they do to get their narcotics every day. Let them see if they can just stop, see if it's just in the mind. (...) You need some kind of crutch, liquor, pills, or something, to live in our society."」

(「ある種の人間はジャンキーになるべきだ。私は自分がジャンキーになるべきだったとは考えないけれど、世の中にはむりやり縛りつけてでも麻薬を注射してやるべき奴らがいる、なんでもわかったつもりでいる無関心な人間どもがそうだ。権威づらをしてえらそうなことをいっているような連中こそ、クスリをやるべきだ。やめられないのは精神力が足りないからだとか、ヤク中はみんなクズでなんの値打ちもない犯罪者だとかそういったたぐいの考え方をする奴らは、木に縛りつけて毎日注射をして中毒させてから縄を解いてやって、どうするか様子をみてやればいい。この社会では誰でも何か支えになるもの、酒とか薬とかなんらかのものに依存して生きているんだ。」)



◆感想◆


わたしはクスリといえばバファリンしかのんだことがないのでいけないおくすりのことはよくわかりませんが、本&古本に依存して生きています。社会に適合するためには本なんかよまないほうがよいことは重々理解しているのですが、精神力が弱いので本をよむのをやめられないです。本を買う金を手に入れるために深夜に皿洗い&トイレ清掃を働いてしまったことさえあります(たいへん後悔しています)。リア充の人などは木にしばりつけて『失われた時を求めて』をよませて読書ジャンキーにしてやるがよいです。

























































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本