FC2ブログ

Derek Bailey 『Improvisation』 (revised edition)

「In all its roles and appearances, improvisation can be considered as the celebration of the moment.」
(Derek Bailey 『Improvisation』 より)


Derek Bailey 
『Improvisation:
Its Nature
and Practice
in Music』



Da Capo Press, 1993
xiii, 148pp, paperback

Originally published: Ashbourne, England: Moorland Pub. in association with Incus Records, c1980



デレク・ベイリーによる即興演奏(インプロヴィゼーション)理論書の改訂増補版です。さまざまなジャンルのミュージシャンへのインタビューが中心になっています。旧版の邦訳は『インプロヴィゼーション――即興演奏の彼方へ』として1981年に工作舎より刊行されています。基本的な部分は同じで、新しいインタビューが追加されています。



derek bailey - improvisation 01



derek bailey - improvisation 02



Contents:

Introduction
Introduction to revised edition

PART ONE
Indian music (1)
Indian music (2)
flamenco
PART TWO
Baroque (1)
Baroque (2)
Organ (1)
Organ (2)
PART THREE
Rock
Audience
Jazz (1)
Jazz (2)
PART FOUR
The composer
The composer and the mon-improvisor
The composer - in practice (1)
The composer - in practice (2)
The composer - in question
PART FIVE
Free
Joseph Holbrooke
The Music Improvisation Company
The MIC - the instrument
The MIC - recording
Solo
PART SIX
Objections
Classroom improvisation
PART SEVEN
The long distance improvisor
Company
Limits and freedom

Bibliography
Index




derek bailey - improvisation 03



◆本書より◆


「Introduction」より:

「I have used the terms 'idiomatic' and 'non-idiomatic' to describe the two main forms of improvisation. Idiomatic improvisation, much the most widely used, is mainly concerned with the expression of an idiom - such as jazz, flamenco or baroque - and takes its identity and motivation from that idiom. Non-idiomatic improvisation has other concerns and is most usually found in so-called 'free' improvisation and, while it can be highly stylised, is not usually tied to representing an idiomatic identity.」

(インプロヴィゼーション(即興演奏)の主要な二つの形式を説明するのに「イディオム(慣習)的」「非イディオム的」という術語を使用した。イディオム的インプロヴィゼーションは、最も広く用いられているもので、あるイディオム――ジャズとか、フラメンコ、バロックなど――の表現、たとえばジャズならジャズをいかにもジャズらしく演奏すること、を念頭においている。非イディオム的インプロヴィゼーションの関心は別のところにあって、いわゆる「フリー」なインプロヴィゼーションの形を取ることが多いが、甚だしく様式化されることはあっても、イディオムらしさの表現にとらわれることはない。)


「Audience」より:

「Viram Jasani: *I personally feel that with a lot of Indian musicians it's actually at the time that they practice that their best creative powers come out, because they are really free - they're not worried about an audience sitting there and this is a time when they're really let themselves go - a musician obviously will try to put on his best performance before an audience, but he feels restricted. He's very careful.」

(ヴィラム・ジャサニ(シタール、タブラ奏者。レッド・ツェッペリン「ブラック・マウンテン・サイド」でタブラを演奏している人): インド人ミュージシャンの多くは練習時にいちばんクリエイティヴになれるような気がする、というのは練習時には観客にわずらわされることなしに本当にフリーに自分を表現できるからです。観客を前にするとミュージシャンはいい演奏をしようと努力しますが、慎重になりすぎて自分を制限してしまうのです。)

「Paco Peña: *If you have a large audience, you know, it's somehow - somehow it doesn't seem to give it a chance to be what it really is. Playing before an audience is always a compromise.」

(パコ・ペーニャ(フラメンコ・ギタリスト): 大観衆の前では「ほんとうの」演奏はできない。観客を前に演奏するのは妥協することなのです。)

「Ernst Fischer wrote: 'It is essential to distinguish between music the sole purpose of which is to produce a uniform and deliberate effect, thus stimulating a collective action of an intended kind, and music whose meaning is, in itself, expressing feelings, ideas, sensations, or experiences, and which, far from welding people into a homogeneous mass with identical reactions, allows free play to individual subjective associations.'」

(エルンスト・フィッシャー(1899―1972、オーストリアの作家): 「大衆の行動を扇動するような、画一的で計画通りの効果を上げることのみを目的とするような音楽と、感情や概念や感覚あるいは経験を表現すること自体に意味があるような音楽――人々を同一な反応を引き出せるような同質的な統一体にまとめ上げるような音楽とは懸け離れた音楽――個性的で主観的な共生をゆるすような音楽とを区別することが必要である」)


「Free」より:

「Historically, it pre-dates any other music - mankind's first musical performance couldn't have been anything other than a free improvisation - and I think that it is a reasonable speculation that at most times since then there will have been some music-making most aptly described as free improvisation. Its accessibility to the performer is, in fact, something which appears to offend both its supporters and detractors. Free improvisation, in addition to being a highly skilled musical craft, is open to use by almost anyone - beginners, children and non-musicians. The skill and intellect required is whatever is available. It can be an activity of enormous complexity and sophistication, or the simplest and most direct expression: a lifetime's study and work or a casual dilettante activity. It can appeal to and serve the musical purposes of all kinds of people and perhaps the type of person offended by the thought that 'anyone can do it' will find some reassurance in learning that Albert Einstein looked upon improvisation as an emotional and intellectual necessity.」

(歴史的にみれば、インプロヴィゼーションは他の音楽すべてに先立つものであって、人類最初の音楽演奏はフリー・インプロヴィゼーション以外の何物でもありえなかった。そしてそれ以来、ほとんどの時代においてフリー・インプロヴィゼーションと形容するのがふさわしい音楽が作られ続けていくと考えるのが妥当である。誰にでも演奏できるという点が、それを支持する者にとっても反感を抱く者にとっても気に食わないようであるが、フリー・インプロヴィゼーションは高度な熟練を必要とする音楽技法である一方、初心者や子供や素人をも拒まない。必要とされる技術や知識はすべて利用可能である。生涯をかけて習得すべき、とてつもなく複雑で洗練された活動にもなれば、気ままな愛好家による最も単純で最も直接的な表現行為にもなりうる。どのような人の音楽的目的にもアピールし役立つものであって、「誰にでもできる」という考え方が気に食わないインテリたちも、アインシュタインがインプロヴィゼーションを感情的にも知的にも不可欠なものと見なしていたと知れば少しは納得するであろう。)


「Objections」より:

「The whole point of a jazz player's improvisation is that he works within a clearly accepted and circumscribed idiom. And he accepts these boundaries, in fact revels in them, because they define his music. Now I would have though that one of the main things free improvisation provides is the opportunity to avoid just that situation.」

(ジャズ演奏家がインプロヴィゼーションにおいて重視するのは、公認された狭いイディオムの内部で作業することであって、そうした限界を認め、むしろ喜んでそれに従うのは、自分の音楽をあらかじめ限定しているからである。ところが私見によればフリー・インプロヴィゼーションこそまさにそうした状況を免れるための契機を与えてくれるはずのものであるのだ。)


「Classroom Improvisation」より:

「The people Han and Micha teach are either graduates or in their last year at the conservatory, and in addition to being composers and teachers all possess a fairly high level of instrumental ability.
 *Many of them improvise anyway, you see. Some play the blues or something. Always a borrowed music. Narrow. We try and introduce a broader scale of improvising - as broad as daily life. We are teaching them to make music out of their own background, not someone else's background. Learning what you are. In my eyes that's all you can do. Let people find out what they are and where they are and where their musical influence and preferences come from. Teach them to explore their own background.*」


(ハン・ベニンクとミシャ・メンゲルベルクが音楽学校で教えているのは極めて高い演奏技術を持った人々である。
ハン「そういう人たちもインプロヴィゼーションをするにはするけど、ブルースだとか何だとか借り物の限られた音楽ばかりだ。日常生活そのもののように広いスケールの即興演奏を導入したい。他の誰のでもない彼ら自身のバックグラウンドから音楽を作ること、自分とは何なのかを学ぶこと、自分自身の固有性を見つけ出すために自分自身のバックグラウンドを検討することを僕たちは教えている」)


「Limits and Freedom」より:

「Improvisation is a basic instinct, an essential force in sustaining life. Without it nothing survives. As sources of creativity they are hardly comparable.」

(インプロヴィゼーションは基本的本能であり、生命を維持する上で欠かすことのできない力で、それなしでは何ものも生き延びられない。創造力の源泉としてこれに匹敵するものはないだろう。)

「In all its roles and appearances, improvisation can be considered as the celebration of the moment.」

(その役割と現われにおいて、インプロヴィゼーションは現在という瞬間の称揚であるとみなすことができる。)








































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本