FC2ブログ

黒田硫黄 『大日本天狗党絵詞』 全四巻

2012年7月2日。

黒田硫黄 『大日本天狗党絵詞①』

講談社・アフタヌーンKC-111 1995年4月21日第1刷発行
238p 四六判 並装 カバー 定価520円



欲しいものは、この世に無い物。


大日本天狗党絵詞1-1

表。


小学校の入学式で気分が悪くなったシノブは天狗の師匠に出会い、そのまま学校からも人間界からも逃走して、雲踏みや残飯漁りの天狗修業にはげむ毎日、気がつけば22歳になっていた。傲慢で卑怯者の師匠にも愛想が尽き、里心ついたシノブが家に戻ってみると、そこにはシノブの代りに送り込まれた泥人形のしのぶが居座っている。弟のとしのりも泥人形を本当の姉と思いこんでいるようだ。

「おまえの家はおまえの家でなく
この都市も我々の都市ではない
だがこの空は我々のものだ」

しかしながら、とてつもない目力をもった謎の人物高間教授(しのぶの「おじ様」)に脅かされた師匠は、世に散らばった天狗の同胞たちを結集し天狗の天下を実現せんものと「大日本天狗党」を結成する。

「猫に怯え
地を這い
ながらえる
いつまでも
このままでなるものか
必ずや取り戻さん
我らの空
かつての日々」


大日本天狗党絵詞1-2


カバー文:

「天狗!
自在に飛行をなし
あやかしの術もて人をさらい
古来より畏怖と敬愛を享(う)けた天狗!
今かれらは
どこにいるのか
どこから来て
どこへ行くのか?
何を食っているのか
寒い日はどうするのか
天狗にさらわれちゃった子は
それから
どうなっちゃったのか?
天狗の末来を憂う待望の第一巻!」



大日本天狗党絵詞1-3

雲踏みの修業にはげむシノブ。


大日本天狗党絵詞1-4

都会の雪の中で行き倒れになっていた女子中学生の幸南(ユキナ)を天狗の仲間に引き入れようと画策する師匠。

「どうだ?
もう一息だ
もう一息で
自転車に
のるように
人で
なくなる」



大日本天狗党絵詞1-5



黒田硫黄 『大日本天狗党絵詞②』

講談社・アフタヌーンKC-129 1996年2月23日第1刷発行
226p 巻末附録「世紀末立身指南 天狗になろう」4p
四六判 並装 カバー 定価520円



大日本天狗党絵詞2-1


大日本天狗党絵詞2-2


カバー文:

「天狗、天狗、なに見て跳ねる?
悪鬼のごとき敵を追い
過去の因縁掘り返し
西に下って南を望み
目指せ魔王の大復古
その前衛に立つ少女
ここはどこ?
わたしは誰?
熱情と迷走の軌跡をなぞる
急転直下の第二巻!

進め!
戦え!
天狗党」



大日本天狗党絵詞2-3



黒田硫黄 『大日本天狗党絵詞③』

講談社・アフタヌーンKC-150 1997年4月23日第1刷発行
224p 「巻末付録 黒田硫黄写真帖」6p
四六判 並装 カバー 定価530円



大日本天狗党絵詞3-1


大日本天狗党絵詞3-2

くつろぐしのぶと教授。


カバー文:

「天狗……?
天狗ね。
そんな昔も
あったかしらね。
流れ流れて北の町、
愛と仕事と生活の
頭上をよぎるカラスの声に
空飛ぶ夢を思いだす。
だが見よ、
その空は
違ってしまった!!
日本が天狗の国になる
疾風怒濤の第三巻!」



大日本天狗党絵詞3-3

カバーを外してみた。



黒田硫黄 『大日本天狗党絵詞④』

講談社・アフタヌーンKC-152 1997年5月23日第1刷発行
230p 目次1p 四六判 並装 カバー 定価530円



大日本天狗党絵詞4-1


大日本天狗党絵詞4-2


カバー文:

「ちわ~~~。天狗下さい。」
「天狗ね! 今日大安売り! ほい一丁。」
「……違う。何だこれは こんなの天狗じゃない。」
政権奪取と天狗屋の跳梁
そしてまつろわぬ日本の末路
天狗党絵詞、完結巻!」



大日本天狗党絵詞4-3

猫仮面 「郵便屋さん ごくろうさん」。


大日本天狗党絵詞4-4

しのぶの舞。


大日本天狗党絵詞4-5

世の擾乱を尻目にたそがれるシノブ。レコードはセロニアス・モンク「ブリリアント・コーナーズ」。


全巻目次:

巻一 夜明けの事
巻二 人形遊びの事
巻三 邪眼の事
巻四 雪の夜の事
巻五 学校の怪人の事
巻六 鉦や太鼓の事
巻七 眉毛の事

巻八 迷子の事
巻九 ツブテの事
巻十 都落ちの事
巻十一 逆ツブテの事
巻十二 水際の事
巻十三 渡海の事
巻十四 党大会の事

巻十五 帰宅の事
巻十六 出立の事
巻十七 追捕使の事
巻十八 大中小の事
巻十九 流行の事
巻二十 シノブの事
巻二十一 山に棲む天狗の事

巻二十二 軍評定の事
巻二十三 としのりの事
巻二十四 有吾堂の事
巻二十五 比良井の事
巻二十六 烏合の衆の事
巻二十七 壊滅の事
巻二十八 最終話


感想:

日本が壊滅してめでたしめでたし。

『大日本天狗党絵詞』は、ずっと昔に知人から「これはお前の描く絵に似ている」とのかたじけない一言とともに貸与されて知りました。有り難いことです。

シノブは市川実日子、泥人形のしのぶは市川実和子、教授は阿部寛、師匠は西村雅彦あたりでドラマ化して欲しかった。主題歌はUA。




































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本