齋藤磯雄 譯 『ボオドレエル全詩集 惡の華・巴里の憂鬱』

「カインの裔よ、天に昇りて
神をば地上に抛(なげう)ち落せ。」

(ボオドレエル 「アベルとカイン」 より)


齋藤磯雄 譯 
『ボオドレエル全詩集 
惡の華・巴里の憂鬱』


東京創元社 
昭和54年10月5日 初版
昭和57年1月15日三版
661p 目次17p 口絵i 
A5判 丸背布装上製本 貼函 
定価6,700円
装釘: 日下弘



本書「後記」より:

「拙譯『惡の華』の初版(三笠書房)が、おほけなくもその巻頭に辰野隆、日夏耿之介、山内義雄三先生の推薦文を掲げて刊行されたのは、昭和二十五年の末つ方であつた。」
「小散文詩集『巴里の憂鬱』の拙譯が一應の形を整へたのは遠く戰前に溯るが、もろもろの障碍に遭つて長年の間陽の目を見ず、昭和四十二年に至り初めて或る叢書中の一巻(「世界の名詩集」5、三笠書房)として刊行された。(中略)このたびの改譯に際しては、(中略)舊譯の魯魚の誤を訂し、措辞の修整に微力を盡したことは申し添へるまでもない。」



ボオドレエル 悪の華 巴里の憂鬱 01


帯文:

「齋藤磯雄氏が細心精緻の學を底に秘めて、香氣溢れる藝術作品として昇華した名譯――「海潮音」「珊瑚集」と並び立つ本邦譯詩の金字塔!」


ボオドレエル 悪の華 巴里の憂鬱 02


目次:

詩集 惡の華
  獻詞
  讀者に
 憂鬱と理想
  一 祝禱
  二 信天翁
  三 高翔
  四 照應
  五 (わたしは好きだ)
  六 燈臺
  七 病める詩神
  八 身を賣る詩神
  九 蒙昧の僧
  一〇 仇敵
  一一 不運
  一二 前の世
  一三 流浪の民
  一四 人と海
  一五 地獄のドン・ジュアン
  一六 驕慢の罰
  一七 美
  一八 理想
  一九 巨大なる女
  二〇 仮面
  二一 美に寄する頌歌
  二二 異邦の薰
  二三 髪
  二四 (われ君を夜の穹天と)
  二五 (森羅萬象ことごとく)
  二六 されど飽くなし
  二七 (波打ち搖れて)
  二八 踊る蛇
  二九 腐肉
  三〇 深き淵より叫びぬ
  三一 吸血鬼
  三二 (さながらに屍に添うて)
  三三 死後の悔恨
  三四 猫
  三五 決鬪
  三六 露臺
  三七 憑かれし男
  三八 まぼろし
   Ⅰ 暗闇
   Ⅱ 薰香
   Ⅲ 額縁
   Ⅳ 肖像
  三九 (君にこの種種の詩を)
  四〇 常に同じく
  四一 みな悉く
  四二 (今宵何をか語るべき)
  四三 生ける炬火
  四四 聖なる功德
  四五 告白
  四六 靈の曙
  四七 夕の調
  四八 香水壜
  四九 毒
  五〇 翳ろふ空
  五一 猫
  五二 美しき船
  五三 旅へのいざなひ
  五四 盡きせぬ恨み
  五五 語らひ
  五六 秋の歌
  五七 さるマドンナに捧ぐ
  五八 午後の歌
  五九 シジナ
  六〇 わがフランキスカを頌ふ
  六一 南國生れのさる奧方に寄す
  六二 憂愁と放浪
  六三 幽靈
  六四 秋の曲
  六五 月の悲しみ
  六六 猫
  六七 梟
  六八 パイプ
  六九 音樂
  七〇 奧津城
  七一 幻想的な版畫
  七二 樂しき死者
  七三 憎惡の樽
  七四 破れ鐘
  七五 憂鬱 (「雨ふり月」は)
  七六 憂鬱 (千年を生きしにまさる)
  七七 憂鬱 (例へばわれは霖雨の)
  七八 憂鬱 (大空重く垂れ下り)
  七九 妄執
  八〇 虚無を求むる心
  八一 苦惱の煉金術
  八二 畏怖の感應
  八三 我とわが身を罰する者
  八四 救ひ得ぬもの
  八五 時計
 巴里畫譜
  八六 風景
  八七 太陽
  八八 赭毛の乞食女に
  八九 白鳥
  九〇 七老爺
  九一 小老婆
  九二 盲者
  九三 道ゆく女に
  九四 耕す骸骨
  九五 黄昏
  九六 賭博
  九七 死の舞踏
  九八 虚妄を愛す
  九九 (今も分明に目に浮ぶ)
  一〇〇 (かの婢女のおほらかの)
  一〇一 霧と雨
  一〇二 巴里の夢
  一〇三 黎明
 酒
  一〇四 酒の魂
  一〇五 屑屋の酒
  一〇六 人殺しの酒
  一〇七 孤獨者の酒
  一〇八 比翼の酒
 惡の華
  一〇九 破壊
  一一〇 受難の女
  一一一 呪はれし女 (想ひに耽る牧畜かと)
  一一二 仲よし姉妹
  一一三 血の泉
  一一四 寓喩
  一一五 ベアトリイチェ
  一一六 シテエルへの旅
  一一七 愛の神と頭蓋骨
 叛逆
  一一八 聖ペテロの否認
  一一九 アベルとカイン
  一二〇 魔王連禱
 死
  一二一 相思の人の死
  一二二 貧者の死
  一二三 藝術家の死
  一二四 ひと日の終り
  一二五 猟奇者の夢
  一二六 旅

惡の華 補遺
  禁書に題す
  悲しきマドリガル
  異教徒の祈り
  叛逆者
  警告者
  沈思
  蓋
  侮られし月
  深淵
  或るイカルスの嘆き
  深夜の反省
  此處より遙か遠く

漂著詩篇
  一 浪曼派の落日
 禁斷詩篇
  二 レスボス
  三 呪はれし女 (デルフィイヌとイポリイト)
  四 忘却の河
  五 あまりに陽氣なる女に捧ぐ
  六 寶玉
  七 吸血鬼變身
 佳人頌
  八 噴水
  九 ベルトの眼
  一〇 頌
  一一 顏の約束
  一二 怪物
  一三 わがフランキスカを頌ふ
 題詠
  一四 オノレ・ドミエ氏の肖像に寄する詩
  一五 ロオラ・ド・ヴァランス
  一六 『獄中のタッソオ』に題す
 雜篇
  一七 聲
  一八 不意打
  一九 身代金
  二〇 マラバル生れの女に
 道化
  二一 アミナ・ボシェッティの初舞臺に寄す
  二二 うるさき男について
  二三 ふざけた居酒屋

拾遺詩篇鈔
 初期作品
  (世の人人と)
  (彼方に高く)
  テオドル・ド・バンヴィルに寄す
  (あはれ、他人と)
  (おれの情婦は)
  (穢れし女を)
 晩年作品
  エピロオグ草稿
   一 (心滿ち足り)
   二 (安らかさ賢者のごとく)
  白耳義人と月
  白耳義文化

小散文詩集 巴里の憂鬱
 アルセエヌ・ウセエに寄す
 一 異邦人
 二 老婆の絶望
 三 藝術家の「告白の祈禱」
 四 道化者
 五 二重の部屋
 六 人それぞれに噴火獸
 七 道化とウェヌス
 八 犬と香水壜
 九 怪しからぬ硝子屋
 一〇 午前一時に
 一一 野蠻な女房と氣取屋の女
 一二 群衆
 一三 寡婦
 一四 老いたる辻藝人
 一五 お菓子
 一六 時計
 一七 髪の中の半球
 一八 旅へのいざなひ
 一九 貧者の玩具
 二〇 妖精の贈物
 二一 誘惑
 二二 黄昏
 二三 孤獨
 二四 計畫
 二五 美女ドロテ
 二六 貧者の眼
 二七 壮烈なる死
 二八 贋金
 二九 寛大なる賭博者
 三〇 紐
 三一 天賦
 三二 酒神の杖
 三三 醉ひ痴れてあれ
 三四 あゝ既に
 三五 窓
 三六 描かんとする願望
 三七 月のめぐみ
 三八 いづれが眞のかの女か
 三九 名馬
 四〇 鏡
 四一 港
 四二 情婦の肖像
 四三 粹な射手
 四四 スウプと雲
 四五 射的場と墓地
 四六 圓光喪失
 四七 メス嬢
 四八 この世の外なら何處へでも
 四九 貧乏人を毆り倒さう
 五〇 善良な犬
 エピロオグ (結びの詩)

後記 (譯者)



ボオドレエル 悪の華 巴里の憂鬱 03



◆本書より◆


「旅へのいざなひ」より:

   「めぐし子(ご)よ、吾妹子(わぎもこ)よ、
   想へその快さ
彼處(かしこ)に行きて相共に住み、
   思ふさま愛(いとほ)しみ
   愛(いとほ)しみ果てなばや、
君にさも似しかの國に行き。
   掻き曇る中空(なかぞら)に
   濡れそぼつ天津日(あまつひ)は、
涙を透(すか)し煌(きらめ)く君が
   裏切の眸(ひとみ)なす
   妖(あや)しくも神秘(くしび)なる
魅力もてわが魂(こころ)を奪ふ。

彼處(かしこ)、ものみなは秩序と美、
奢侈(おごり)、静寂(しづけさ)、はた快樂(けらく)。」



「怪しからぬ硝子屋」より:

「生れつき専ら瞑想的であつて行動には全く不向きな人人があるものだ。ところでさういふ人人が、何か不可思議な未知の衝動に驅られて、おのれ自身でさへ思ひもよらぬやうなすばやさで、時に行動に赴くことがある。
 例へば、門番のところに何かいやな知らせが届いてゐはしまいかと懸念して、思ひ切つて歸宅もならず門前を一時間も意氣地なくうろつくやうな人間、封を切らずに手紙を半月もそのままにして置いたり、さてはまた、一年も前から必要に迫られてゐた何かの掛合ひをやるのに、半年も思ひ惱んだあげく澁澁みこしを上げたりするやうな人間が、時として突如、弦(つる)を離れた矢のように、抵抗できぬ力に驅られて行動に突き進んでゐるのを自覺することがある。モラリストと醫者とは、何でも知つてゐるつもりになつてゐるが、一體どこから、これほどの狂氣じみた精力が、これほど唐突に、このやうな怠惰で放逸な魂の持主にやつて來るのか、そして、極めて簡單な極めて必要な事がらさへ爲し遂げることができないのに、一體どうして、この種の人人が、或る瞬間には、極めて不條理なそして時には極めて危險でさへある行為を決行するのに、あり餘る勇氣を見出すのかを、説明することができない。」



ボオドレエル 悪の華 巴里の憂鬱 04



























































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本