Charles Simic 『The Life of Images: Selected Prose』

「Only the individual is real, I kept saying over and over again. I praised the outcast, the pariah, while my people were offering me an opportunity to become a part of a mystic whole. I insisted on remaining aloof, self absorbed, lovingly nursing my suspicions.」
(個人のみがリアルなのだと、わたしは言い続けてきた。わたしは社会という秘教的な統一体の一員になることを拒絶し、社会の除け者たちを称えた。断固として群れから離れ、自己中たらんとし、社会への疑惑をはぐくんできたのだ。」
(Charles Simic 「Elegy in a Spider's Web」 より)


Charles Simic 
『The Life of Images:
Selected Prose』


Ecco, an Imprint of Harper Collins Publishers, 2015
x, 338pp, 23.5x16cm, hardcover, dust jacket
Designed by Suet Yee Chong
Printed in the United States of America



詩人チャールズ・シミックの1986年から2013年にかけて書かれた散文(書評、エッセイ)の選集です。既刊の6冊の散文集からの再録37篇と、単行本未収録の4篇が収録されています。先に出た詩の選集『New and Selected Poems: 1962-2012』の姉妹編といってよいです。
丸背紙装上製本。巻頭にモノクロ写真図版(スティーグリッツによるニューヨークの雪景色)1点、本文(「The Renegade」)中にシミックの幼少期のモノクロ写真図版3点。


simic - the life of images 01


Contents:

from WONDERFUL WORDS, SILENT TRUTH
Why I Like Certain Poems More than Others
Reading Philosophy at Night
Chinese Boxes and Puppet Theaters
Notes on Poetry and Philosophy

from THE UNEMPLOYED FORTUNE-TELLER
The Flute Player in the Pit
Food and Happiness
The Little Venus of the Eskimos
Fried Sausage
Elegy in a Spider's Web
Shop, Le Bacarès
No Cure for the Blues

from ORPHAN FACTORY
Charles the Obscure
In Praise of Invective
Orphan Factory
The Trouble with Poetry
Cut the Comedy
The Poetry of Village Idiots
Fearful Paradise
Night Sky

from THE METAPHYSICIAN IN THE DARK
In Praise of Folly
The Devil Is a Poet
The Power of Ambiguity
Buster Keaton
Poetry and History
The Romance of Sausages
Poetry: The Art of Memory
Stargazing in the Cinema: On Joseph Cornell
Literature and the Gods: Roberto Calasso

from MEMORY PIANO
Saul Steinberg
The Singing Simics
Tsvetaeva: The Tragic Life
Adam's Umbrella

from THE RENEGADE
The Renegade
Reading About Utopia in New York City
Salvation Through Laughter
The Life of Imges
The Powers of Invention

UNCOLLECTED
The True Adventures of Franz Kafka's Cage
My Secret
Oh, What a Lovely War!
Insomnia's Philosopher



simic - the life of images 02



◆本書の内容◆


Why I Like Certain Poems More than Others
1986年。豚にまつわる父と母の思い出。

Reading Philosophy at Night
1987年。哲学について。

Chinese Boxes and Puppet Theaters
1986年。エミリー・ディキンソンについて。

Notes on Poetry and Philosophy
詩と哲学について。
「I like a poem that understates, that leaves out, breaks off, remains open-ended. A poem as a piece of the unutterable whole. To "complete," to pretend that it is possible to do so (and here, too, I'm following Heidegger), is to set arbitrary boundaries to what is boundless.」

The Flute Player in the Pit
『The Best American Poetry』序文。
「Once every seven years, the member of this remote tribe would dig a deep hole in the jungle and lower their finest fute player into it. He would be given no food, only a little water and no way of climbing out. After this was done, the other members of the tribe would bid him goodbye, never to return. Seven days later, the flute player, sitting crosslegged at the bottom of his hole, would begin to play. Of course, the tribesmen could not hear him, only the gods could, and that was the point.」

Food and Happiness
食べ物について。

The Little Venus of the Eskimos
偶然性の詩について。
「I open myself to chance in order to invite the unknown.」

Fried Sausage
芸術と自然について。

Elegy in a Spider's Web
ユーゴスラヴィアについて。
「Only the individual is real, I kept saying over and over again. I praised the outcast, the pariah, while my people were offering me an opportunity to become a part of a mystic whole. I insisted on remaining aloof, self-absorbed, lovingly nursing my suspicions.」

Shop, Le Bacarès
写真家ポール・ストランドについて。

No Cure for the Blues
古いブルースについて。
「At their best my records would sound like rain, a summer downpour in the city when everyone runs for cover, at their worst like a sausage patty being fried in a pan. It didn't matter. Sadness and happiness would well up in me with the first few notes. Why is it, I said to myself one night, that listening to the music I feel a homesickness for a vanished world that I was never a part of?」

Charles the Obscure
詩と宗教について。

In Praise of Invective
罵詈雑言を称えて。
「At the end of a murderous century, let's curse the enemies of the individual.」
「My aesthetic says that the poet is true because he or she cannot be labeled. It is the irreducible uniqueness of each life that is worth honoring and defending. If at times one has to fall back on the vocabulary of abuse to keep those in the gumming business away, so be it.」
「How are we to defend ourselves against these monsters dividing the members of society into useful and useless? For them, the ideal citizen is a voluntary slave!」


Orphan Factory
戦争は孤児生産工場。

The Trouble with Poetry
詩について。

Cut the Comedy
ユーモアについて。

The Poetry of Village Idiots
散文詩について。

Fearful Paradise
シカゴについて。

Night Sky
リンダ・コナーの夜空の写真集『On the Music of the Spheres』のために書かれた短文16篇。

In Praise of Folly
愚行を称えて。

The Devil Is a Poet
ヒエロニムス・ボスについて。

The Power of Ambiguity
曖昧さの力。
「Empty space makes us discover our inwardness.」

Buster Keaton
バスター・キートン論。

Poetry and History
大量虐殺の歴史。
「It is also worth remembering that the bombing of civilians is rarely punished as a crime.」
「What happens, instead, is that the two warring sides become allies against the civilians in the middle.」
「In modern warfare, it has become much safer to be in the military than to be a noncombatant.」


The Romance of Sausages
ソーセージについて。

Poetry: The Art of Memory
イェフダ・アミハイについて。

Stargazing in the Cinema: On Joseph Cornell
ジョゼフ・コーネル論。

Literature and the Gods: Roberto Calasso
ロベルト・カラッソ論。

Saul Steinberg
ソール・スタインバーグ論。

The Singing Simics
家族の思い出。

Tsvetaeva: The Tragic Life
マリーナ・ツヴェターエワ論。

Adam's Umbrella
ボリスラヴ・ペキッチ論。

The Renegade
セルビア人について。

Reading About Utopia in New York City
詩は各人の個性を守るものであり、それゆえユートピア(=画一化された管理社会)に対立するものである。ニューヨークにも「天国」は存在し得るが、それは各人が自分独自の詩を発見することによってだ。

Salvation Through Laughter
ゴンブローヴィッチ論。

The Life of Imges
写真論。

The Powers of Invention
ルドン論。

The True Adventures of Franz Kafka's Cage
カフカのアフォリズム「鳥籠が鳥を探しに行った」に関する考察。

My Secret
作詩法。

Oh, What a Lovely War!
イアン・ブルマ『Year Zero: A History of 1945』書評。

Insomnia's Philosopher
シオラン論。






















































今川文雄 編訳 『明月記抄』

「世上乱逆追討耳に満つといへども、之を注せず。紅旗征戎(こうきせいじゅう)は吾が事にあらず。」
(『明月記』 より)


今川文雄 編訳 
『明月記抄』


河出書房新社
昭和61年9月20日 初版印刷
小輪61年9月30日 初版発行
422p
A5判 丸背布装上製本
貼函
定価6,180円(本体6,000円)



「明月記」は藤原定家の日記。河出書房新社からは本書以前に今川文雄訳『訓読 明月記』全6巻が刊行されています。


明月記抄 01


帯文:

「「明月記」の深い森に分け入る
中世動乱期の克明な歴史記録として、和歌史の貴重な文献として、定家自身の内面を記した文学的作品として高い価値を持つ漢文日記「明月記」。その厖大な記事の中から重要部分を選出し、難解な漢文を訓読して懇切な頭注を付した、読みやすい「明月記」のエッセンス!」



帯裏:

「定家の総合的人間像
今川文雄
 公卿が日記をつけるその主目的は、生活に必要な有職故実を記録し、後世子孫に伝えんがためである。したがって、その内容たるや、現代の我々には凡そ意義のない、無味乾燥なものが多い。公卿日記たる明月記も、この例にもれるものではない。がしかし、只一味違うものが随所に見出される。
 (中略)
 本書には、歌人として、或いは古典学者としての定家は言うに及ばず、その個人的・家庭的・経済的ないしは処世的な側面も含む――いわば定家の総合的人間像を浮き彫りにすべく抄を試みたつもりである。本抄を読んでいただければ、明月記のあらましは分っていただけるかと思う。
(「あとがき」より)」



目次:

治承年間
 治承四年(十九歳)
 治承五年(二十歳)
文治・建久年間
 文治四年(二十七歳)
 建久二年(三十歳)
 建久三年(三十一歳)
 建久七年(三十五歳)
 建久八年(三十六歳)
 建久九年(三十七歳)
正治年間
 正治元年(三十八歳)
 正治二年(三十九歳)
建仁年間
 建仁元年(四十歳)
 建仁二年(四十一歳)
 建仁三年(四十二歳)
元久年間
 元久元年(四十三歳)
 元久二年(四十四歳)
建永・承元年間
 建永元年(四十五歳)
 承元元年(四十六歳)
 承元二年(四十七歳)
建歴年間
 建歴元年(五十歳)
 建歴二年(五十一歳)
建保・承久年間
 建保元年(五十二歳)
 建保二年(五十三歳)
 建保三年(五十四歳)
 建保四年(五十五歳)
 建保五年(五十六歳)
 建保六年(五十七歳)
 承久元年(五十八歳)
嘉禄年間
 嘉禄元年(六十四歳)
 嘉禄二年(六十五歳)
安貞年間
 安貞元年(六十六歳)
寛喜年間
 寛喜元年(六十八歳)
 寛喜二年(六十九歳)
 寛喜三年(七十歳)
貞永・天福年間
 貞永元年(七十一歳)
 天福元年(七十二歳)
文歴・嘉禎年間
 文歴元年(七十三歳)
 嘉禎元年(七十四歳)

あとがき (今川文雄)



明月記抄 03



◆本書より◆


「治承四年(一一八〇) 十九歳」より:

「○二月
十四日。天晴る。明月片雲(1)無し。庭梅盛んに開き、芬芳(2)四散す。家中人無く、一身徘徊す。夜深く寝所に帰る。燈髣髴(3)として猶寝に付くの心無し。更に南の方に出で梅花を見るの間、忽ち炎上の由を聞く。乾(4)の方と。太(はなは)だ近し。須臾(5)の間、風忽ち起り、火は北の少将の家に付く。即ち車に乗りて出づ。其の所無きに依り、北小路の成実朝臣の宅に渡り給ふ。倉町等片時(へんじ)に煙と化す。風太だ利(と)した。文書(もんじょ)等多く焼け了んぬ。」

「〔十四日〕父俊成の家焼ける。
1、一片の雲。2(ふんぽう)よい香り。3(ほうふつ)彷彿。ぼんやりと見えるさま。4(いぬい)北西の方角。5(しゅゆ)しばらく。6、藤俊成。」

「○九月
世上乱逆追討耳に満つといへども、之を注せず。紅旗征戎(こうきせいじゅう)は吾が事にあらず。」



「建久七年(一一九六) 三十五歳」より:

「○四月」
「十七日。陰り、申後雨降る。刑部(1)卿参入し、世間の雑談等を申す。「新日吉に近日蛇有り。男一人其の蛇に随ひ、種々の狂言(2)を吐き、『蛇の託宣』と称ふ。又云ふ、『後白河院の後身なり』と。此の事不便なり。奏状を書き進むと。殿下(3)仰せて云ふ、『是れ追ひ払ふべき事なり。故院(4)甚だ見苦しき事なり』と。又、天王寺の舎利(5)(或は聖人。)鱗介(6)の如くハヒアリき給ふ。人又競ひ見る」と。」

「〔十七日〕世間に種々の狂言あり。
1、藤宗雅。2、たわごと。妄語。3、関白兼実。4、後白河院。5(しゃり)聖人の遺骨。ここでは高僧の意。6、(りんかい)魚類と貝類と。」


「不便」は「(ふびん)気の毒な。不都合な。」


「承元元年(一二〇七) 四十六歳」より:

「○七月
四日。陰晴し、雨灑ぐ。天明に退出するの間、去々年より養ふ所の猫放犬(1)のために噉(く)ひ殺さる。曙後放ち出すと。年来、予は更に猫を飼はず。女房此の猫を儲くるの後、日夜之を養育す。悲慟の思ひ人倫(2)に異らず。鶴軒に乗り、犬綬を帯ぶるを恥づといへども、三年以来掌上・衣裏に在り。他の猫時々啼き叫ぶ事有るも、此の猫其の事無し。荒屋の四壁全からず。隣家と其の隔て無きが如し。放犬多くして致す所か。」

「〔四日〕妻の愛する猫、放犬に噛み殺される。
1、野犬のこと。2、人間。3、軒(けん)は高官の車。「鶴を可愛がるあまり車に乗せる」の意。和漢朗詠集、巻下「鶴」参照。」





こちらもご参照下さい:

『藤原定家歌集 附 年譜』 佐佐木信綱 校訂 (岩波文庫)
久保田淳 『藤原定家 ― 乱世に華あり』 (王朝の歌人 9)
安東次男 『藤原定家』 (日本詩人選)




































































グリヨ・ド・ジヴリ 『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』 林瑞枝 訳

グリヨ・ド・ジヴリ 
『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』 
林瑞枝 訳


法政大学出版局
1986年12月20日 初版第1刷発行
1990年8月25日 第3刷
482p 図版目次16p 
口絵(カラー)12p
A5判 丸背紙装上製本 カバー
定価4,635円(本体4,500円)


本書「訳者あとがき」より:

「この本は、Grillot de Givry. 《Le Musée des Sorciers, Mages et Alchimistes》. Paris Librairie de France, 1929 の翻訳である。」


本文中図版(モノクロ)367点、口絵カラー図版10点。


ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 01


カバーそで文:

「グリヨ・ド・ジヴリ
1874年、由緒ある名家に生まれる。パリの修道会、イエズス会で学び、コレージュ・ロランではマラルメに英語を学んだ。その後、エコール・ヨーロペエンヌでフランス語の教授となり、英語・スペイン語・数学も教えた。またジヴリはすぐれたピアニスト、オルガニストとして演奏活動にたずさわり、宗教音楽家として編曲も手がけた。早くから隠秘学の世界に惹かれながらも常に篤いカトリックであり、真摯な学究者としてすぐれた著書・訳書を著している。ジヴリは本書が出版された1929年1月31日の翌月16日、55歳で突然この世を去った。著書として、論文集『隠秘学選集』、聖人学の研究『ルールド』、ほか。訳書は『賢者の石に着いて』(トマス・アクイナス)、『三基本物質について』(パラケルスス)、など多くの古典語からの名訳をのこしている。」



目次:

翻訳の周辺 (平田寛)


第一部 妖術師
 1 光の世界に対立する闇の世界
 2 闇の世界の宗儀の表現
 3 信仰生活における悪魔の出現
 4 妖術師、悪魔の協会の司祭
 5 悪魔の夜宴への準備
 6 悪魔の夜宴
 7 悪魔の呼寄せ
 8 妖術師の書物
 9 悪魔との契約
 10 昔の著述家による悪魔の具体像
 11 悪魔に押しかけられた人々
 12 悪魔憑き
 13 降霊術、死者の呼寄せ
 14 呪縛
 15 媚薬と呪殺
 16 妖術師の処罰

第二部 秘術師
 1 ユダヤ人のカバリストとキリスト教徒のカバリスト
 2 大宇宙における占星術
 3 小宇宙における占星術
 4 観額術、額のしわの科学
 5 人相術
 6 手相術
 7 カード占い、タロット
 8 占い術のいろいろ
 9 棒占い、すなわち占い棒を使う術
 10 眠りと透視の神秘
 11 不可視の力の治癒力
 12 護符

第三部 錬金術師
 1 秘密の教義
 2 錬金術の物質と作業の諸操作
 3 錬金術師の実験室と吹き屋の実験室

訳者あとがき
図版目次



ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 02



◆本書より◆


「光の世界に対立する闇の世界」より:

「悪の起源の問題は、マニ、聖アウグスティヌス、スピノザ、パスカル、ライプニッツたちの頭脳にもつきまとって離れなかったが、彼らとて満足のいく解答を与えることのでいないものであった。それをペルシャ人は、たしかに神秘的人物ゾロアスター以前に、古代教義の中で大胆に解決していた。たじろぐことなく、肯定的なものと否定的なものとの恐るべき拮抗関係を説き、善と悪を相等しく、相対立し、永久に共存する二要素とみなした。世界はその容赦のない均衡の法のもとに釣り合いを保っているのである。


「小宇宙における占星術」より:

「宇宙を統べる隠秘的法則の研究にたずさわる哲学者すべてに共通する特徴の一つは、人間を、大世界すなわち宇宙に類似の小世界である、とみる教義である。この哲学者たちは秘教的象徴主義によってその宇宙の法を説明するが、それはカバラに触発された著作にも、ギリシャの大方の書物にも見られるものである。「小宇宙」と「大宇宙」の理論はあらゆる民族の秘教や神秘的教えにも見出される。錬金術の非常に古い原典『エメラルド板』は、《高きにあるものは低きにあるもののごとし》という。隠秘論的教義のしみこんだあらゆる哲学者の著作はこの原理の長い注釈に他ならない。人間が大世界の縮図であり、両者がともに同じ機械的、物理的、生理的法則に従うならば、唯一のそして同一の研究をするだけで、容易に一方により他方を知ることができる。人間を知る者は宇宙を知り、逆に宇宙を知る者は人間を知るのである。
 こうした類比、対称、並行の理論が総合を志向する悟性にとってどれほど魅力的であったかは推察に難くない。(中略)人々は、占星術上の与件のすべてが人間のうちにそのままの対応を持つと信じ、人体の中に惑星の全体系を住まわせるまことに魅力的な機会を逃さなかった。
 占星術において最も重要であるのが、強力な二系列のしるし、七惑星と黄道一二宮である。それは、原初の人間が読むことを学んだ自然という偉大な書物のアルファベットそのものなのであった。」



ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 04






















































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本